カテゴリ:不思議な話( 53 )

予言的中!!

朝、起きて、ふと頭によぎった想いがありました。

友人のMちゃんの、オーストラリアの永住権が今日取れる・・・。


そう、彼女はパートナービザを数年前から移民局に申請していて、

もう何年も永住権が取得できるのを待っています。

いちおう、テンポラリーのビザは降りているものの、

正式な永住権とは違うので、それを待つ間は、どうにも落ちつかなかったことと思います。


それが、今日降りる!と、何故だかわからないけど、感じました。

それで、正直にMちゃんに連絡して、

「ぬか喜びさせるつもりはないけど、今朝、永住権が取れるって、ふと感じたの。

もし、間違ってても、笑って許してね、私の気のせいだったって。」

と、気を持たせないために、言い訳も先にしつつ、

それでも彼女に伝えたのは、自分ではなんとなく確信していたからかもしれません。


でも、そんなことは忘れてくつろいでいたら、さっき夜9時過ぎに

彼女から、歓喜の電話がありました。

「永住権が取れたよ~~!」って!


「わ~~~、おめでとう~~~!」と、同時に

「きゃ~~~、やっぱり当たってた~~~!」と、ダブルの驚き・・・。


どうして、今日だってわかったんだろう。

どこかから情報をダウンロードしたのだろうけど、

わざわざ、いつMちゃんの永住権が取れますか?って宇宙に問いかけたわけでもないのに

もう、本当にいい加減、自分の能力を信じたら?って言われているような・・・。


自分の大切な人に関して、虫の知らせのような能力は、誰でももっているはず。

特に気にしていたわけではないけれど、

なぜか、ふと心に浮かんだこと、そしてそれを本人に伝えたことで

予言が的中した喜びが倍増しました。


うれしい予言でよかった!

私たちが持っている、能力って本当に未知数、

磨けば光る原石がゴロゴロしてる鉱山みたいなものなんだね。


私もこれからもどんどん磨き続けよう・・・。






by dewdrop3 | 2019-03-12 20:00 | 不思議な話

今日は一之宮にある、真清田神社にメディカさとうの皆さんと初詣で。


明日シドニーへ帰国の途に着くので、


さとう先生来豪の打ち合わせや


フライトが確定したのか確認しておきたくて、ご一緒させていただきました。



名古屋から車で一之宮まで、車中ミーティングや動画撮りなど、


あいかわらず自由なさとう先生、


お参りもさっさと済ませて、お饅頭を買ってふるまってくださったり、


じゃあ、これからちょっと東京へ行ってきます、と


まるでトイレに席をはずすみたいに去っていく。



このフットワークの軽さ、さすが・・・!



でも、これから時代はどんどん軽くなっていくんです。


少し前なら、何かを達成するには、努力だ、根性だ、修行だ、鍛錬だ、


と言われていたのが、


宇宙はどんどん拡張し、可能性も広がり、軽くなっていく。



好きなことを楽しんで行なう人が上達して、


苦しい練習の結果でしか上手くならない、というのではなくなってきた。



わたし達の子供の世代、


やりたいことを心地よい気分でしたほうが成果があがる時代。


そんな時代を体験できるなんて、本当にすばらしい。


この変革期に生きててよかった。



私だって、還暦過ぎてから武術の達人になったって、全然オッケー。


そして、そんなひと昔前の非常識を自ら体現してみたい。


思い込みからの常識なんて打ち破ろう。



だって、本当に願いの叶う速度が半端なく早くなったし、


ラッキーなことは続くし


まるで魔法を使えるようになった気さえするのだから。



あとは意識の持ち方しだい・・・。



b0189862_16254915.jpg


by dewdrop3 | 2019-01-08 16:18 | 不思議な話
眠れる預言者と言われる、エドガーケイシーについての映画「リーディング」。

本当は日本への一時帰国中に観ようと思っていたものの、

メジャーな映画館でロードショーで上映されていたわけでなく、見逃していた。


すると、ゴールドコーストのホメオパスの中野愛子ちゃんが、

自主上映するというので、ゴールドコーストまで観に行くことを決め、

せっかくQLD州に飛ぶなら、さとう式リンパケアのセミナーも開講し、

愛子ちゃんのホメオパシーのコンサルも受けることになった。

好機は見逃さない!


