ただいまっ♪


シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれたライフスタイルを
by dewdrop3
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


正夢なの?

長かった夏休みも終わり、
来週からシドニーでは、やっと新学年がスタートです。

昨日、ホリデー終盤ぎりぎりで、小旅行から戻った我が家。

今回は雄大なオーストラリアのカントリーを楽しむドライヴ。
オーストラリア・デーを田舎で祝うのもいいよね。

実はキャンベラの姪っ子の誕生日のプレゼントを届けるのと、
弟家族宅で待機中の、うちのおんぼろ2号車を取りに行く目的もありました。


田舎の風景を楽しみながら、途中、Robertsonというカントリータウンの
Cheese Factoryというお店でランチストップ。

私がいただいた「ゴート・チーズのスフレ」も美味しかったのですが、
何と珍しい「塩キャラメル」のアイスクリームもあって、
それが秀逸の美味しさでした!

私、マカロンも「塩キャラメル」が一番好きなので
こんな田舎で、思ってもみなかった好物に巡りあえて、本当にラッキ~♪



そして、キャンベラの弟宅では、私と娘のリコが同じ部屋で休むことに…。

TVっ子のダンナは、オーストラリア・オープンを見ながら
義理母のリビングのカウチを彼の指定席に決めて、さっさと横になってる…。



私にとって娘と枕を並べて眠れるのは、旅先だけでの特別なこと。

昔はリコが寝付くまで、添い寝をしていて、
いったい何時になったら一人で寝られるようになるんだ~、
なんて思っていたのが、今となっては懐かしい思い出…。

あっという間に大きくなってしまってさ…(遠い目)。


でも、久しぶりに、リコと隣でくっついて眠っていたので、
うっかりリコが、男の子とデートしている夢をみてしまいました!

親しい男友達は数人いても、ステディーな彼氏はいない(と思う)ので、
夢のシーンもグループ・デートだったのだけれど、
顔や服装まで、はっきりくっきり見てしまいました。


それは、私が知っている本命と思われたA君でも、母イチオシのB君でもなく、
同じスクール・バンドにいる別の男の子。

グループ写真や、演奏会で顔はしっているけれど、最近見ていないし、
歯の矯正なんて最後に見た時は、してなかったダークホース。


夢にでてきて、待ち合わせしている彼の笑顔には、
しっかり歯列矯正のブレーシズが。
そして、それは冬のシーンだったから、
かわいい毛糸のビーニー(帽子)まで被っていました。


今、あの子は、矯正しているの? 
なんて、リコに確かめたくても名前も知らないし…、

あの子ってどの子よ…って言われても説明できない…、
知らない子のことを聞くなんて、あまりにも唐突だし。

でも、冬っていうことは、今年の冬あたり?



もう、最近では現実と夢の境界が曖昧なことも多くなってます。

だって、夢だと思っていたことが、事実メッセージであることが
かなり多いので、もしかしたらこれも正夢では…?
なんて思ってしまうのです。


まあ、今年でスィート・シックスティーンになるお年頃なので、
彼氏ができるのは、一向に構わないのだけれど、

「覗き見するなんて、プライバシーの侵害よ!」
ってリコにクレームされたら、それこそ心外だし…。

私が意識的に、彼女の想念や未来を覗いたわけじゃないんだからさ。


まあでも、ちょっとカマでもかけてみようかな~、
なんて、密かに企らんでいる母です…(笑)。






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2012-01-29 14:04 | 家族の話 | Comments(0)

素敵な(?)ガイドの正体は…

さて、今朝も「リトリーバル」のセッションがありました。

すでに、クライアントのSさんのハートチャクラが開いていたおかげで
今日はガイドさんとの遭遇も、難なくできました。

(ご本人から掲載の了承済みです)

とにかく一番大切な「愛のエネルギーのワーク」で、
Sさんは家族に腹立ちを感じながらも、
彼女の本質がまさに愛の人なので
みるみる愛のエネルギーで満たされていきました。

