人気ブログランキング |

新しい扉を開く

今日は仕事の納品?で、シドニーのオーラソーマ・占星術・そしてクリスタルのお店、

ガイアハウス さんにお邪魔しました。

オーナーのまきちゃんは古い友人でもあり、お話しているとだんだん深いい話に・・・、

あ、このこと、もっとみんなに伝えたいよね、とか、気づきもたくさんあります。


みずがめ座の時代になって、見えない世界のことを話しても

変な顔をされることは少なくなってきました。

昔は、こういう話ができる友人は限られていたので嬉しい限り・・・。


最近では西洋医学のお医者様でも、ホリスティックな見方をされる方が増えてきたし

今朝は、さとう式身体操作、グローバル空手道場、筒身塾のラスティーこと大谷晃夫塾長

チャクラバランスを整える、空手の拡張拳をクラスに取り入れられたり、

なんだか、嬉しい時代の流れです。


そんな折り、最近では、まきちゃんの個人セッションを受けると

オーラの見える彼女がクライアントの色やイメージ、エンジェルや妖精、ガイドなど

視えたカラー映像をアーティストさんにお伝えし、描いてもらうオプションもあり、

そのアーティストが、私も大好きな画風ですごく素敵なゆきこ・ダンカンさんなのです。

実は彼女はパティシエでもあります。

パティシエさんやシェフの方は、みなさん、本当に芸術的な才能にあふれていますね。


先日は、Zentangleという手法のポートレートを

やはりパティシエのKazuyo Ichikawaさんに描いていただきました。

彼女の絵も本当にずっと観ていられる、まるで曼荼羅のような、

違う視点からの私のイメージを、白黒の模様で繋ぎ合わせていったような、

とても神秘的な作品です。


今、客観的に自分を見つめるタイミングなのでしょうか、

私の人生では、ある意味本当に大きな転機といえることが次々と起こってます・・・。


例えば、お義母さんが、義弟家族と上手くいかなくなり、二世帯住宅から出て、

シドニーの我が家に先日避難してきたこと。

そして、娘がメルボルンに就職したので、シドニーの今の家を売却しようとしていること。

ロックダウン中、特別支援児童のエデュケーターのお仕事が、地方自治体の非常勤には保障がないこと。

さとう式リンパケアのインストラクターの仕事も、対面では教えられなかったこと。


そして、今は仕事面では新たな可能性も見い出し、すでにチャレンジが始まったわけですが・・・、


まあ、要するに本当に久しぶりにまきちゃんのセッションを受けてみたくなり、

ゆきこちゃんの描く絵が大好きで、私の今のイメージ・カラーも見てみたいし、

仕事のついでに、急遽思いついて、セッションをしていただくことになったのでした・・・。


予約でずっと待っておられる方には大変申し訳ないですが、

すでに私の占星術でのバース・チャートはまきちゃんが持っているので、

ほいっとオーラソーマのボトルで、今、ぱっと気になる4本を選びました・・・。


まあ~、見事に今まで選んだことのない色合いのボトルばかり・・・。

オーラソーマを習われた方は、はは~ん115.pngって思われるかもしれませんが、


順番に、大天使ダニエル、マスター・マハコハン、ヘンゼル、大天使ウリエル の4本。

大天使2本に、マスターが1本、という、そして選ぶ順番も意味があるのですね。

課題である2本目のボトルは、先生、教師のボトル、

しかも言葉でなく、心で伝える、先生の中の先生なのだとか・・・。


ちょっと、ワクワクしながら未来を想像してみます。

みんなが心身ともに健康で、人生を思い切り楽しんでいける、平和な世の中、

自分をあきらめないで、いつからだって変われるよ、って背中を押してあげられること・・・。


そう、私の大好きな、さとう式リンパケアの伝説のインストラクター、

故藤原サマンサ先生のような、世界平和を志し、心に訴えかける師、

そんな彼女に少しでも近づけるよう、恐れ多いけれど、

閉ざした誰かの扉が、自分の意思で開く準備ができるように、

お手伝いできたら嬉しい102.png 


私も楽しみながら精進していきます162.png




新しい扉を開く_b0189862_17132976.jpeg






# by dewdrop3 | 2020-06-30 18:02 | 日々雑感
先日、愛犬ジャスパーと、さとう式リンパケアみぽりん一期のセルフケアマスターのリリーちゃん、

そして私、ふたりと一匹で我が家の近所をお散歩して、ライブ配信をしました。


ブッシュランドの中を歩いた時、

コアラはいますか?