ということで、ゴールドコーストに飛んだはいいけど、

超絶晴れ女の私が本当に本当に珍しく

旅先での週末に悪天候を経験・・・。

ありゃりゃ・・・。


でも、ちょうど愛子ちゃんのコンサルで、レメディーを摂り始め、

夢とか体調に変化があるかも、と言われていたので、

楽しみにしていたら、やはりメッセージを受け取った。


あなたはいつも天気をコントロールして、雨や嵐を避けてきた。

それは、晴天が良くて、雨天が悪いという思い込みがあるからだ。

あなたには、天気をコントロールできる力はあるけれど、

一度コントロールを手放して、どんな天気でも楽しめる自分を見つけてみてはいかがか。


はい、今回のゴールドコーストでは、ビーチに行く予定も時間もないので、

実は晴天である必要もなく、屋内で上映会や講座などをこなし、まったりできたので、

実は本当に都合よく、いい息抜きができたのです。


これでもし晴天だっから、私はきっと無理をしてでもビーチに繰り出す時間を
捻出したに違いない。

そう、晴れでも雨でも、何でもオッケー。何でもあり。

どっちだって楽しいさ!


そんなコントロールを手放した、新しい自分を発見できた、ゴールドコーストの週末でした。


b0189862_20365541.jpg




by dewdrop3 | 2018-10-15 20:16 | 不思議な話
今年は、さとう式リンパケアのインストラクターにもなれたことだし、

私は体へのアプローチで緊張をゆるめて、心もほぐれ

楽に生きていく方法をお伝えできたら、とても嬉しいです。


今までは、心や魂からのアプローチをメインに行なってきたけれど、

私の周りには、その道の信頼できるプロの方たちがたくさんいるので、

そちらは、お任せしようと思っています。


オーラソーマや独自の星読みで、予約の取れないガイアハウスのまきちゃんもその一人。

テキストどおりではない彼女の星読みは、直感と経験値からくるオリジナルで

それが本当に的確なんです。103.png


リーディングを当タル、当タラナイで判断する方や、答えを人に見つけて欲しい方には、

すぐにはわかりづらいかもしれないけれど、

星からのメッセージは、正直で時に厳しくもあります。


だからまきちゃん自身も、自分にも厳しいし純粋ゆえに、人付き合いも苦手(本人曰く)。


でも、超意識で繋がっているとわかると、全幅の信頼を寄せてくれる、最強の友人。


私が何をしても、何に夢中になっても、私が選んだものだから、絶対いいに決まっている!

と、私以上に私を信頼してくれている本当に貴重な存在。


そんな彼女の信頼に応えるのは、私が唯一無二の彼女の存在をいかに大切に感じているか、

どれだけ感謝しているか、を伝えることでしかできません。


そして、魂の声に突き動かされるように、まきちゃんに速攻で会いたくなった出来事がありました。


これまた、超意識でつながっている、ハワイ在住のアロマセラピストの直ちゃんが作った

太陽のアロマオイルが、ハワイからの輸送途中にボトルが割れてしまい、

シドニーのまきちゃん宅に届けにきた郵便配達の若い女性が

「これを運んでいる間、本当に癒されたわ~」と、いう言葉に、すごく嬉しくなってしまった。

と、動画で語るまきちゃんが、本当にまぶしく、キラキラ光に包まれて美しかったんです。


そしてオイルのエネルギーと香りに癒された、大勢の人たちの顔や服装が、私にも次々と視えて、

あ~、こんなにたくさんの人たちが必要としていたんだ、なおちゃんのオイルを・・・!

そして、ボトルが割れて大損失なのに、こんなに嬉しそうに話してるまきちゃん!


私は感動で涙が溢れてきてしまい、そんなまきちゃんが本当に素敵で大好きだと思い、

それをすぐに伝えたくなって、予定を変更して、ガイアハウスのお店に直行。


二人でうれし涙にくれながら、ハグしていたんです。(想像すると怖い図?)


