ただいまっ♪


シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれたライフスタイルを
by dewdrop3
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


無条件の愛

これは本当に究極の課題です。
無条件の愛を周りに注ぎ、そして持ち続けることができれば
もう、この世で修行する必要もないでしょう。

私は無条件の愛の世界に、行ったことがあります。
そこで体感した感覚は、「本当にここは天国なのね?」という感じで、
あふれる愛に心が震え、涙が止まりませんでした。

だから、自分が目指している世界であることはわかります。
でも、現実にはなかなか難しいものです。

だって、私が好きな人ならともかく、
さほど好きでもない人に、何かをしてあげた場合は、
やはり、お礼の言葉くらいあったっていいじゃない、
って、つい思ってしまうもの。

先日、義理母から家の玄関のドアが、何故か開けられなくて
外から家に入れないのだけど、と私の携帯に連絡が入りました。

私は、慌てて用事の途中で家に戻り、
義理母のために玄関のドアを開けました。
私の鍵ではすぐに開いたし、ドアが固かったということもありません。

義母の鍵の調子が悪いのか、と私が試したら、それも問題なし。
ドアは何事もなく開きました。

いいんですよ、別に。
車で飛ばして家に戻るくらい・・・、
でも、わざわざ出先から呼び出してごめんなさい、とか
どうもありがとう、のひと言があれば
私はその日、一日いい気分で過ごせたものを。

「本当にこのドア、どうしたのかしら」
「私が試した時は、本当に固くて開かなかったのよ」とか
そんな愚痴や言い訳しか言われませんでした。

も~、なんて可愛げがないの、なんて心の中で毒づき、腹も立てちゃって、
私も人間が小さいなー・・・。
ほらほら、お礼を期待してるからだよ。
だったら、親切な顔をするな、っていうの。

と、あとからもう一人の自分が言ってました。
無償の愛への道のりは、まだまだ厳しいね~。
[PR]

by dewdrop3 | 2010-11-29 20:51 | 日々雑感 | Comments(0)

やっとひと息

あわただしかったこの数日間、
ブログを更新するする時間も心の余裕もなかったのですが、
それでも毎日立ち寄ってくださる方がいらして
お留守にしっぱなしはいけない、とちょっと反省。

小さな事件は、仕事のうえでも
家庭でも、周囲でもいろいろ起こり、何とかやっとひと息・・・、
機会があれば追い追い書けるかと思います。

自分のなかの怒りの感情や、悲しみの感情や
慈愛の気持ちなど、いろいろなものを見せられました。

おまけに日本以外の国で生活しているので、
『差別』のような出来事まで体験してしまい、
あらあら、こうも次から次へといろんなことが起こるものだわ、
と、あきれるほどでした。

でも、いいことも悪いことも
生きているとたくさんあります。

私のダンナは、
トラブルもストレスも、その人自身が作り出していることがあって、
同じことが起こっても、何事もなくやり過ごす人もいれば、
それが大事件となって、大きな感情の波に見舞われる人もいる・・・
と、明らかに自分は前者で、私が後者であると思っているようです。

はい、確かに私は『ドラマ・クィーン』と
家族に呼ばれているけれど、
人生、肉体のあるうちに経験することが大切、と思っているので
思い切り、その体験をしていただけなの。
と、ちょっと言い訳(笑)。

でも、ダンナの言っていることにも、一理ある!
とは、以前から思っていました。
そして、津留晃一さんの著書を読んで、
ますます試してみたくなっていたところでした。

『あなたが現実を創造しています、
自分が信じたものを、自分が見ています』

と、思っていたら、本当にそんな自分を試すかのように
『お試し』が次から次へとやってきたのです。
もう、最後にはあきれたり、笑ってしまいました。

『あるがままを受け入れること』って
確かに簡単なことではないです。
でも、津留さんの本に書いてあったことを
チャプターごとに試されるように、次々と事件が起きると
これはもう、この現実は私が求め、試されている試験問題だ、
と、思わずにはいられないほどでした。

その試験にすべて無事パスしたか、どうか・・・
それは自信ありません。
でも、落とした単位があれば、また追試がやってくるでしょう。
だから、次はうまくやってやろう、と思います。

頑張りすぎず、今、ここにいる自分を楽しみながら。
[PR]

by dewdrop3 | 2010-11-28 01:25 | 日々雑感 | Comments(0)

久々のリトリーバルもどき・・・


週末に行ったブルーマウンテンの遠足ですが、
参加者のひとりが、高所恐怖症?で、崖の近くはもちろん、
少し離れていても、風が強く吹くと
とにかく怖くて怖くて仕方ないのだそうです。

「どうしてか、理由はわからないけど、
こわくてこわくてたまらないの、誰かなんとかして!」
と、いう言葉をリトリーバルの依頼と勝手に受け取って、
久々に『魂救出活動(リトリーバル)』にトライしてみました。