また、私が探索の誘導を行なっている時も、
イメージの世界を上から客観的に観察できる、
もう一人の自分をすでにお持ちでした。

それは知覚がとても鋭い証拠です。

Sさんのガイドさんは、
実はペリカンのような、大きな鳥でした。
それは、幼い頃、旅先で妹と弟3人揃って見た幻の鳥。

旅先の宿を出て、兄弟3人で探検に出かけた時、
遠くの木に止まっている一羽の鳥を目撃、

ただ、その鳥があまりにも大きくて、
木とのバランスを考えると、不思議なほど巨大すぎると思い、
走って近くまで行くと、
その鳥の姿はもうなかったとのことでした。

宿に戻って親に話しても、信じてもらえなかったそうですが、
子供にとっては心に強く残る出来事で、
記憶にしっかり残っていたそうです。

その後、鳥図鑑で探しても
同じ鳥は見つからなかったとか…。

それとまさに同じ鳥が、ガイドとして現れたので、Sさんが

「ずっと昔、会ったことがありますよね?」と聞くと
「うん、あるよ」と応え、

「また、会えますか?」と聞くと
「そっちがちゃんとしてたらね」と
上から目線的な受け答え…。

何故か、ちょっとおうへいで、投げやりな言い方、
ペリカンもどきの鳥のくせに…(笑)。

でも、ちょっと小生意気な大きな鳥がガイドさんなんて、
ユニークで楽しそう~!

森○チョコボールのくちばしの大きな鳥、キョロちゃんみたいなのかなぁ…
「おもちゃの缶詰」懐かしい~~。
って、勝手に思っていました。


でも、Sさんが今かかえている、妹さんとの問題…、
そんなタイミングの時空探索で、
幼い時、その妹さんと一緒に見た「幻の鳥」が出て来てくれたなんて、
やはり大きな意味がありそうです。

これからは、そのガイドさんがいろいろヒントをくれるでしょう。
それを紐解いていくのが、Sさんの課題…。

そして、「愛の人」が「愛のエネルギー」で満たされた時、
どんなことも可能になります。

だって、私たちの魂の根源は、やっぱり「愛」だもの。


とかく「リトリーバル」は、ガイドと遭遇することや、
未浄化霊の救済にフォーカスされがちですが、

でも、突き詰めていくと、本当に私たちの存在の意味や、
自分たちが大きな愛の存在であることを理解するための
方法のひとつに過ぎない、とわかりました。

これは私が「リトリーバル」を練習していって
実感できたことです。


だからこそ、「愛のエネルギー」で満たすプロセスが
何よりも一番大切なんですね。


今朝のセッションでは、本当に深いエネルギーに包まれたので、
午後から、今も眠くてしかたありません。

でも心地よい疲れです。


ふあ~、おやすみなさい…。

みなさん、よい夢を…♪










☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2012-01-18 20:26 | 魂救出活動(リトリーバル) | Comments(0)

とっさのリトリーバル

昨夜遅く、寝る前の出来事…、

午前1時過ぎ、横になり電気を消して目を閉じると、
寝室の中でパチンパチンと、コンセントで電気がはじけるような音がして、
急に身体の周りの空気が、重苦しくなりました。

