人気ブログランキング | 話題のタグを見る

私が変わると世界が変わる

昨日、愛犬ジャスのお散歩前に、ケーキ作りの材料を買いにショッピングセンターのスーパーへ。

ほんの15分くらいの買い物で、さあドッグランの公園へ、と駐車場を出て右折する時に、

右から左へ坂を下って直進している車が目の前に。




え~、どこから来たの、あなた⁈

と、目の前がスローモーションの映像になる。


ブレーキを踏んでも間に合わず衝突!

この駐車場出口は見通しが悪く、道路反射鏡が左右両方面が確認できるよう二つ設置してあり、

当然両方とも確認して右折しようとハンドルを切ったところに直進車が…。

一体どういうこと⁈


とにかく事故は起こり、駐車場の出口を塞がないよう、

お互いの車を移動させ無事を確認しあった。


旦那と保険屋さんに電話、相手の女性の車は大きなアウディーで横腹のかすり傷、

私は旦那の新車のスバルの左前面をごっそり持っていかれた…。


自動で車間距離が保てて、自動ブレーキもかかる、

一番安全といわれているはずの車なのだが、

この状況では役に立たなかった!


事故直後は色んな手配が必要で、アドレナリンも出ているから、

携帯電話を持つ手が震えていても、精神的ショックからだろうと思ったが、

家に戻り事故後2,3時間経つと、首筋や背中、頭が重だるくなってきた。

左ひじに少し違和感もある。

そりゃあ、ハンドルから衝撃が左腕に直に伝わっているはずだもの。


そこで、ホメオパシーのレメディーで、ショックに効くアコナイトと、打撲に効くアルニカを摂り、

さとう式のテーピングも違和感や硬直を感じる部分にペタペタ貼り、ベッドに入った。



なんていう一日だろう。



事故相手のドライバーも、新車を壊された旦那も、誰もひと言も私を責めないし、優しかった。

相手のドライバーの女性は、

「こんなことも起こるわよ、私たちが無事で、同乗してた犬達も無事で良かったわ」と言った。


旦那は私が慣れない彼の新車に乗らざるをえなかったことを謝る・・・、

私のゴルフに乗って、先に出かけてしまったから、私にはチョイスがなかったので。


ふたりとも神ですか⁉


メルボルンでロックダウン中の娘は、私の無事を知って安心した後は

自分の仕事や、家探しの様子をとめどなく話し続ける。

この画面に映っている明るい自立した綺麗な女性は、

あの小さかった私のベビーなのだろうか、と思うと、

嬉しくて泣けた。




勝手に私が魂友と思い、尊敬する筒身塾の塾長からの思いがけないギフトにも大泣きし、

シドニーでさとう式仲間のリリーちゃんの優しさも身に染みて泣けた。



私は感情のローラーコースターのような一日を、幸せの涙で終えることができた。




20年近く前、駐車場内で車をバックした時にポールにあてた事がある。

あの時私は駐車場の整理係に逆切れした。

あなたがすぐ横にいながら、バックする私の後ろを見てもいないってどういう事!

私がアジア人だから、仕事の手を抜いて、誘導すらしてくれなかった、と思った。


「運転好きなあなたが子供の送り迎えをしてくれてたら

こんなことにならなかったのに」と、旦那にも噛みついた。


こんな調子では、誰の優しさも見えるはずはなかった。



今の私は、人や自分を責めたり、自分に起こる出来事に怒り狂って人生を恨んだりはしない。

(と思う)



時間がかかったけど、今の自分に変われたから、

私の周りはやさしさであふれていると気づけた気がする。



もしかしたら鞭打ち症になっているかもしれない首も背中も、

今朝起きると、やや硬い程度。

首は左に曲げづらいけど、犬の散歩も普通に出かけられた。


ラッキーなことにさとう式の考案者、さとう先生のZoom会が今日あったので、

早速、自動車事故後の首と背中のファシアケアを教わる。




これ以上は望めないタイミングで、特別なケアを教わり、首の可動域も広がった。

ありがとう、さとう先生、 ありがとう体の中の空間、ファシア。

身体の中にある最大の器官、ファシアのクッションのおかげで、

私は大怪我をしないですんだのだ。




本当に人生は気づきの連続、

そして気づいた先から、見える世界が喜びに変わっていく。


私が変わると世界が変わる_b0189862_16041995.jpg


by dewdrop3 | 2020-07-21 16:04 | 日々雑感

シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれた、さとう式的ゆるキラ・ライフ♪


by dewdrop3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31