義母と同居しはじめてから、落ち着いて瞑想もできないので、
リトリーバルも行なっていませんでしたが、
夕べは、どうしてもやってみたくなりました。
キッチンで義理母がガタガタ何かをしていて、なかなか集中できません。

やっとぼんやり見えたイメージは、
多分アボリジニーと思われる小柄な女性が、崖から落ちたようですが、
一気に下まで落ちたのではなく、崖の岩肌の草の塊か、
小さな木の幹につかまって、
両足がやっと乗せられるくらいの、小さな岩の出っ張りに、
足場を見つけたようでした。
身体は擦り傷だらけ、足にも怪我をしています。

そこから上に登るには体力もないし、距離も結構あります。
しっかり草や幹を持っていないと、強風が吹いたら飛ばされそうです。

焼け付くような太陽も、岩肌を熱くして、ノドもカラカラのよう。
そして、黒いワシのようなくちばしの鳥が、近くの空を旋回しています。

なんだか、磔にでもなったような過酷な状況で、
この女性の最期がどうなったのか、途中でクリックアウトして
結末まではわかりませんでした。

証拠らしいものを、持ってくることもできなくて残念ですが、
オーストラリアにもノーザンテリトリーの州鳥(北部準州で州ではないけど)
となっているオオイヌワシというワシのような鳥がいることは、
後から調べてわかりました。

高所恐怖症の他にも、彼女はとにかく陽に焼けることを異常に嫌います。
鳥ももしかして苦手なのかな・・・なんて、
本人にもいろいろ質問をして確かめたいことがあります。

キッチンで物音がしていたから、これはもしかしたら
義理母の過去世のイメージだったりして・・・ひゃ~。

相手を間違えてリトリーバルっていうこともあるらしいから、
ちゃんと調査が済むまで、結果報告は控えたいと思います。
[PR]

by dewdrop3 | 2010-11-16 20:36 | 魂救出活動(リトリーバル) | Comments(0)

ブルーマウンテンへ遠足


今日は、ブルーマウンテンまで遠足に行ってきました!
夕べから、遠足前の子供のようにわくわくして
目覚ましが鳴るずい分前から、目覚めもすっきり。

ベテランツアーガイドのチャックさんが、『趣味の仲間』なので、
すっかり運転上手で物知りなパパさん役をお任せし、
これまたお料理上手なAママさんに、超美味しい行楽弁当を頼んで、
すべて、パーフェクトな一日でした。

参加者は合計9名、天候にも恵まれて(実は私は晴れ女)、
普通の観光とは違う、パワースポットを巡るブルマン・ツアーです。
Flat Rockと呼ばれる大きな一枚岩の崖っぷちで瞑想をしたり、
ここまで来たら、三姉妹にご挨拶をというわけで、Echo Pointも。

Evans Lookoutで、Aさんお手製の行楽弁当を皆でいただき、
オーラの色やエネルギー調整、チャックさんのプチ・リーディングなど、
盛りだくさんの内容でした。

最後はLeuraで午後の紅茶をいただき、ぶらりと街を散策して帰りました。

あ~、本当に皆でわいわいマイクロバスで行く遠足は、
ちょっと病み付きになりそうです。

主婦だとお弁当の中身を考えるのも頭を悩ますところだけれど、
今日は本当に激うまなお手製弁当でした。
ああ、幸せ!

しかも、るみちゃんと、お弁当を食べるペース配分が一緒で、
ふとお互いのお弁当箱を見比べると、
タコのひりょうず半分、ご飯ふた口分、カブのお漬物一枚が、
まるっきり同じように残っていて、
最後に取っておいた好きなものから量まで全く同じで、びっくり~!
まるで一卵性双生児?(年も同じ20歳だし・・・爆)

そして、るみちゃんとはお礼メールまで
同時に送りあっていたというオマケ付き。
「はるちゃん」から、「るみちゃん」に改名したとたん
私とはものすごいシンクロ率・・・。
名前の持つエネルギーってすごいですね。

それから、帰宅後PCを開けたら、
グーグルの待ち受け画面に出ていた宇宙の図柄が、
今日、フラット・ロックの瞑想中に観た、宇宙の星雲と同じだ~!
色も形もそっくりで、これにもびっくり!


今日は素敵なシンクロと、たくさんの笑いとエネルギー、
楽しい仲間に囲まれた素晴らしい一日となりました。

皆さんも、ハッピーな一週間を過ごされますように!
[PR]

by dewdrop3 | 2010-11-14 20:12 | 瞑想記録・瞑想会 | Comments(2)

わたしは「エレクトロパス」


昨日の「無礼講・瞑想」に続き、またまた『みぽりん造語』シリーズ。
(いつからシリーズ?)
『エレクトロパス』って何ですと・・・?

