ただいまっ♪


シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれたライフスタイルを
by dewdrop3
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


明日は日本♪


私の予想通り、風邪だと思った喉の痛みや咳は、
やはり月曜の朝には、ほぼ完治。
しっかり仕事にもいってきました。

細胞さん、いつも本当にどうもありがとう~~!


そして、今日は仕事はすでにオフとなっているので、
荷造りと、留守中の買出し…を余裕でするはず、が・・・。

チャッツウッドでは、知り合いにばったり出会うこと2回。
ささっと買い物のはずが、つい長話になってしまいました。

メールをチェックすれば、お返事を書きたい人たちからのメールが
たくさんきていて、返信にもついつい熱が入る…。

かっこちゃんの合宿のお誘いのメールも。

今年は日程的に参加できないけれど、
日本にいる間に、かっこちゃんの講演会にでも行けるといいなあ。

そして、日本へ来月帰国されるお得意様が、
お土産にとソイキャンドルを買いに来てくださった。
まいどあり~!

最後は、夜、日本語を教えて欲しいという近所の生徒さんが来て、
1時間の授業。

よって、今も荷造りは、まだ終わらず…。

終わらずついでに、ブログまで書きはじめてしまったわ(笑)。
遠足の前日のように、ちょっと興奮しているのかもね。

でも、今回はひとり旅なので、
いつもよりリラックスしているつもり。
私だけの荷物でいいし、忘れものがあったとしても何とでもなるもの。

リコのうらやましそうな表情を横目で見ながら、
でも、今年は仕方ないね。

ママだって淋しいよ。
リコが生まれてからは、いつも一緒に帰っていたのに、
今回は初めてひとりなんて…。

毎日のように二人で食べていた「青木のみたらし団子」を
「おいし~~~ね~~!」、
「ま~い~う~!」
と、言い合う相手がいないなんて、淋しすぎる。


さっき、名古屋の明日のお天気をチェックしたら、
最高気温が、35度だって。

九州や沖縄よりも、どこよりも日本一、高かったわ…。
いったい、どんなところよ…(爆)。

でも、明日からいよいよ日本…、
暑くても楽しんできま~す♪





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2011-08-30 23:17 | 日々雑感 | Comments(2)

細胞との会話

今、風邪でダウンしています。

先週の土曜の濃い一日…、流血マッサージをきっかけに
身体に必要ないものがどんどん出てしまっているので、
そのせいだと思うのですが、
土曜の午後から、寝込んでごろごろしています。

土曜の午前中は、しっかりお茶とおしゃべりで元気だったので
今の状態は精神的、クレンジング的要素のものだと思います。

きっと明日の月曜の朝には、ぴきっと治って
仕事先のチルドレンズ・センターで、マルちゃんのセッションを行い、
水曜には日本行きの機上の人となっているはずです。

身体を休めるタイミングを見計らって、咳や熱が出るのは
きっといいことなのでしょう。

細胞さんも、いい時期を選んでくださっています。

『あ、日曜は何も予定入ってないですね。

じゃあ、これからウイルスとの戦い、激しいのに行ってきます!
いざ、出陣~!』


ってなもんです。

最近、瞑想中に細胞さんとお話をしています。

『ちょっと、今日は豪勢に食べ過ぎちゃったけれど、
みぽりん細胞さん、あなたは、今の状態で最高です。

だから、これ以上必要のない栄養素は身体に吸収しなくて大丈夫。
本当に今のままで、最高に素晴らしいです。

いつも毎日健康に過ごせるのは、みんなのおかげです。
本当にどうもありがとう~!』


なんて、感謝の言葉を伝えるのです。

特に食べ過ぎちゃった時は、謙虚に謝まります。

それで、身体が体重増加を思いとどまってくれれば、
すごいでしょ。

私はもちろん効果があると信じていますよ。

でも、それが本当に試されるのは、日本への一時帰国の時でしょうね。

美味しいものをたくさんいただく2週間なので、
いつも3キロくらいは増えちゃうけれど、
はたしてそれが今年は避けられるのか・・・。

それも私の意識次第…、

意識の力、これから、どんどんよいことに活用したいです。








☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2011-08-28 19:01 | 瞑想記録・瞑想会 | Comments(2)

自閉症児は痛みに強い?

