時間の概念


昨日は、車の接触事故で、ものすごく動揺したものの、
自分のどこにその事故を招く要因があったのか、
どんなメッセージが含まれているのか、
それをどうしても知りたくて、夕べは寝る前に瞑想をしました。

その答えがわかるまで、久々にしっかり向き合うつもりでした。

そして・・・、きた、きた・・・お久しぶりでございます。

そうです、私はたるんでいました。
いえ、一生懸命しているつもりでも、人間の本質が魂であること、
私の本質を磨くことが、近頃おろそかになっていたのですね。

決して怠けていたわけではなく、現実に流されてしまい、
友人や義母のお世話をするという大義名分の上に、胡坐をかいていたのかもしれません。
しかし、手厳しくやってきましたね。
こうして、嫌でも自分の内面と向き合わされる状況になるとは・・・。


接触事故のその瞬間、
時間的にはほんのゼロ・コンマの世界だったはずなのに、
私は、相手のドライバーの表情がみるみる変わるのも、
すべての情景がストップモーションのように、停止したかのように、
ゆ~っくりと流れる時間を、しっかりとこの眼で目撃しました。

もちろん、実際にはほんの1秒以内のことで、
ブレーキを踏む余裕すらありませんでした・・・。

なんという、『時間の不思議』でしょう。
私には、それが永遠にも感じられるほど、時が止まったようでした。
ガンッという衝撃音がするまでは・・・。

おっしゃりたいことはわかりました。

せっかく『タイムトラベル・時をかける少々』を体験しておきながら、
現実の世界にどっぷりつかって、「ああ、忙しい、忙しい」とばかり・・・
変性意識状態での時間の使い方を、ちっとも活かしていませんでした。

スピリチュアルな世界に目覚めると、社会人として、家庭人としての現実の自分がおろそかになりかねないけれど、
逆に、私は『今ここだけの自分』の比重が、近頃重くなり過ぎました。

せっかく見つけた『時をかける少々』の世界、
ゼロ・コンマ時間の両面を、事故は私に生々しく体験させてくれました。
時間って、両刃の剣というか、使い方次第ということを
私は知るべきだったのですね。

あの瞬間は、永遠のようであり、
身体も動かせないほどの一瞬でもあった・・・。

これ以上、私に『時間という概念』を考えさせる出来事があるでしょうか。

手痛いレッスンではあったけれど、
どうして、私に昨日の事故が起こったのか、今ではとてもよく理解できます。

今ここにいる私と、時間を越えて存在する私、
私は、そのどちらもしっかりバランスを取って生きなくてはいけないのです。

1日24時間という額面どおりの時を、そのまま受け取れば多忙でも、
でも、時間の概念のない世界を垣間見せてもらったのに・・・、
過去や未来の時間を、自在に移動するような体験をしながら、
それを活用できていないのは、教える方にしてみれば嘆かわしいことでしょう。

ダメダメ生徒でしたね、私・・・。

先週の土曜日、友人から「いらないから見ない?」と渡されたDVDが、
なんと中国語の、「時をかける少女」?

ああ~、ここでもヒントをいただいていたのに、
本当に気がつかなくてごめんなさい!
これから私、時間を上手につかえるように、もっと励みます。
[PR]
by dewdrop3 | 2010-08-19 22:02 | 不思議な話

シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれた、さとう式的ゆるキラ・ライフ♪


by dewdrop3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31