家族や、とても親しい友人の間では、周知の事実なのですが、
私は電波障害を起こしたり、電気系統を壊したり、
そんなことを頻繁に起こす性質をもった人間のようで、
それで家族は私のことを、「エレクトロパス」と呼ぶのです。

本当に、PCも携帯もカメラもよく壊れたり、不調を訴えます。
カメラの電池は新品に取り替えても、
私が使おうとすると、あっという間に電池切れしてしまい、
「電池を食べて生きてる妖怪か・・・」とまで言われる始末。

友達の車に私が乗った直後、彼女がちゃんとスイッチを消して、
グラブボックスに片付けておいたGPSのナビゲーションシステムが
急に話し始めたこともあります。

その友達は、リーディングなどをするヒーラーなので、
「いやだ~、トムトム(ナビ)が勝手に話し始めてるよ。
あなた、遠隔でスイッチ入れたでしょう!」
と、何事もなく私に言いますが、
普通の人だったら、ここは
「ぎゃ~~、なにーこれ?!!!」と、かなり不気味がるところです。

他にも私の携帯に電話すると、おかしなことがしょっちゅう起こるので、
連絡が取りにくくて、よく文句を言われます。

娘のリコなんて、私の携帯に電話をかけて、
通話をわざわざ録音したのですが、
本当に宇宙人が「○△□▽□◎・・・・・」ってしゃべっているような
そんな声が録音されていたのです。

なんじゃ、これは・・・?
私、そんなこと言ってないし、混線でもしたんじゃない?
とは、いうものの、私ももう驚かなくなっています。

ヒュー・ジャックマンが主演した映画の「X-MEN」シリーズには
いろいろなミュータントが登場するけれど、
誰もが何か役に立つ突然変異体質なのに、
ただ、電波障害や電池消耗を引き起こす、私程度の体質じゃあ・・・、
百害あって一利なし(涙)。

私が手をかざしたらお湯が沸くとか、
ヒーターのスイッチが入るとか。
意図的にそんなことができたら、それこそ便利なのに~。
「まあ、奥さま、素敵なオール電化生活~♪」ってね。

でも、きっとこんなしょーもないエレクトロパスの私にも
いつか役に立つことができるようになるはず。

そう信じて、携帯に着信しても表示されなかった友人からのSMSを、
3日後にやっと気づき、今日もお詫びの返信をしている私です。

「ごめんね、あなたのメッセージを無視したわけじゃないのよ。
私の携帯がね・・・私が触るとうまく機能しなくてね・・・」って、
かなり言い訳がましく聞こえちゃうけど、
本当なんだから~!
[PR]

by dewdrop3 | 2010-11-09 19:35 | 家族の話 | Comments(2)

『無礼講』のすすめ


今、私が新しく試していることが、「無礼講・瞑想」です。

『無礼講』とは、飲み会などの席で、上役や先輩などが
「地位や身分に関係なく酒を楽しもう」という趣旨で発言する言葉。

「お酒を飲んでするのが、『無礼講・瞑想』なの?やってみた~い」
と、思ったあなた・・・残念でした。
これは勝手に私が名付けただけです。

上下関係に関わらず、自由に振舞っても許される無礼講なのだから、
私の周りの人達が、私に対して失礼なことを言ったり、
したりしても、世の中、私の思うように事が運ばなくても、
太っ腹な親分の私は、こう言うのです。

「今日だけは無礼講じゃ、皆のもの、よきにはからえ」と。
そう、瞑想しながら自分の意識に言ってみます。


先月から、交通事故、犬に激突されムチウチ、
義理母との同居のストレス、緊急入院・・・、
まあ、本当にいろいろなことがありました。

でも、上を目指すには、魂の修行が必要よ、と信じていた私に、
次々と難題が降ってくるのは、ある意味、当たり前。
『求めよ、さらば与えられん』って、私自身が呼び寄せていたのだものね。

そして、自ら求めながら、いろいろなことにストレスを感じていたのも確か。
「こんなに頑張っているのに・・・」とか、
「私に断りもなく勝手にこんなことして・・・」とか、
ちょっと、イライラして被害者っぽい愚痴も出てきました。

なので、ちょっと目先を変えて、そんな考えは止めてみました。

誰かに嫌味を言われても、電車に乗り遅れても、
突然のどしゃぶりに傘がなくても、
「よしよし、今日は無礼講じゃ、私が認めたんだから、好きにしなさい」
と、思えば、その日に起こったことはすべて許せます。
だって、私が許可したのだから。