長いホリデーから戻ってきたマルちゃん。
自閉症のスペシャリストが、チルドレンズ・センターに週に3回訪れて、
一緒にトレーニングをしてくれます。

新しく若くてとっても優しい男性のスペシャリストさんも来て、
マルちゃんは、最初は何故か怖がって泣いてばかりいたけれど、
3回目の今日はすっかり慣れて、
「たかいたかい」をしてもらうのが大好き。

マルちゃんは空が大好きなので、
空中にふんわり投げ出される感覚も大好きなのでしょう。

私ではとてもじゃないけれど、重量級のマルちゃんを抱き上げられないから
力のある男の人に遊んでもらえてよかった~!

そんなマルちゃんは、体型がまだ赤ちゃんなので、
しょっちゅう転ぶのだけど、
マルちゃんは痛くて泣くことはめったにない…。

自分の思い通りにならなくて、かんしゃくを起こして泣くことはあるけど、
痛みにはめっぽう強いマルちゃんなのです。

そんな話をスペシャリストの人としていたら、
彼が他にお世話をしている子供も、実はとても痛みに強いのだそう…。

これが自閉症の特徴とは決め付けられないけれど、
脳での処理が遅い場合も多いのだそうです。

でも、決して感じていないわけではないんです。
痛み、熱さ、冷たさにも、しっかり反応しているもの。

むしろ、マルちゃんのように、転んで身体の一部を強打しても、
ちょっと痛そうな顔はするけど、
すぐに気分の切り替えができる能力には、
脳で処理が遅いという俗説とは、まったく真逆で、
すごい才能じゃないの、と
ある意味、私は尊敬してしまうのです。

私も娘も注射が大嫌いで、小さい頃は大泣き、大騒ぎをした子供でした…。
何しろ、「痛いよ~」って泣き始めて、
「まだ何もしてませんよ」って
お医者さまに呆れられるほど大げさだったから(恥)…。

自閉症の子供が、痛みに強いのなら、
それは脳で処理する能力が遅い云々…っていうよりは、
周りの人たちに迷惑をかけないようにという
そんな優しさからではないのかな、と思えてなりません。






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2011-08-24 21:16 | チルドレンズセンター | Comments(0)

涙の流血マッサージ

もう、身体がだるくてだるくて仕方ありません…。
でも、病気ではないので、ご心配なく。

2週間ほど前、大好きなお友達から「マッサージしてあげるよ」とのメール、
普通なら「きゃ~、嬉しい!お願い~!」って、喜ぶところ、
今回はちょっと違って…、

何でも、私についている上のお方が、のぶちゃま
「彼女が必要としているから宜しく頼むよ」と言われたそうな…。

お友達とはいえ、のぶちゃまからマッサージの逆指名!?は初めて。
「え…?いったい何を言われるのだろう…」と
嬉しさ半分、とまどい半分・・・。


でも、本当は心の片すみでは、ちょっとだけわかっていたのかも…。

それは、リトリーバルをできるように頑張ってきたのに、
今までに私がリトリーバルを引き受けたのは、
お友達または、その家族からのみ。
知り合い限定だったので、もちろんお仕事としてではありません。

