ただいまっ♪


シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれたライフスタイルを
by dewdrop3
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧


スピ話炸裂の日


今日はランチにはお寿司、夜は北京ダックと

なんと食に恵まれた一日だったこと!

でも、食だけでなくて、お話もすごく楽しくて

時間がどちらもあっという間に過ぎてしまいました。



スピリチュアル関係の話を始めたら

いくらでも話題が尽きない方たちと一緒のランチは、

子育てからモンロー研究所まで、

ストライクゾーンが広すぎ~、でも楽しい~。

危うく、子供のお迎えに間に合わなくなりそうなお友達がいて

冷や汗ものでした。



ディナーは昔、グループで瞑想などして集まっていた方たちとの

嬉しい再会でした。

5年以上会っていないお友達がいたり、

偶然にも枇杷ちゃんのお友達がいたり、

7時から閉店まで、笑いとマシンガントーク炸裂。



チャイニーズのレストランオーナーも途中で苦笑して

「喋ってばかりいないで食べなさい!」と言うほど…。

そうですね、美味しいものは食べ時があるものね。

はいはい、食べます。

そして、仕切りやのオーナーがほとんど強制的に選んだ食事は、

やはりとても美味しかったのでした。



しかも、お酒を飲まなかったせいか、

5人で北京ダックと他の料理も食べて、一人30ドルもしなかったなんて、

破格でしょ?

まあ、私は実はあまりダックとか好きじゃないんだけど、

皆、お会計の時、値段に驚愕と喜びが入り混じっていました。

このお店は、かなり使えそう~。

オーナーは仕切りたがるけど、食べ物は安くて美味しかったしね。


でもね、私だけ美味しいものを食べに出かけたわけではないのよ。

ちゃんとお夕飯を準備しましたとも。

今夜の家族のおかずは、いっちゃんの美味しい食卓から

「豚ひき肉と白菜のだし炒め」と「ぶりの照り焼き」、豪華でしょ?

だから家族も満足なはずよ。



というわけで、今日も一日ありがとう~。

愛と感謝…。
[PR]

by dewdrop3 | 2009-10-30 14:14 | 日々雑感 | Comments(0)

「ボナペティー!!」 ジュリー・アンド・ジュリア


昨日の枇杷ちゃんの誕生日前夜祭に引き続き、
今日は「映画とランチの集い」でお祝いしました。

ランチは枇杷ちゃんのリクエストで
美味しいけれど、学食のようなベトナム料理。
これは映画の上映時間が早くて、ゆっくりランチは無理という条件のため。
でも、本当に学食風だけど、味は美味しかったわ。

映画は「Julie and Julia」というお料理満載のストーリー。
アメリカの料理研究家ジュリア・チャイルドの豪快な人生と、
その50年後、自分を変えたいと悶々と願う女性ジュリーが
ジュリア・チャイルドの料理本の524レシピを1年で作るという、
料理ブログを立ち上げ、自分に課したプロジェクトをやり遂げる…、
そんな感動の実話でした。

当時、フランス駐在の夫についてパリで生活を始めたジュリア・チャイルド。
コルドンブルーでの料理修行の様子や、食べることが大好きな様子、
彼女の本当におおらかな性格には、思わず微笑んでしまいます。
メリル・ストリープの演技はちょっと大げさだったけど
それでも、多分実際のジュリア・チャイルドは
あんな人だったんだろうな、と思わせてくれます。

そして、現代女性でブロガーであるジュリーにもかなり共感でき、
ひと粒で二度美味しい、映画でした。

昨日の夜更かしがたたってか、
「おいおい、ここは笑うところでしょ」っていうシーンで
一瞬シエスタしていたバースデーガールが隣にいたけど、
皆の笑いですぐに目を覚ましてくれてよかったわ。

もちろん、その後に美味しいケーキを食べたのは言うまでもありません。
美味しい映画の後だし、何しろ枇杷ちゃんのお誕生日だもんね。
と、いうことで
「ボナペティー!」
[PR]

by dewdrop3 | 2009-10-28 13:41 | アートな話 | Comments(0)

枇杷ちゃん、誕生日前夜祭♪

明日は枇杷ちゃんのバースデー。
いつもお誕生日には、好きなレストランを指名して
一緒に食事に行くのだけれど、
今年の枇杷ちゃんは、私が絶賛する『仕出し弁当』を食べたいとのこと。

鶏肉が苦手な彼女のために「チキン抜き」をリクエストして、
「スマスマ」の中居君風に、
「オ~ダ~、仕出し弁当!チキン抜き~」を手配し、
枇杷ちゃん宅までお届けしました。

枇杷ちゃんのお友達と合計4人で頂いたけど、
これがもう本当にどのおかずも美味しかったのよ~。
別に私が作ったわけじゃないけど、
絶賛した手前、この日が美味しくなかったら…とチラッと心配したけど
そんなのは、杞憂に終わりました。
どのおかずも、いつもどおり超美味でした~。