いろんな状況や、出来事の被害者ではいたくないし、
今まで教え込まれてきた道徳観念や、価値観にも引きづられないで、
ちょっと立ち止まってみようと思います。

もう、ジャッジを下すことより、「そうか、そうか、よしよし」と、
太っ腹に受け入れることを、心から試してみたくなったのです。

そして、今日はとんでもなく幸せを感じました。

特別にいいことがあったわけでもないけれど、
なぜか、『今日は無礼講だから、みなのもの、苦しゅうない・・・』
と思うと、ちょっとワクワクしてしまい、
何でも許せる懐の深くなった自分が、嬉しかったからでした。

これなら、明日も続けて『無礼講キャンペーン』ができそう。

あ、でも、これを読んだからって、私に「ディナーをおごって!」
って、たかりに来たって、それは無理だからね。
[PR]

by dewdrop3 | 2010-11-08 06:26 | 瞑想記録・瞑想会 | Comments(2)

曇のち晴れ・・・


昨日、義理母が裏庭の離れにお引越しされました。

今までは、家で一番日当たりのよいお部屋に住んでいたけれど、
お義母さんは、バスルームを使うと、半端でなく長い時間占拠するので、
家族も困っていたのです。

離れには、シャワーもトイレもあるから
お義母さんには、心置きなく一人で好きなだけバスルームを使ってもらえます。

今までどおり、食事は一緒だし、お風呂と寝る時以外は、
ずっと母屋にいるお義母さんだけれど、
お部屋を離れに移動したというだけで、
私の気持ちもずいぶん軽くなりました。

きっと同じ屋根の下にいると、オーラがどこかで交わって
不協和を生み出したりしたのかもしれません。

本当にスープの冷めない距離というのは、
もともと他人同士であった義理の関係や、新しい所帯をもった親子には一番だと、
ちゃんと過去の人々が経験を通して言った言葉だったんですね。

人の気配とか、殺気とか、実際に目に見えなくても
ちゃんと体の回りをおおっているオーラや、意思のこもった視線は、
周りの人にもものすごい影響を与えるのだから、
あまり気の合わない人だと、同じ部屋にいるだけで
気詰まりだったりします。

でも、お義母さんが離れに移ってくれたせいなのか、
今はちょっと優しい気持ちになれるのです。
私も心に余裕が出てきたみたい。

これで瞑想もまた再開できる~、かな。

今までは、姑が家にいると思うだけで、
何故か、気がどんより重く、こんな時こそ瞑想したい、と思いつつも
やはりうまく集中できなくて、自分の未熟さを思い知ったけど、
なんとなく、心も晴れてきました。

降り止まない雨はない、って本当ですね。
そして、明けない夜もない。

大変なことばかりじゃないよ、人生は。
そんなことをちょっと自分に言ってみたりして、
ひとりほくそ笑んでいます。

今夜はしっかり瞑想しようっと。
[PR]

by dewdrop3 | 2010-11-04 19:39 | 家族の話 | Comments(2)

ああ、そういえば・・・


先週の土曜日のなんちゃってオステオパスでのこと。
背中がぱんぱんに硬くなっていたわたし、
しっかり伸ばしてもらって、凝りもほぐれ
筋肉もやわらかくなりました。

「ひとりで筋肉の揉みほぐしや、運動ができない時は、
ホメオパシーのマグフォスがあるじゃない」と言われたものの、
「マグフォスは、一時帰国の時に、肩こりで苦しんでいた
日本の弟にあげてしまったんだわ」というわけで、
しばらくレメディーを摂っていませんでした。

そして、日本の出発当日、緊急入院中にいろいろな検査をされて、
ほとんどの検査結果で、異常なしだったけど、
ひとつだけ血液検査の結果で、注意されました。
「ポッタシウムの数値がすごく低い」と。

そして、病院でポッタシウムの錠剤をすぐに飲まされたのです。
ポッタシウムとはいったい何ぞや?
後から調べてみたら、英語のポッタシウムとは、『カリウム』のことでした。

そうか、私に足りなかったのは、カリウムだったのね。
それで、全てが府におちました。

ホメオパシー的にいえば、カリウムは神経がすり減った時に必要なものなのです。
筋肉など物理的な痛みにはマグフォス、精神にはカリフォス(ケーライフォス)、
と、私もおおざっぱに覚えていたのでした。

そこで、のぶちゃんがブログで親切に書いてくれた、
ティッシュソルトについての記事を見てみると・・・

精神的なもの、不安(具体的な心配事に起因し、一時的なもの) Kali Phos
怒りっぽい Kali Phos
ストレス(外部的な不安要因による一時的なもの) Kali Phos


やっぱり、全部当たっていたじゃないの。
だから身体の中のカリウムが足りなくなっていたのも頷けるわ。
自分では気づかなくても、知らない間に
気を使ったり、我慢したり、ストレスをためていたらしいから。

これからしばらくは、カリフォスとマグフォスのお世話になりそうです。




[PR]

by dewdrop3 | 2010-11-02 15:05 | 健康・美容の話 | Comments(4)