私はプロのヒーラーではないので、
人さまの心の奥底を覗いて、心の重さや痛みを一緒に感じるなんて、
そんな重圧には耐えられない…。

だから、知り合い限定でしかしない!
と、自分に逃げ道を作ってきたんです。

そして、ソイ・キャンドルで癒しにつながれば、と思って
香りのソイ・キャンドル制作に心を奪われました。

これなら重圧を感じることなく、
大勢の方たちに喜んでもらえるし…。

確かにそれはそうなのだけれど、
もともとは、友人の深い悲しみを何とかしたくて始めたリトリーバル…

多くの人たちが今、救いを求めているのなら、
もっと使うべきじゃないだろうか。

そんな思いも、実はちらっと頭をよぎっていました。

これは、救急救命の資格があるのにもかかわらず、
どうせボランティアでやってるだけだから、
知り合いしか助けないわって
いうのと同じじゃないか…、

目の前で苦しんでいる人がいれば、
相手が誰でも助けるべきでしょう。

でも、友人ならともかく、
知りもしない人の心の澱や闇でみる勇気もなければ、
責任なんて持てない、というのが本音でした・・・。

そしてもちろん、そんな気持ちは上のお方はお見通し!

それで、のぶちゃまにお願いしたのでしょう…。

この子はいったい何を学んできたんだい?!、
がつんとカツを一発入れてやってくれって。

はたして、土曜日ののぶちゃまのマッサージでは、
忘れていた光景が出てくる、出てくる…、

癒されていなかった私のインナーチャイルド、
いじらし過ぎて泣かせてくれました。

一度心がバラバラにされ、
最後は光となって身体から出て行った感じでした。

もう涙が止まらなくて、息が苦しくなるほど泣き、
ほとんど出たことのない鼻血まで出してしまうという過激な経験でした。

でも、おかげで自分の中の愛を再確認し、
友達も知らない人も関係なく、全ての人が繋がっていることを思い出しました。

人からどう思われるか、の恐れはこれからの課題でもあるけれど、
愛が根底にあって、できると意識すればできる!

だって、上の方たちがサポートしてくださっているのだから。

というわけで、知り合い限定なんていう狭い了見でなく
ライトワーカーとしてお役にたてるよう目標を再設定しなくては。

誰かの心を軽くすることができるなら、
私が今まで経験した辛いこと、哀しいこともお話できるし、
誰かに話を聞いて欲しいという方がいれば、
私でよければ聞いて差し上げることもできます。

大好きなソイ・キャンドルと同じように、
心がほっこりあたたかくなるような、そんなことができればいいなあ、と
あらためて思ったのでした。

あ~、それにしても、土曜日の流血マッサージから
いまだに激眠いわたしです…。






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2011-08-22 19:52 | 魂救出活動(リトリーバル) | Comments(4)

てんつくウーマンへ…

あ~、とうとう「てんつくマン」のイベントが
終わってしまいました。

実際にお会いした彼は、想像以上にパワフルで、でも繊細で、
本当におもろくて愛にあふれた方でした。

それは、彼が子供や少年たちにかける言葉の端々に感じられたし、
まきちゃまがブログで、とても素敵な文章にしてくれたので、是非どうぞ。

私の友人が当日書き下ろしの抽選に当選し、
てんつくマンに書き下ろしてもらい、
その言葉を彼が読んだ時、急にわっと泣きだしてしまいました。

てんつくマンの言葉が、彼女の心の一番奥を揺さぶったのです。

彼女に今必要な言葉だからこそ、彼女が選ばれたんだ…

本当に全ては起こるべくして起こっているんだなあ、と感じました。

生てんつくマンのお話は、本当に会場に来てくださった方たちを
多かれ少なかれ変えてしまったことと思います。

でも、彼のことはYoutubeや、彼のブログなどでも垣間見ることができるので、
今しばらくはそちらにお任せするとして…。
(本当は、うまく言葉にして説明できないの、嬉しくて、胸がいっぱいで)


今日、私が触れたいのは、私の大切なお友達の「てんつくウーマン」こと、
Yさんのお話です。

2年ほど前、彼女に「ねえ、これ観て、絶対に最後まで観て」と、
半分強制的に「てんつくマン」の講演の様子を見せられ、
それから、私も彼女と同じように
彼に影響を受けるようになったけれど、
まさか、本当にシドニーに来てくれるなんて…。