本当に、超意識でつながるってこういうことなんだ、と再確認。

魂が喜ぶことには、いてもたってもいられなくなる。

そして、それをシェアしたくなる。


私には、そんな友人がいることが、本当にありがたくて、宇宙に感謝しかない。

まきちゃんも、なおちゃんも、普段一緒につるんだりしないし、できないけれど、

顕在で意識できるより強く、潜在意識より深い、超意識でつながっていることを

私は知っているし、それを思い出させてくれる奇跡の瞬間をこうしていただける・・・。


見ず知らずの大勢の方たちに、各々オイルを届けるのは、人為ではほぼ無理に近いけど、

宇宙というのは、それを簡単にやってのけてしまう。

どれだけ多くの人たちが、あのオイルのエネルギーを必要とし、受け取ったことか!

やっぱり、宇宙の采配は、最強で完璧なんだ、とあらためて思いました。




b0189862_18314866.jpg
なおちゃんがハワイで作ったオイル












by dewdrop3 | 2018-09-29 17:10 | 不思議な話

今まで習おうという気持ちすらなかったタロットカード、

何故か、今回はよばれてしまった感がすごく強くて

すっごい興味があったわけでもないのに

何故かクラスに申し込んでいました。


だって、ずっと直感を鍛えてきたから

リーディングとかの必要性をここ数年は感じなかったし・・・。

自分の中のわくわくモニターに従って生きてきて

まったく支障がなかったし。


でも、これからタロットを知っていると

きっと役に立つよ、と潜在意識がそう教えてくれた、

だからなんだと思う。



子育てを一段落させて、私はもう誰に遠慮することもなく

好きなことをどんどんしていいし、好きな場所に出かけられるし、

ダンナがいいのであれば、違う国に一人で住むことだってできる。


大きな仕事を終えたから、大きな決断をする時がくるよ・・・。


そう、そんな意味でのタロット読みなんだと思う。

使いこなせるようになりたいな、

自分だけでなく、きっと誰かの役に立つ時がくるよ。



b0189862_20351520.jpg



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
by dewdrop3 | 2017-06-30 20:23 | 不思議な話