カンガルーはいますか?と、いう質問がありました。


そして、さすがにうちの近所にはいないと、お返事したのですが、

今日、ロックダウン明けの初仕事でお邪魔したお宅の裏庭に

なんと、ワラビー(カンガルーのミニチュアのような有袋類)がいました。

家から10分くらい離れたゴルフ場でずっと昔に見たことがあるけれど、

今もこんな町の近くにワラビーがいるなんて・・・。


そして、この美しいウォータービュー!

施術ベッドや講座小道具一式もってお伺いした甲斐がありました。


次回は、シンギング・リンをお持ちして、瞑想もぜひご一緒したいわ~。


ロックダウン明けの初仕事_b0189862_21164683.jpg






# by dewdrop3 | 2020-06-02 21:19 | さとう式リンパケア

ロックダウンの救世主

今回のCovit19のパンデミック、

ロックダウンが始まって、いいこともいくつかありました。

地球規模で、水や空気がきれいになっていきました。

仕事で忙しかった人たちが、家族で過ごす時間が増え、

大切な人、大切なものを見つめなおすことができました。


そして、さとう式インストラクターで武道家のラスティー (大谷晃夫さん)が

オンライン空手ワークアウト 筒身塾を行なってくれて、

体の使い方や、身体能力の向上に関心のある私は、

どこまで自分の可能性が広がるのか、俄然試してみたくなり空手を始めました。


さとう式の身体操作に興味があったのが発端ですが、

どんどん空手の魅力にはまったのは、ラスティーのたゆまぬ努力と彼の人柄のおかげ。

特にロックダウンで息が詰まりそうな時、ストレスをためることなく発散できました。

そして、最初は数人から始まった参加者も、どんどん増えていきました。


自分自身の記録のために課題提出の動画を撮っていますが、

それを見てくださるファンの方もいたり、

オンライン道場にジョインしてくださる友人もいて、嬉しい限りです。

今や、とてもグローバルな筒身塾、

こうして、怪我をしにくい体の使い方を、多くの方が学んでくれたら嬉しいな。


ロックダウンの救世主_b0189862_18171973.jpg



# by dewdrop3 | 2020-05-10 07:53 | さとう式リンパケア

日本から帰国しシドニーのホテルでの強制隔離2週間を終えた娘が

一泊だけ我が家で過ごし、翌早朝には今や一日一便のシドニー-メルボルンのフライトで

彼女が移り住んだビクトリア州の家に戻りました。

ご心配をおかけし、また優しいお言葉をたくさんいただき本当にありがとうございました。


と、ここでご報告が終わればよかったのですが、彼女が我が家で過ごしたその夜に、

本来とても安全な住宅地の我が家の通り一帯に、なんと車上荒らしがあったのです。


そして私の愛車ゴルフも狙われ、後部のドアが開けられ、

リサと同じ旅程でうちに泊まっていたボーイフレンドの大きなスキー用品の入ったバッグが盗まれたのです。

翌早朝空港に送るためすぐに必要ない荷物は、そのままハッチバックの後部座席を倒して入れてありました。


5時に家を出発する予定がまだ暗い4時に玄関のドアがノックされ

大柄なポリスが二人、このバッグの持ち主はいますか?と聞かれました。


バッグを指紋採集のため警察が預かるので、中身を確認し取り出して欲しいとの事でした。

そしてゴルフにも指紋が残っていないか調べるので、それまで車に触れないようにとのこと。


ご近所の被害状況も、車内のサングラスや小銭くらいで、大きな被害はなかったようですが、

事の全容を知ったのは、翌日の我が家のご近所20世帯くらいからなるグループemailでした。


我が家のはす向かいのご主人が、夜中2時半過ぎにクラクションの音で目が覚め、

窓から犯行を目撃したのです。私のゴルフの後部ドアから大きなバッグを取り出し車に侵入し、

グラブボックスを開けようとした犯人は、どうやら誤ってクラクションに触れたにも関わらず、

ひるまず犯行を続けていたようです。


そして家の前に路駐してある自分の車もドアが開いているのに気づいたご主人は、

勇敢にも外へ出て大声を出し走り寄ると、犯人は黒いバッグを持って逃げようとしたものの

何せ20㎏もの重さがあるので、バッグを諦め全速力で走り去り、

ご主人は警察に通報したとのこと。


通りの別の家には防犯カメラが設置してあり、犯行の映像を警察に渡したとか、

グループメールには画像まで添付してありました。


たった一晩だけと、車内に荷物を入れたままの私たちに非はありますが、

とても安全な地域でこういう犯罪が起こったのは本当に残念です。