Yちゃん、てんつくマンを呼んでくれてありがとう~!
そして、本当にお疲れさまでした。

たったひとりの、「この人に直接会ってお話を聞きたい」という、
Yちゃんのただ子供のような想いから全てが始まったことに、
感動を覚えます。

事務所とのやりとり、集客やチケット販売、会場選びなど、
わくわくするだけではすまない雑多な準備を含めて、
本当に頑張っていました。

私は彼女を「てんつくウーマン」と秘かによびます。

だって、本当に楽しいことを楽しみながら企画する、のが彼女のモットーだから
どうしても「てんつくマン」自身と、キャラが重なってしまうのです。

こんなに大役をこなしておきながら、それを自慢するでもなく
大変なことを愚痴るでもなく…

本当にわたしはあなたをとっても誇りに思うし、
友達でいられて、ものすごく光栄だよ~。

私が一番自慢できる宝ものは、やっぱりお友達…。
Y さんだけでなく、出会えたことに感謝できるお友達って素晴らしい。

これは家が火事になっても無くならない、
誰も私から奪えない宝ものよね。

そして、今回Yさんを一緒にサポートできた仲間たち、
会場に来てくれたお友達、
みんなに心からの感謝を捧げたいです。

一緒に「てんつくマン」の感動をシェアできて、
本当に嬉しかったよ♪ 
どうもありがとう~!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2011-08-16 21:04 | 日々雑感 | Comments(0)

森本順子さんの「My Hiroshima」

66年前の8月6日、広島に原爆が投下されました。

その広島で被爆をされ、現在はシドニー在住の絵本作家、
森本順子さんをお招きして、昨日「平和セミナー」が行なわれました。

著書の「My Hiroshima」は、海外で高い評価を受けてきましたが、
今年、日本語も併記された改訂版、「わたしの広島」として再版されました。

この絵本「My Hiroshima」のイラスト・スライドと語り…

英語と日本語、そして弦楽器を交えての
それは、素晴らしいストーリー・テリングで、
みなさん、絵本の世界へ一気に引き込まれてしまいました。

それは、想像を絶するとても辛い出来事…。
戦争が終わって、「平和」を実感できた様子が
救いではありました…。

でも、黒い雨に打たれたり、
終戦を迎えても、被爆をされた方は、体調を崩すたびに
「これは放射能のせい?」と、今でもその影に怯えるのです。

順子さんが当時の様子や、原爆体験後のことを、
淡々とウィットも含んでお話してくださいました。

そして、絵本を通じて平和のための強いメッセージ…

もっともっと多くの方々に観ていただきたい、
とても素晴らしいセミナーでした。



わたしの作ったソイ・キャンドルたちも、
舞台上に整列して、平和の灯りを灯させていただくことができました。

私たちが未来のために、本当に平和な世の中を残してあげなくて、
誰が『子供たちを愛している』と、胸を張って言えるでしょうか…。


今、できることをしなくては、
子供たちに残してあげられる未来は変わりません。

心に響く言葉の中で、あらためて私もそう感じました。









☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2011-08-07 11:21 | 日々雑感 | Comments(2)

てんつくマン、オーストラリア上陸!

(以下、今日のてんつくマンのメルマガより抜粋)

オーストラリアのブリスベンの空港からゴールドコーストのホテルに向かう電車の中からワンダフルアフタヌーン!

着いたよ!オーストラリア!

冬だと聞いていたけど、春ぐらいの感じ。

ぽかぽか最高の季節やで~。

オートラリアと日本は一時間しか時差が違わないのかな?

こっちが12時なら日本は11時。

ほんま?