一時帰国中に、東京お台場の友人が住むマンションで、

さとう式のセルフケアセミナーを行ないました。


参加してくださったのは、私の高校時代の友人Mちゃんと、そのママ友の方たち。


高校時代は、精神世界の話など、Mちゃんとはしたことがなかったのに、

なぜか、近頃Mちゃんからよく話題を振ってきてくれます。

他の同級生は、女性実業家、大手企業の役職など、

キャリアの道を突き進んで、現実主義の友人なので、

そういう話をできる同級生は、たぶん私くらいなのでしょう…。


実はそのMちゃんのママ友の一人が、

娘さんにも、私のさとう式のセミナーに出るといいと言われたそうです。


セミナー後にランチをご一緒した時に、堰をきったように話された内容は、

その娘さんには、特殊なサイキック能力があって、

本当に幼い頃から、育てにくい子供だったそうなのですが、

旅先や出先で、知らない人から

「あなたのお嬢さんは、羽がはえていますね」とか、

「お母さん、このお嬢さんの子育ては大変だったでしょう、

初めて人間として生まれてきたので、とても生きにくいんだと思いますよ」とか

別々の人たちに言われたそうなのです。


お母様は、敬虔なクリスチャンで、ボランティアもされ、とても明るく社交的な方ですが、

娘さんは、幼い頃から周りになじめず、不器用で本当に大変だったそうです。

唯一できたお友達が、私の友人Mちゃんの次女ちゃん。


成人されても就職先でうまく立ち回れず、今はお店でアルバイトをしているのですが、

それもあまり好きではない様子。


彼女の言うことが次々と現実に起こっていくので、

母としてはサイキック能力を認めないわけにはいかず、

でもクリスチャンとしては、なかなか受け入れがたい世界なのだそうです。


ただ、娘さんが人から相談されて、予言が的中し感謝されたりすることで、

彼女が今までなかったほど明るくなり、幸せそうだとか・・・。


もし、サイキック能力を生かすことが彼女の使命で、

それが彼女を輝かせているのなら、お母様も協力してあげてください。

スピリチュアル・カウンセラーやヒーラーの友人が私にはたくさんいますが、

職業として生計を立てたいのであれば、友人を紹介しますよ、

いろいろアドバイスをしてくれるはずですから。

と、お伝えしました。


もちろん私のヒーラー友達は

使命を持って生きる人たちを、心から応援してくれる人たちばかりです。


そんなことをお話して、Purity のエッセンスを私が1本だけ

その日バッグに入れた意味がわかりました。


このエッセンスは、スピリチュアルカウンセラーの友人が、

メッセージを受けて誕生したものです。


娘さんに渡して、彼女が摂るのか、それともお母様が摂るのか、

どうぞ彼女に聞いてみてください。

私はそれを届けに来ただけですから、と言ってお渡ししました。


後日。

友人のMちゃんから連絡があり、

エッセンスが必要なのは、お母様の方だと娘さんが言ったそうです。


クリスチャンの教育を娘さんも受けられたそうですが、

キリスト様もお釈迦様もアッラーの神さまも観音様も、

皆、手を取り合って輪になって私たちを見守ってくださっているの。


その上にはもっと大きな存在がいらっしゃいます。


キリスト様だけが、お一人ですべてを背負われているわけではないの。

そんなクリスチャンとしては受け入れがたい話を、

お母さまが受けとめ、お嬢さんの才能が光り輝く時がくるのが、私には見えます。


さとう式のセミナーを私が東京でするという話を聞いた時、

ウェブサイトで私の写真を見て、

「ママ、その人すごくスピリチュアルな人だよ、そのセミナー行ってきてね」

と、娘さんに言われたそうですが、

私は私のお役目を、どうやらちゃんと果たせたようです。


Purityちゃん、

あとのお仕事はあなたにお任せしますね~♪



b0189862_1518517.jpg



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
by dewdrop3 | 2016-09-14 14:43 | 不思議な話

Purity 誕生


ユニコーンとマリア様とお月さまのエネルギーが入ったエッセンスが

日本から届きました。

神戸で、アニマルコミュニケーターをされている、あーちゃんがメッセージを受け取って、

できあがったエッセンスがシドニーまでやってきたのでした。


記念すべきオーストラリア上陸に、志穂ちゃんが、

ナチュロパスのかなえちゃん、アロマリーディングのなおちゃん、

そして私に声をかけてくださいました。


エッセンスを摂って、それぞれの感想をまとめ、

名前を付け、必要な方に渡るようにボトリングしたのです。



エッセンスをマザーからボトリングしたのは、初めての経験でしたが、

このエッセンスを初めて摂って、瞑想をした時に、

もう自分が個ではなく、全体である状態。

周りとの境がない、無のような意識でした。



エッセンスの名前は、満場一致で”Purity”(ピュリティ)に決まり。

純粋、ピュア、これ以上何も必要ない。



こんな記念すべき時間を、大好きなお友達と過ごせたこと、

感動で、みんな涙がぐっしょり・・・。


深い感謝と永遠の愛の意識を、いつまでも感じていました。



この時の様子は、志穂ちゃんが自身のブログで上手に書いてくれています。


必要な方々に、届きますね♪ Purityちゃん!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

b0189862_14374359.jpg

by dewdrop3 | 2016-06-23 14:16 | 不思議な話

ただ今、再構築中です。


ものすごく、有意義な日本一時帰国から、

シドニーに戻ったその日の朝に、友人が亡くなりました。


彼女の癌がわかった5年前から、ずっと彼女と彼女の家族、

そして彼女の病気と寄り添って生きてきました。


その彼女の肉体が無くなって、私の体や心を占めていた大きな部分が空白になり

どうやらその余白を埋める作業が行なわれているようです。


その間、私は本当にぼーっとしていたり、

大事なことが決められなかったり、

人の名前を間違えたり、失敗が続いたり・・・。

自分の頭と行動が一致しないことが多々あります。


変な言動をしていたらごめんなさい。


それくらい、大切な人を失うとは、とてもダメージが大きいことです。

一度、彼女が占めていた心の部分が破壊され、再構築されているようです。


こんな時に、自分の開催する瞑想会が行なえるのも、ありがたいことです。

場所は、シティーのワンネスサロンをお借りします。

ワンネスの志穂ちゃんが、とても素敵に紹介してくださっています。

本当にありがとう…

心からありがとう…









☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
by dewdrop3 | 2016-06-01 21:20 | 不思議な話
このブログにもたまに出てくる造語ですが、

私は「エレクトロパス」のようです。


自分のことながら驚いたのは、

昨日、私の携帯電話にLINEの呼び出し音が鳴ったので

出ようと思ったら、赤い電話マークしかついてません。

仕方ないので、赤い電話マークを押すと、

やっぱり、呼び出し音は消えました。


仕方ないから、電話をくれた友人にかけ直して、

「今、電話くれたでしょ、ごめんね切っちゃって」

と言ったら、

「かけてないよ、かけてきたのはそっちだよね?