そして警察の方によると、こういう軽犯罪が急激に増えているということでした。

娘たちは予定通り飛行機に乗り、盗難の実害はなかったものの、

ロックダウンで多くの方が仕事を無くし、不安要素も多い時勢の闇の部分を見た気がしました。


コロナの影響によって、ウィルス感染以外に軽犯罪が拡大しているのは哀しいですが、

ロックダウンになって良い面だってあります。

こうしてご近所の繋がりが、圧倒的に強くなっていました。


近くに住んでいても普段顔を合わせる機会のない人々と、垣根越しに声をかけたり

「お買い物に行けない人、何か必要なものある?」

「トイレットペーパー、うちに少し余分があるわよ」とか、

グループメールでの呼びかけで協力しあい、頼りになるコミュニティーの中にいられることは、

本当にラッキーでありがたいことです。


そして自分が受けた親切や幸運を、私もまた必要な方に循環させていこうと思います。

親切で繋がって、拡がれ、思いやりのパンデミック!

ロックダウン中のシドニーの治安・・・_b0189862_19472015.jpg


# by dewdrop3 | 2020-04-16 19:47 | 日々雑感
昨年メルボルンの会社に就職した娘ですが、
マーケティングの仕事で日本のスキーシーズンに、再度白馬へ。

4月初旬にメルボルンに戻る予定が、
コロナウィルスの影響でオーストラリアへの帰国を早めました。

ただ、減便続きで、JALの東京-メルボルン直行便はすでに欠航となり、
シドニー乗り継ぎでメルボルンに飛び、2週間の自主隔離をするためにAirBnBも予約済み。
自主隔離先を申請しないと入国できないとのことで、
実家でなく、シェアハウスに住んでいた娘には、別の宿泊先が必要だったからです。

ところがそんな矢先、豪州政府が3月29日夜半12時よりオーストラリアに到着したら
他都市に乗り継ぐ前に、入国地のホテルで2週間隔離生活を強制執行することを発表。

え~~、二転三転する状況にエアラインにもなかなか繋がらず、
29日の強制隔離執行以前にオーストラリアに戻ろうと努めても、フライト変更がかなわず、
覚悟を決めて、執行後の30日に娘はシドニーに到着しました。

空港ではポリスやアーミーまでも借り出され、輸送車でそれぞれが滞在先に運ばれて
現在、ホテルに幽閉されて二日目。

豪州政府から到着時に渡された隔離期間に関する書類には、
宿泊先に食べ物や荷物のデリバリーはOKとあったそうですが、
娘の滞在しているホテルは、ホテル独自の規定なのか、
家族や友人からの食べ物の差し入れは不可!と、書面で渡されたそうです。

娘の友人もカナダから慌てて同時期にシドニーに帰国し、違うホテルで隔離中ですが、
彼女はUber Eatsを注文したり、弟さんからの差し入れも受け取れたそうです。

なんか納得いかない!

何故、ホテルによってルールが違うのか。

海外からの渡航者を2週間隔離するのは、今の状況下では当然のことと十分理解できるけど
どの渡航者も、どのホテルも同じ条件であるべきじゃないの。

犯罪者じゃないんだから、いや刑務所だって差し入れとかできるはずじゃない?


ただでさえ、部屋から一歩も外に出られない。窓も開かないから新鮮な空気も吸えない。
口にできるのはホテルから出される食べ物が3回、
そんな状況では、健康な人にとっての2週間は長いだろうな・・・。

特に娘はビーガンなので、メニューもチョイスがないだろうし、
おにぎりやお味噌や納豆、ナッツやおせんべいを差し入れてあげたい、と母は思う・・・。

でも色々と日々状況は二転三転するので、改善される可能性もあるから
もう少し様子をみてみよう。


娘のテキストによると、部屋の外の廊下には、ポリスが見回っているそう、
隔離中に逃げたら、即捕まえられて罰せられるからね。

娘はビーガン食をリクエストしているにもかかわらず、2日続けて普通食が届けられた。
電話で食事の変更をお願いして、届くのを今か今かと待ってドアを開けたら
廊下のポリスと目が合った! ひえ~129.png

なんか刑務所にいるみたいだわ、と彼女は言っているけど、
今のところは母が心配するより、元気にやっているようです・・・。

狭い部屋だけど、ヨガやワークアウトで体も動かしてるそう。

お年寄りや、目的地への中継地として隔離に巻き込まれた外国の人達にとっては
この幽閉生活はもっと辛いだろうな、と他の人たちを思うテキストさえ届いた。


オーストラリアでは、一般市民も不用不急の外出不可で罰金が課せられるし、
人と人との間に、1.5メートルの距離を取ること、
家族以外の人と2名以上で集まってはいけない、とのお達しもあります。

