アース・アワーとソイキャンドル

b0189862_5481926.jpg






昨日は、レインボープロジェクト(被災地の子供達をシドニーにご招待する活動)への

チャリティイベントに参加させていただき、

折りしも、「アース・アワー」が、昨夜8:30pmだったので

イベントにお越しくださった方々に、ソイキャンドルをお渡ししました。



毎年3月後半の土曜日の夜、1時間だけ家の灯りを消して、

キャンドルライトで地球環境に思いをはせて過ごす、

オーストラリア発祥で、今では世界的な規模で行なわれる

「アース・アワー」。



思い返せば娘が中学生の時、アースアワーの前日に

地球環境を考える時に、石油製品のパラフィンキャンドルを使ったら意味ないよ、

という言葉に

え~、普通のキャンドルって石油からできてたの?!

しかも、こんな大事なこと娘に教えてもらって・・・あらあら



ダブルで衝撃を受けて、ナチュラル素材のキャンドルを模索したのが、

ソイ・キャンドルと出合ったきっかけでした。



自然原料のソイ・キャンドルの制作を始め、

2011年には大豆ベースの ソイキャンドルのことを、

以前の私のように知らなかった人たちに、広め親しんでもらうために、

「アース・アワー」を通して 「ソイキャンドル100人に広めようキャンペーン」

を企画・遂行しました。


そして東日本大震災以降は、いっそう強く ひとつの地球に想いを馳せて、

自然素材のソイ・キャンドルを製作しています。



オーストラリアでは、今では一般的に知られるようになったソイキャンドルですが、

日本ではまだまだ知名度が低いことがわかり、

これは是非日本でももっと多くの方に知ってもらわなくちゃと思っています。


通常のロウソクは原料が石油のパラフィンからできていて、

そして、芯にも化学鉛を含んでいることが多いのです。


ソイ・キャンドルの原料は大豆油で、パラフィンは含まれていません。

芯にも綿や麻の自然素材を使用しています。


ススも少なく、お部屋の空気や食べ物を汚しませんし、

消す時に嫌な臭いが残りません。


お子さんやペットのいるご家庭でも安心して使え
 
水溶性が高いので、もしこぼれてもお湯と洗剤で簡単に拭き取れます。


燃焼温度が低いのでロウソク自体があまり熱くならず、

灯りがやさしく人が心地良いと感じる”ゆらぎ”の癒し系キャンドルなのです。


もちろん私の思い入れは人一倍強いのですが、

オリジナルの香りのキャンドルを自分で作られた方たちは

けっこうやみつきになって、それ以外のものが使えない・・・

と、おっしゃる方も多いです。


お口に入る食材に気を使うのなら、

お部屋の空気のことや、環境のことも、すべてがかかわってくることと思います。

日本でも少しでも多くの方が、ソイキャンドルにシフトしてくださったら

とっても嬉しいです。


と、そんな想いをこめて、次の一時帰国では

重い材料をひっさげて

日本でもソイキャンドルのワークショップを行ないます♪





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
[PR]
by dewdrop3 | 2016-03-23 17:43

シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれた、さとう式的ゆるキラ・ライフ♪


by dewdrop3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31