私の携帯はずっとバッグの中だもの」


「え、私もかけてないよ。

でも、私がかけたことになってるなあ、おかしいな~。

触ってもいないんだけど・・・、

まあ、いいや、夕べすごく気になって、話したかったんだ」


と、話を続けたのですが・・・


その気になった話とは

昨日会った時に、彼女の知り合いが病気になったとちらっと耳にして

その人は私も知っている人だったので、

どんな病状なのか、何かできることはないか、

夕べ寝る前にずっと気になって考えていたんです。


だから、機会があったら詳しく話を聞いてから

遠隔レイキでも送ろうか、と思っていました。


そうしたら、いつのまにか

「ライン」で彼女に連絡を取っていたらしいのです。


携帯電話はカーディガンのポケットの中、

ダンナは何かの拍子にスクリーンに触ったのでは?

と言うけれど

タイトなジーンズのポケットでもなく、ゆるゆるカーディガンの中だよ。

しかも一回触っただけじゃ、電話なんてかけられないよ。


携帯の暗証番号を押して、ラインの画面を開いて、

彼女のコンタクトを探して、

それから電話でしょ、

偶然これだけ触ったなんて、ありえないから・・・。


これは、私が彼女と話したいという想いが

携帯電話に繋がったとしか考えられない。


しかも、いつもなら彼女とのやりとりは、電話なのに、

何故にライン電話?

私の潜在意識は、やっぱりお得な方法を求めていたらしい。



今まであまり「エレクトロパス」として、

得したことがあるとは思えなかったけど

これからは、かけたい人に自然にライン電話が繋がる?

あら、なんて便利なんでしょう!


前回の「エレクトロパス」の記事を読んだら

今から3年前・・・(ブログさぼってたし)。


あれ以降も、目覚まし時計の電池は変えていないし、

部屋の電球もそのまま光り続けています。


しかも、一度お釈迦になったPCですら

こうして今も大切に愛用中♪


これは私も「エレクトロパス」として

だんだん進化をしているということなのかも・・・?




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
by dewdrop3 | 2015-08-31 15:41 | 不思議な話
昨日は、ニューキャッスルという街まで

友人と電車でシドニーから北上して行きました。

折り紙デモンストレーションのボランティアを、

ニューキャッスルの病院でするためです。


中距離電車で、シドニーから約2時間半の旅でしたが、

席の指定も何もなかったので、

適当な車両に乗って、友人とどの席にする?

なんて話ながら、席に座り

「何だか遠足みたいだね」

「空がきれいだね」

「あの雲は竜みたいじゃない」

なんて、二人で話していたら、

前の席の初老のカップルのご婦人が振り返り、

じろりと友人を睨んで、

あるサインを指差したそうです。


なんと、そのサインには

「Quiet Carriage」と書いてあったのでした!

「静かな車両」、

音楽や電話でのおしゃべりも控えて、みたいなイラストが!


私たちは、ごく普通の音量でお話していて、

決して大声ではしゃいでいたわけでもなかったけれど、

知らずに、乗ったのがまさか「Quiet Carriage」だったとは!


そもそも、合計30年近くオーストラリアに住んでますが

そんな車両があることすら、知らなかった。


日本では「女性専用車両」っていうのはあるけれど、

もともと日本の車内は静かだものね。


「他のお客様の迷惑ですから、車内での携帯電話のご利用はお控えください」

なんてアナウンスが流れたりするけど、

わざわざ静かな専用車両の必要はないもの・・・。


まあ、オーストラリアはみんな携帯電話も普通に使うし、

おしゃべりもよくしてるし、

静かに読書をしたり、眠りたい人には

確かにうるさくて車内は落ち着かないかも。


だから、中距離列車には、

特別に「静かな車両」っていうのを設けたのね。


あ~、驚いた。

本当に中距離の電車なんて乗らないから、

今さらながら、大発見の旅~でした。



b0189862_19395848.jpg











☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
by dewdrop3 | 2015-05-28 19:42 | 不思議な話

シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれた、さとう式的ゆるキラ・ライフ♪


by dewdrop3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31