さて、事務所から空港に着いたら電車があるので

「ゴールドコーストまでチケットを一枚下さい」

って言えば行けると聞き

「えきすきゅーずみー ごーるどこーすと わん ちけっと ぷりーず」

とむちゃくちゃな単語で伝えたら

どうやらチケット売り場の50歳前ぐらいの素敵なねえさんは

「ゴールドコーストのなに駅に行きたいの?」って行ってるみたいだ。

電車の一覧表を見たら確かにGOID COASTっていう駅はない。

そこで、ホテル名を伝えたらチケットを売ってくれた。

しかし、その降りる駅が聞き取れない。

というわけでとりあえず電車に乗ってみた。

後は乗客に聞くしかない。

とりあえず聞いてみた。

すると

「Helensvale」というところらしい。

たどり着けるのか~。

19歳の時に一人で来たオーストラリア。

と景色が違って見える。

少しだけ成長しかのかもな。

というかしとけよって感じやね。

19歳の時、今の自分なんかまったく想像出来なかった。

まず、吉本に入れるかどうかも分かってなかったしね~。

あれからいつのまにか25年もたったなんて信じられんわ。

月日はたったの~。

この25年間、振り返ってみるとほんまにおもろかった。

考えてみたらほとんどが予想外やな~。

吉本に入れたこと。

テレビに出れてラジオではレギュラー番組も持てたこと。

アイドルや女優さんやモデルさんとつきあえたこと。

映画の世界に魅了されること。

吉本を辞めたこと。

二日連続交通事故に遭ったこと。

自殺したいと思ったこと。

事務所が火事になったこと。

映画が撮影二日前に無期延期になったこと。

借金が800万円出来たこと。

言葉が降ってきてこと。

路上に座って筆と墨で言葉を書くこと。

それが大ブレークしたこと。

本が出せたこと。

百貨店で個展が出来たこと。

借金の800万円が返済出来て6000万円集まったこと。

自転車で日本一周したこと。

車もあわせて日本を四周したこと。

ドキュメンタリー映画に変わったこと。

アフガニスタンに行ったこと。

イランの大震災で復興支援に行ったこと。

NGOを作ったこと。

映画がヒットしたこと。

カンボジアにほれたこと。

カンボジアの子どもを日本に呼んだこと。

飛行機をチャーターして中国で植林をしたこと。

それがブラジル、南アフリカ、日本でひろがったこと。

小豆島に事務所を移したこと。

日本の山の手入れを始めたこと。

東日本大震災が起こったこと。

事務所ごと北海道の洞爺湖にうつしたこと。

こうやって書いてみると全部、予想出来ませんでした。

つまり、未来はまったく分からんってことやねん。

だから、どうなるか分からん未来を考えて不安になる時間なんてもったいないことってこと。

未来は今の気持ちが創ってる。

だから、今の状況や現状にとらわれず、未来を描き、気持ちを高めよう。

それが現実になるかどうかなんてまったくわからん。

ただ、めっちゃシンプルに楽しみながら、

自分も嬉しい

周りも嬉しい

未来の子どもも嬉しい

っていう三つの喜びが重なるプロジェクトはうまく行くと思うよ。

人のアドバイスを聞くことはめっちゃ大事。

でもな、絶対に最後には目を閉じ、耳をふさぎ、自分の心の声を聞いて、その心で一つ一つを決めていくんやで。

それが正しいかまちがいか?

それ、全部、正しいに決まってるやろ。

だって、人間の目標は楽しみながら成長すること。

違う言い方でいうと魂を磨くこと。

すべての体験は魂を磨くことになる。

だから、あれは正しいの?これはまちがいなの?って考えるより、やっちまえ。

そして、その課程や結果と向き合いながらとことん学んで、さらに楽しい未来にしようや。

なんだかんだでホテルに着いた~

「なんとかなるね」

------------------------------------------------

てんつくマン、ゴールドコーストの後はいよいよシドニーだよ。

まだチケットをゲットされていない方は、
明日、キャメレーの土曜校にて11時半から販売します。

また、姉川商店 (アーターモン)、 カラオケボックス、
エコーポイント、 トラベル&トラベル(市内)、 
夢屋(クローズネスト)、ラッキーマート(アーターモン) でも購入できます。

オンラインでの購入ご希望の方は、こちらからどうぞ
http://tentsuku-event-sydney.jimdo.com/チケット購入方法/


あ~、楽しみだ~!





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2011-08-05 15:42 | 日々雑感 | Comments(0)