本当は、ホテルの彼女の部屋の窓から見える場所で、

「お帰りなさ~い、愛してるよ~!」という横断幕を持って、手を振りたいところだけど、

きっと、それは不要不急なことだと、みなされるんだろうな・・・。




# by dewdrop3 | 2020-03-31 18:42 | 日々雑感

大切な友人で、シドニーガイアハウスのオーナーでもある新開マキちゃんと、

毎月、第一火曜日の夕方に、1時間ちょっと、シンギング・リン瞑想と

宇宙からその時必要なメッセージをマキちゃんが詠んでくれる、夜会をおこなっています。


今、世の中はコロナウィルスのパンデミックにパニックになりがちですが、

恐れや不安はそれだけで免疫力を下げてしまいます。

自分軸をしっかり持って、愛と感謝を忘れず、心の平安と免疫力アップを心がけましょう。


シンギング・リンに癒されて、溢れかえる情報や日常のストレスから自分をリセットし、

心と体を浄化してエナジャイズしにいらっしゃいませんか?

惑星の音の中に体を置いて宇宙にサポートされる周波数へと調整しましょう。



必要のないものを手放し、内側の自分につながるための簡単な瞑想をご一緒に♪

そして、その時に必要な方法で、タロットやクリスタルやカラーセラピーなどを使い、

オンタイムの宇宙からのメッセージをマキちゃんがお伝えします。


参加者が全員感じたことをシェアし合うのも、素敵な自己表現、

オンラインでの参加もできます!

音はオンラインでも波動として伝わりますからね。



今回の夜会は、特に巨大クリスタルグリッドが店内に作られ、

ものすごく強力なエネルギーを感じました。(写真撮るの忘れた106.png


さあ、来月はどんな夜会になるか、どうぞお楽しみに~162.png


シンギング・リン瞑想と宇宙のメッセージを伝える夜会_b0189862_14334537.jpg


毎月第一火曜日 5:30~
お申し込みはこちらから
A$34 対面
A$38 オンライン

# by dewdrop3 | 2020-03-03 14:11 | シンギング・リン

さとう式リンパケアとは

さとう式リンパケアは、今までにない概念の理論に基づいた健康美容法です。

リンパマッサージでも単なるダイエット法でもない、まったく新しい体のケアの方法です。

激しい運動や努力は必要なく、大切なのは、頑張らないで心地よく続けること、

そのためには体のしくみを知って、自分の体をいたわってあげること。

自然に自分の体をケアしたくなるので、体はどんどん変化していきます。


効果は人によって様々ですが、例えば…

・肩こり、腰痛が楽になった

・小顔になった

・むくみや冷えが解消した

・視力が回復した、頭痛や耳鳴りが軽減した

・体のバランスがよくなった

・骨密度がUPした

・メリハリボディーになった

・身長が伸びた

・うつ症状が良くなった etc...



感想は挙げればキリがないくらい多様ですが、ダイエット目的でなかった人も

「パンツが緩くなった」「痩せた?って最近言われるようになった」

と実感することが多く、体の形状が変化したという人が多いようです。


リンパケアって?


体の中の大切なお水、血液、リンパ液、体液全体の循環を、

外からの強い圧で押し流すのではなく、自然に流れるようにやさしく促していくので、

酸素と栄養素は隅々の細胞まで行き渡り、また不要なものは回収し排除してくれるようになります。


筋肉を緩める


日々のストレスや生活習慣による姿勢の崩れで、私たちの体の筋肉はすぐに硬くなります。

一般的に多用される、筋肉を『揉む・押す・引っ張る』ということをせず、

さとう式は『揉まない・押さない・引っ張らない』ケアで、緊張を解きねじれを解消し、

ふんわりと筋肉をゆるめ膨らませてあげることで、

骨格の歪みや筋緊張による痛みを軽減させていきます。


腔を広げる

多くの人は巻き肩や猫背など姿勢の悪さやストレスによる筋緊張で、

体の腔が潰れたり歪みができます。そのために、『口腔・胸腔・腹腔』

といった体の腔を広げ、力学的にバランス良く本来の美しい形状を保つことを目的とします。

また、内臓が収まる空間が広がるので、内臓機能もアップします。


今日という日が、これからの人生であなたが一番若い日です。

人生は、いつからだっていい方向に向かっていきますよ。


さとう式リンパケアって?_b0189862_13540207.jpg


# by dewdrop3 | 2020-02-01 12:34 | さとう式リンパケア

シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれた、さとう式的ゆるキラ・ライフ♪


by dewdrop3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31