ただいまっ♪


シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれたライフスタイルを
by dewdrop3
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

まだあった、必要な手放し

久しぶりに5時前に眼が覚めた。

もう一眠りしようか、瞑想でもしようか、と瞳を閉じている間に

二度寝のような、瞑想中のような不思議な映像を見た。

瞑想か夢か、今では境界が曖昧だし、もうどっちだってかまわない・・・。


私は友人のMちゃんのワークショップに参加していた。

突然あたりが暗くなって、何事かと思ったら

参加者の一人が、誰かに体を乗っ取られてしまったように

低く険しい声で、何かを話し始めた。


それは邪悪な者のような感じがしたので、

私はその人の体を乗っ取ったスピリットに必死で働きかけていた。


そして、その人は普段の状態に戻り、周りに光も差し込み

皆で、そのことについていろいろ話していた時に、

空気が変わり、その低くてかすれたような、

さっきと同じような声がまた聞こえた。


今度はなんと私自身から、その声は発せられていた。

ただ、私の体全体を乗っ取られた感じはしていない。

私自身が悪魔に取り付かれたわけでもない。


すると、その声は

「まだ、わからぬか」

「自分の声を聞いてみなさい」

と、言ってきた。


私は声の主の言わんとすることを理解しようと努めた。

落ち着いて自分の全ての声に耳を傾けた。

口から発して言葉として生まれてはいないけれど、

外に出て音声となった言葉以上に、

それはそれはおびただしい、星の数ほどの言葉が存在していた。


しばらく言葉の星空に圧倒されていると、

その満天の言葉の宇宙がぐるんと回転し、渦となり、大きな一つの塊になって

それが、玉のように、大きな痰の塊りのように、

口からものすごい勢いで、ボロンと飛び出した!


おおお~~~!


なんていうこと・・・!!


私が胸にためていた、言葉に発せられなかったたくさんの言葉が

玉のように飛び出ていった!



わざわざ言わなくてもいいか、とか

今でなくてもいいか、とか

多分、そんなことを幾度も幾度も繰り返してきたんだろう。


でも、そうやって飲み込んだ想いは、言葉たちは、

なくなったことには決してならなくて、

痰のように喉の奥に、胸の奥にひっかかっていたんだ。


それに気づいて出してしまわないことには、

たまる一方だということを

私に伝えたかったんだろう。


誰かを傷つけないために、

自分さえ我慢すればとか、そんな自己犠牲ではないけれど、

穏便に済むなら、わざわざ声をあげなくても、とはよく思う。


でも、そんな想いが溜まりに溜まって、飛び出したがっていたんだ。

ひとつひとつはきっと小さな事ばかりだろう、

でも、塵も積もれば山となる、ということを実感した。


その声に教えられた。

邪悪な感じの声だなんて思ってごめんなさい。


飛び出したがっていた私の想いは、何ひとつとして悪くない。

たとえ、それが闇の部分の私が発した想いでも

なかったことにしたかった言葉でも、

それを溜め込んでいた私の習慣こそ見直すべきだろう。


何でも腐らせてしまえば、よけいにやっかいになる。

そこにあることがわかったら、向き合ってみる。

そして開放してあげる。


言葉として口からは生まれなかったけれど、

想いは確かに私の中に存在していたこと。


ありがとう、思い出させてくれて・・・

そんな手放しの夢、瞑想…の夜明け前。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
[PR]

by dewdrop3 | 2018-02-09 18:43 | 夢日記
ハワイへGo~! >>