「あ、やばっ…、誰かいるわ…。
え~、突然来られるなんて…」と、

寝ようと思ったのに邪魔された感じで、ドキッとしつつもがっかり…。

そしてまず、一番最初にしたことは、
「愛のエネルギー」で、心を満たしていくことでした。

いつものリトリーバルの準備では、
自分のペースで、ゆっくりと愛の記憶をたどっていったり、
ガイドを呼び出したりってできるけど、

この時は、そんな余裕がなく、気持ちも急いていたので、
「愛・感謝」と唱えたり、心からの愛や、
感謝をしている時の『感覚』を、一気に呼び起こしました。

すると、ものすごく強い光が、私の中で拡がっていくのが感じられました。

その光をパチパチの原因となっている「存在」に送り、
包み込むようにイメージして、
「光の世界にお帰りなさい」と唱えました。

すると、それだけで部屋の空気ががらりと変わった感じ…。
重苦しさがなくなって、いつものし~んとした寝室に戻ったのです。

突然来られるのは、心の準備ができなくてやっぱり困る…。

こちらから準備してリトリーバルに出かけるのと、
向こうから闇討ちのように来られるのとでは
全く違うから…。

そして、私は怖がりなので、ずっと目は閉じたままでした。
だってアイコンタクトとかしたくなかったもの…(笑)。

でも、瞳は閉じていても、
「私を見て」、「私に気づいて」という意識が入ってきて、
ピアノを弾いているブロンドの若い女性の映像が見えました。

昨日は昼間に、「リトリーバル」のセッションを家でしたので、
そのエネルギーを感じとって、
近くにいた浮遊霊が、救いを求めてやって来たのでしょう。

多分ご近所に住んでいる(?会ったことないけれど)
ずっと昔に亡くなられた方だと思います。

私の住んでいる辺りは、昔から音楽家が多く住んでいたようです。
ABC交響楽団のレコーディング・スタジオが近所にあったからだそうです。

娘のオーボエの先生も、昔シドニー・シンフォニーのメンバーで
近所に住んでいますが、
若くして亡くなった彼の前妻さんの実家が、我が家と同じ通りなのです。

私にはその霊が、どうも彼女のような気がしてなりません。

お会いしたことももちろんないし、
その見えた映像の女性とは、お話もせずにリトリーバルをしてしまったので、
今度、お写真を見せてもらう機会があれば、確かめてみたいものです。

とっさに起こったリトリーバル、
本当は、ゆっくり準備して出かける時空探索が好きなんだけれど…。

でも、うまくお送りすることができてよかった。

そして、ゆっくり手順を追ってエネルギーワークをしなくても、
とりあえず、愛のエネルギーの感覚を満たしたことで
「リトリーバル」ができたこと。

こうして体験を通した発見に、勇気付けられた私です。







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2012-01-16 21:58 | 魂救出活動(リトリーバル) | Comments(2)

「新春・マンボ~!」大成功

「新春・マンボ~!」って、いったい何のイベント~?なタイトル。

ちゃんとした真面目なチャリティー・イベントなんですが、変な名前…。

そんな何のこっちゃ、の、昨日のイベントに参加いただいた勇気ある皆様、
どうもありがとうございました~!
本当にすてきな時間をご一緒できて、とても楽しかったです。

そして、オーガナイザーののぶちゃま、
お疲れ様でした~!

今回も、新たなチャレンジの機会を与えていただき、
またひとつ前に進むことが出来ました。
どうもありがとうね~!

私は「リトリーバル(魂の救済活動)」について、
お話させていただいたのですが、
でも、残念ながら途中まで…(爆)。

ものすっごくい~ところで、
時間切れになってしまって、とても残念でした(涙)。

何しろ、セミナーなんて初めてだったので、本当は緊張していたのに、
私の前のプログラムの「福はうち療法」で、
なんと、子供泣きしちゃったものだから、
後は、なんだかすっきり…。

もうおすましした「借りてきた猫」の仮面も化粧も、
一気に剥がれ落ちちゃった(笑)。

だから、瞑想のそういった流れのまま、
リトリーバルのお話というよりは、
皆さんにも「知覚すること」について
体験してもらいたかったんです…。

眼を閉じて、過去の記憶を引っ張り出してきてもらい、
その時のエネルギーも感じてもらう…。

みなさんが自分たちの体感や記憶を、大盛り上がりで話している途中で
「時間です!」の合図が…。

え~~~~、もう~~~?!

そして、本当に「あ~!こんなところで終わっちゃうの~?」
という自分のセミナーでの、計画性の無さを悔やんだり、
皆さんに申し訳ない気持ちでいっぱいだったのが…、

それにもちゃんと意味がありました!

終了後、Yasuko様が我が家に荷物を取りに来た時に、
私が「もっと時間が欲しかった」とか「話の続きをしたい」
って言ったら、

じゃあ、「リトリーバル体験会」を自宅ですればいいのよ。
「もう、みんなが楽しんでやっている様子が見えるわ」
と、Yasuko様に言われて、

そ~~だよ、そ~だよね!

