姫とすてきなお供たち!(その1)

今回の日本行きで、一番楽しみにしていた
「かっこちゃんと遊んで学ぼうIN岐阜羽島」というイベントに
念願かなって出席してきました。

新幹線の岐阜羽島駅の待合室にいたかっこちゃんは、
まるで小さな女の子がそのまま大人になり、椅子に座っているよう・・・
「あ~、かっこちゃん、やっとお会いできました。シドニーのみほです」
と言うと、恥ずかしそうににっこり笑ってご挨拶してくださいました。

「シドニーのYさんから『みほさんが今日行くので宜しくお願いします』という
メールが今朝着ていましたよ」と、付き人?の小林さんが教えてくださり、
まあ、さすがYさん。思ったことはすぐ行動してる・・・と笑ってしまい、
ありがたい友情に感謝したのでした。

このかっこちゃんの付き人をかって出ている小林正樹さんは、
ちゃんと会計士かつコンサルタントという本職をお持ちの方なのです。
でも、かっこちゃんの活動にほれ込んで、私財をなげうって?
週末は講演会のお供をして、全国津々浦々をまわっている
とても素敵な方なのです。

そして、ペルーから到着されたばかりの、
天野博物館の坂根さんもおられました。

かっこちゃんは、これらの素敵な男性たちに、「姫」と呼ばれています。
彼らは自分たちのことを、お供のイヌ、サル、キジと呼び、
(キジさんは、カメラマンの野村哲也さんです)
かっこちゃんの活動に、協力を惜しまない素敵な仲間たちなのです。

駅からホテルの送迎バスで、会場となる「かんぽの宿」に向かいました。
大きな会議室を借りての講演会です。
もちろん、一番前の席を陣取って、ビデオカメラの準備をしました。
だって、今回参加できないシドニーのみんなにも、見せてあげたいんだもん、
小林さんにはあらかじめ了承済みです。

最初の講師は、キジさんこと、プロカメラマンの野村哲也さんです。
3人のお供の中では、一番若く大きな声で元気いっぱいの哲ちゃんです。
パタゴニアやペルーの素敵な大自然のスライドは、
「もっと見せて~」って思うほど圧巻でした。

哲也さんは、写真を撮影するだけでなく
興味がわくと自らいろんなことを体験されるので、時々、
ご本人が被写体になっているオモシロ写真も披露してくださいました。

インカの遺跡で、天と繋がる石の上に裸で立ち
エネルギーを感じている姿など、
いいの~、こんな聖なる場所にヌードで登場しちゃって・・・
というものもありました(爆)。

でも、ただの興味本位というよりは、
実は哲也さんは、エネルギーワークをされる方で、
それで、地球と宇宙が繋がる石には、ことのほか関心があったのでしょう。

言葉の持つエネルギーのお話もされていました。
「ありがとう」という言葉は、まあるいエネルギーがあるけれど、
それでも完璧な球体ではなく、楕円なんですって。

完璧な球体となるエネルギーを持つ言葉は・・・
なんと、「アマテラスオホミカミ」だそうです。

あ~、いいこと聞いちゃった♪
日本滞在中に是非とも伊勢神宮に参拝したいので、
お伊勢さんの内宮では、しっかり言葉に出して、
まあるいエネルギーを体感しようっと!

さあ、お次はサルさんこと、坂根さんの講演です。
[PR]
by dewdrop3 | 2010-10-13 21:19 | かっこちゃん

シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれた、さとう式的ゆるキラ・ライフ♪


by dewdrop3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31