講義再び、『公民』


まさか、2日続けて講義が待っていようとは・・・。
またしても、夢の中の通信講座です。
テープのいらない睡眠学習ってこのことですか、
とツッコミたくもなります・・・。

さて、夕べは『公民』の授業でした。

まず、貨幣制度がなくなっている社会構造を、
生徒が想定するという課題が、講師から与えられました。
そこで私は考えました。(寝てるのに頭を使ってるよ…)

じゃあ、不動産や資産を「所有する」という概念を外します。
すべては、ポイント制というか、交換の世界にしてみます。
ポイントというと、貨幣と同じように思われますが、
「感謝の意」がポイントになる、といえばわかりやすいでしょうか。

感謝する、されること自体に価値があるので、
ポイントをたくさん貯めたら利子がつく、という種類のものではありません。

例えば、パンを焼くのが得意な人が、ベーカリーを開きたい時、
その人は、ベーカリーを開設してもらう代わりに、
その設備投資分を、商品の配布という形で返します。
それで富を築くとか、そういうこともありません。
顧客の満足度が、そのお店の成功となります。

今までお金がないと手に入らなかった物や、サービスは
必要な分は与えられます。
その分、奉仕でお返しするのです。

人に感謝しても、人から感謝されても、
ポイントは増えていきます。

ちょっと共産主義のようですが、職業の選択の自由はありますし、
人と関わりを持たず、何もしないという選択肢もあります。
でも、人が嫌がる仕事であればあるほど、感謝されて、
たくさんのポイントを得ることができるので、
ポイントゼロの人も、そういう仕事を選ぶことによって、
一発逆転もありえます。
別に勝ち負けとは、全く関係ないですけれどね。

たくさんポイントを貯めたらどうなるかというと、
人生の成功の尺度は、物質的な富ではなく、
『心の豊かさ』ということなので、
だんだんポイントカードの色が変わって、最後はゴールドカードになります。
プラチナカードもあります。

そして、たくさんの『心の豊かさ』を得られた人が、
心の貧しいカードホルダーを指南したり、導いたりします。

可笑しかったのは、やる気のない若者の指導者のひとりが、
ジャニーズの嵐のメンバー、二ノ宮君だったことです。
投げやりで、聞き分けのない若い女の子が、
二宮君の言うことは、素直に耳を傾けて聞いていました。

人に夢を与え、楽しませるアイドルたちは
やっぱり影響力があって、感謝されるから、
たくさんポイントを集めているのかしら・・・。
(でも、何故に松潤でなく、二ノ宮君なのか・・・不思議)

なんだか、そんな楽しい社会構造を
いろいろシュミレーションした『公民』の授業でした。

もちろん、今振り返ると、穴だらけのコンセプトですが、
何といっても、夢の中ですから。

しかし、いったいいつまで続くの、この夜中の講義・・・
今朝もお寝坊して、リコのバンドの朝練までに起きられず、
ダンナがサンドイッチを作って持たせてました。

夢をしっかり覚えておくため、最近は目覚まし時計をセットしないけれど、
世間ではこんな言い訳は、絶対に通用しないよね・・・。
[PR]
by dewdrop3 | 2010-03-23 12:08 | 夢日記

シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれた、さとう式的ゆるキラ・ライフ♪


by dewdrop3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31