もし、調子よくこじんまりと30分でまとめていたら、

私は「ああ、ひと仕事、とりあえず終わった~」って、
ほ~っと安心して、それでおしまいだったと思うの。

それが、セミナーが尻切れトンボだったおかげで、
「いや、続きは絶対にやるわよ!」と、やる気満々の自分がいました。

もう、本当に全てに意味があるのね…、
それは知ってはいたけど、こんなに早い展開に自分でもびっくり!

と、いうわけで
2月の第2週末まで週末は予定が入っているので、
第3週末に『リトリーバル、マンボの続き…練習会』を行ないます!

「リトリーバル」って未浄化霊の救済なの? 幽霊?そりゃ怖い~!とか
(私だってすんごい怖がり!そんな恐ろしい体験ならやってません!)

自分のガイドに逢えるの?とか
(サイキックでなくても、トレーニングで会えるようになりますよ)

いろいろ質問もあると思うし、

セッションを受けた時は、こんなふうにガイドさんと会えたのに、
自分だとなかなか辿り着けない…どうしてだろう…とか

いろいろな経験、体験をお話ししあったり、知覚を広げる練習など
みんなで楽しみながら集まりたいと思います。

とりあえず、2月18日、19日の2日間、
10時から、ArtarmonのCelestia Candlesの工房で行ないます。

参加ご希望の方は、ご希望の日にちをメールでご連絡くださいね。

人数に限りがありますので、お早めにお知らせください。

では、今週もすてきな1週間でありますように!






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2012-01-15 20:12 | 魂救出活動(リトリーバル) | Comments(4)

かけがえのない時間

2012年になって1週間、
なんか最近、感情のフィルターがなくなってしまったような感じです。

まず、年明けの花火からして、
大晦日の瞑想の後だったので、五感というか六感まで
体中の知覚や細胞に到る全ての感覚がものすごく微細に感じられ、

そんな時に、間近で、あのシドニーハーバーの花火を観たものだから、
火の粉や色や光や音…
すべてに体が震えるほど感激してました。

連続する花火なのに、一瞬一瞬、時が止まったように
映像が鮮明に焼きついた感じ。

ドラッグをやっている人は、きっとこういう感覚がたまらないんだろうな。
のりピーもドラッグに手を出さずに
瞑想して、知覚を発達させればクスリはいらなかったかもしれない…
と、ふと思ったりして。

そして最近なぜかよく泣く私の涙は、
もう魂がこの身体を抜けてしまったら、
二度と私ではなくなるということへの愛おしさや
かけがえのない今を生きていることの気づきからだと思う…。

自分の肉体だけでなく、私の周りにいる人たち、全て…、

こうして家族になったり、友達になったり、
いろんなご縁で知り合えた全ての人たち…

ある人は大好きな大切な人として、ある人は苦手な人として、
みんながその役割を担って、約束して出会った。

でも、今のこの姿、この関係で会えるのは、今世だけ。

二度と同じ姿で会えることはないのね。

そして、私たちが肉体を持って一緒に過ごしている時間は、
当然だけれど、限りがある。

だから、みんなが愛おしい。

毎日の平凡な一日もそう考えると特別な一日と思えてくる。

だって、肉体を失う日がいつなのかわからなくても
その日は必ずやってくるのだから…。

友達と話していても、
みんなの言葉が愛にあふれていて、それだけでもう泣けてくる。

ひとりひとりの中にいる大いなる存在を感じた時、
みんなが愛そのものであることに気づき、
それが嬉しくて、なんて私は幸せなんだろう…って思わずにはいられない。

こうして限られた時間と肉体が与えられたこと、
きれいなものをきれい、美味しいものを美味しいと思えること、

すべてがかけがえのないものに感じられる。

最近、非物質的世界の探索が多くなって
逆に今の現実社会での体験がきらきら輝いてきた気がする。

でも、こうして文章にしてしまうと、
ものすごくきれいな世界ばかりを体験しているようだけど、

肉体を持っている時の私の日常は、
やっぱり自我、欲、自我、の毎日です。

今日も、銀行から送られてきたインボイスを見て愕然…。

オンラインで申し込んだ美容液とクリームのサンプル、
「肌がぷるるん若返る~!」

イギリスから送られてくる送料も含めて安かったので
たとえ効果がなくても惜しくない金額だから
サンプルを試しに使ってみよう、とネットで購入。

無事に送られてきたのだけど、何となく使う気がしなくて
箱の中に入ったまま1ヶ月放置…。

そんな魔法のような製品を見ても、何故かちっともわくわくしない。

そうしたら、やっぱり…、騙されていた~!

