象形文字の始まり


明晰夢なのか、変性意識状態なのか、定かじゃないけど、
夕べ、夜中に目を閉じている状態で、
宇宙人がたくさん出てきました。

その宇宙人は、けっこう小柄で、かわいいつるっとした感じ。
彼らが、身体を曲げたり、手足を伸ばしたりして、
記号のような形をつくっています。

ある記号は、数人が集まって一つの記号になり、
ある記号は、一人で手旗信号のように、手足をつかっていたり、
そして、私はそれが文字であることがわかりました。

彼らは、人間とコミュニケートしたがっているのだけど、
彼らの言葉を、私たち人間がわからないので、
一生懸命、身体を使って文字にしているのだ、と思いました。

でも、私にはその象形文字が理解できない・・・ごめん・・・。
ああ、こうやって、象形文字はできたのか・・・
なんて、ひたすら感心していただけでした。

その後のイメージは、私が横になって、
その宇宙人さんたちが上から私を診ています。
何か手術台に乗せられているような感じ・・・
『何するの?どうせなら、悪いところを全部治してね』
と、心で思って意思を伝えました。

こちらの思っていることは、向こうにすぐ伝わるのに、
ごめんね、私たちにはあなたたちの言っていることがわからなくて・・・。

そんな夢?でした。

その後、やはり続けて目を閉じていたら、
砂嵐のような細かい粒子が渦まいて、何これ?・・・
フォーカスをちょっとずらしたら、突然
その粒、ひとつひとつにピントがぴったり合いました。
何故か「やった~!」と叫びたくなった私。

視力検査で、ぼんやりとしか見えなかったものが、
レンズの度を調節して、突然しっかりパキッ!
と見えた感動に似ています。

これって超意識状態の視力(?感覚)も、ピントがあったというか
チューニングできたっていうこと?!
今、六感を磨くトレーニングをしているので
その成果があったのかも・・・。

これで、これからもっと鮮明なイメージが見えるようになったりして・・・
と、あわい期待をいだいています。わくわく。
[PR]
by dewdrop3 | 2010-03-08 07:45 | 夢日記

シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれた、さとう式的ゆるキラ・ライフ♪


by dewdrop3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31