リコのバンド・コンペ


今日リサが入っている地域バンドのState Competition があって、
はるばるハイウェー飛ばして、1時間ほどの会場まで行きました。
車の中では、何気なく『スペシャルシューズMBT』の話をして
筋肉強化とか、普通の散歩でカロリーを2倍使うとか、
いろいろ説明。
ダンナに「父の日に欲しい?」って切り出しました。

ついでに、「私はジム代わりに自分のお金で買ったよ」
と、さらりとつけ加えたりなんかして・・・。
彼は値段を知らないけど、
「そう、僕は今はいらないかな」と言っていました。

ほっ・・・。
よかった、これで、堂々とMBTを履けるわ。
彼は要らないそうだから、私の2倍散歩してもらいましょう。
それくらい運動しないと、メタボ解消にならないし
たくさんお散歩してくれたほうが、ジャスパーは喜ぶしね…。

というわけで、靴の話はこれにて一件落着、おしまいっ。

さて、今まで地域のバンドでサックスフォンを担当していたリコですが、
今年7年生になって、ハイスクールのバンドでは
オーボエを希望して新しく習い始めました。

半年ほどで、そこそこ吹けるようになると、
地域バンドのバンドマスターに、
『このバンドはオーボエ担当がいないから、
サックスからオーボエへ移るのはどう?』と勧められました。

何と言っても、まだ始めたばかりだし、
しかもオーボエ担当奏者は彼女しかいないとなると、
ちょっとプレッシャー。

サックスのパートは数人いるから、気楽だし、
2年ほどの経験でオーディションもパスし、
少し自信もあったようだけれど
何しろオーボエは、本当に彼女ひとり…
でも、チャレンジ精神旺盛な子なので、
引き受けてソロのパート練習もしていました。

でも、コンペ前には、「やっぱりサックスの方が楽しめるわ、
オーボエは難しいし、間違ったら指揮者のすぐ前で目立つし、やだなー」
と、弱音を吐いていたのでした。

そして、オーボエ奏者としては、初舞台となるState Competition。
結果はみごと準優勝でした。
でも、バンドの成績ももちろんながら、
オーボエ奏者として無事デビューできたことに、ほっとしました。

私は何であれ彼女が楽しんで演奏してくれればいいのです。
今は二つの楽器を練習しているけど
いつか彼女が好きで続けたい方を選んでくれればいいし
両方好きなら、ふたつ続けてもいい…。
結構、優柔不断なんだよね。

ただし、将来彼氏を二股かけるのだけは
やめてほしいけどね。
[PR]
by dewdrop3 | 2009-08-31 21:16 | 家族の話

シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれた、さとう式的ゆるキラ・ライフ♪


by dewdrop3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31