ワンセットしか頼んでいないのに、3回も引き落とされている。

住所が書いてあったものの、連絡もつかず、
やっぱり詐欺だった!

早速銀行に連絡して、口座をストップしてもらい…

ほら~!つまらない欲を出すから、こんな痛い目にあっちゃうんだよ。

自分に腹が立つよりも笑えてきちゃった。
お金はもったいなかったけど、授業料だね。

こんな情けない自分の若返り願望すら、ちょっと愛おしい。

だって肉体があればこそ、いつまでも若々しくありたいって思う女心だもん。
私って馬鹿だねぇ、でも、仕方ないじゃん、と開き直ってみる。

口座の残高を思うと、やっぱり悔しいけど…、



それでも、今夜も今夜限りの夜空を、
「きれいだな~☆」って、心から思います。










☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2012-01-09 20:08 | 日々雑感 | Comments(0)

2012年だよ、全員集合~!

みなさま、明けましておめでとうございます!
とうとう2012年となりましたね。

この1年が愛に満ちたすばらしい1年となりますように!

というわけで、私も愛にあふれた忙しい毎日を送っています。

チルドレンズ・センターはクリスマスから2週間お休みだというのに、
毎日のようにお出かけしていて、
このホリデー期間にのんびり家で過ごせると思ったのは大間違い。

クリスマス前の仕事納めの日に風邪をひいて、
体調が悪いままキャンベラに出かけ、
クリスマスの数日をダンナの家族と過ごしました。

ありがたいことに、今年は例年のようなホステス役ではなく
ゲスト側だったので、キャンベラではゆっくりさせていただきました。

同居中はバトル寸前で苦しかった義理母とも、
彼女がキャンベラに移ってからは、
会っても普通に優しくできるじゃないの、私…。

そして、キャンベラから戻ってからは、
毎日のように忘年会、女子会とお出かけ続きで、
家族の予定もみんなバラバラ状態。

大掃除で、大断舎利もしたかったけど、
これはちょっと時間的に無理だったので
年明けの課題になっちゃいました…。

いつもなら、ここで「あ~あ…」と思うところだけど、
でも、優先順位の問題、
仕事や勉強で忙しいお友達とゆっくりお話できるのは、
みんなの都合が合うホリデー中だけだものね。

新しく2011年に知り合った方たちも含めて、
本当に大切なお友達と一緒の時間は
何よりも宝ものだも~ん、と思える私になってます。

日本の震災や世界の異常気象による災害など、
去年は大変なこともあったけれど、
チャリティーイベントを通して、多くの方と繋がったり、
いろいろ考えさせられる機会を与えられたり
いいことだってたくさんありました。


大晦日は、「福はうち」の「森羅万象」の章をおさらいして、
愛と涙の瞑想会…、年越しそばも超美味でした~。

また、花火も本当に近くで見ることができ、
瞑想の後だったからなのか、五感が冴え渡っていて
音も色の振動も…すべてにおいて感動的!

あ~、なんて幸せな気持ちで1年を終えることができたんでしょう…
もう、心から感謝です…。


そして、2012年!

すでに意識の改革は始まっています。
愛でいっぱいの素敵な1年にしていきましょうね~!

ということで、早速、新春チャリティー・イベントのご案内です。

日時:1月14日(土曜日)

時間:9時30分~3時30分

場所:cammeray North club

料金:40ドル 全てのセミナー受け放題
(経費を引いた全額、レッドクロスジャパンに送られます)

セミナー内容の詳細はオーガナイザー、のぶちゃまのブログでね


それでは、今年もどうぞ宜しくお願いします♪





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2012-01-02 14:23 | 日々雑感 | Comments(0)