皆がお料理教室に行きたい、とか
おせち料理はやってないの?絶対に頼みたい、とか
いろいろなリクエストがでたので、そちらも伺っておきましょう、
と、まるでMCになった私でした。

他のお友達が手配したシャンペンもケーキも秀逸で、みんな大感激!
とうとう枇杷ちゃんが、今日集まった誕生日という主旨を忘れてない?
と冗談でムッとするくらい、主役も含めて食べ物話で盛り上がりました。

まあ、いいじゃない。
美味しいことは幸せだもんね。
枇杷ちゃんの幸せを願うなら、美味しいものを沢山食べて
笑っていてもらわなくちゃ。
というわけで、枇杷ちゃん、お誕生日おめでとう~。
(派手にお祝いして、帰りは午前様でした・・・てへへ)
[PR]

by dewdrop3 | 2009-10-27 13:13 | 日々雑感 | Comments(0)

ハーバーブリッジでピクニック


今日は『ビッグ・ブレックファスト・オンザ・ブリッジ』の日。

ハーバーブリッジの上を通行止めにして、

芝生を張って(人工芝じゃなくて、生芝よ)ピクニックしよう、

という前代未聞の大企画。



6000人限定なので、応募者の中から抽選で参加者が決まります。

当選者はチケットが5枚もらえるけれど、

私も含めて友人6人が応募して、当たったのは一人だけ。

でも、ラッキーなことに当選したポージーは3人家族、

残りの2枚を我が家にどう?と誘ってくれたのです。



唯一の問題点は、朝6時半から8時半という開催時間。

ちょっと早すぎません?

一応ダンナにも「2枚しかないからリコと二人で行ったら?」と勧めたけど

「いや、寝てるから行って来たら」と辞退。

やった~、作戦成功! もっちろん私がリコと行きますとも!



我が家はハーバーブリッジに比較的近いからいいものの

遠くから来る人たちは、いったい何時に起きるのでしょう。

いや、私だってそんな早朝は苦手です。



でも、イベント好きの血が朝寝坊の血を勝って、

5時45分に起きて、支度をして6時半にブリッジの北側、

ミルソンズポイント駅に到着しました。



ポージー一家と落ち合った後、ブリッジ入り口まで歩くと、

途中で、「フリー・コーヒー」との掛け声。

しっかり無料のホットチョコレートをいただき、

のんびり歩きながらブリッジを渡ることに。



ひえ~、本当に芝生が敷いてあるよ!

そして牛までいるんですけど・・・。

もちろん、干草も。

ここはファームですか?の世界。



そしてブリッジの中央、オーストラリアの旗の下に座り

ピクニックの朝食開始~。

私はクリームチーズとスモークサーモンのベーグルを作り、

ポージーはキルシュやマフィンを焼いてきた。

すご~い、ゴージャスな朝食!

普段は普通のトーストなのに…。

でも、座るまでにたくさん歩いていたし、お腹もすいていたから、美味しい!



ボランティアの人たちが廻って、帽子やバッグをくれました。

それから、スポンサーの人たちも

りんごやヨーグルト、パンやジャムなどを配ってくれます。

最初は一組に一つとか言っていたジャムも、最後には一人一瓶くらいもらいました。



周りには、各テレビ局のヘリコプターがブンブン飛んでいて

ブリッジの上のピクニックの様子を映し出しています。

電車の乗客も、中から携帯やカメラで撮影しています。

ピクニックをしているだけなのに、

みんなに手を振って、気分はセレブ?

レッドカーペットのかわりに、グリーンカーペットのピクニックでした。

でも、何よりも素足でハーバーブリッジを歩いたり、ごろんと横になって空を見上げたり

そんなことがとっても嬉しい朝でした。
[PR]

by dewdrop3 | 2009-10-25 14:46 | 日々雑感 | Comments(0)

1週間の不在


新学期が始まって、月曜からみな学校に行くというのに

リコは、初日からバンドキャンプです。

今度は学校のコンサートバンドのキャンプなので、

オーボエとキャンプ用品を持っての参加です。



いいなあ、これって。

子供にとっては授業も受けなくていいし、音楽三昧じゃん。

スクールホリデーがもう一週間あるようなものよね。

でも、親にとってはちょっと心配かも。

バンドキャンプの間に遅れた一週間の授業の穴は

どうやって埋めてくれるのざます?って感じ。



でも、私はそういう教育ママではないので、

一週間くらい大丈夫。すぐ追いつけるよ。

バンドメンバー以外のクラスメートに

後からノート貸してもらえばいいでしょ、ってなもんです。



それよりも一週間もリコが家を空けるのは初めてなので、

家の中がシーンとして、淋しいことこの上ない。

彼女が大学生とかになって、家を離れたらこんな感じになるのね。



よかった、仕事をしていて…。

それから、友達もジャスパーもいてくれてよかったよ。

そうじゃなかったら、心にぽっかり穴があいちゃうかも。

でも、ちょっと心の準備をしておかなくちゃね。



そして、金曜日に家に帰ってきたリコ。

「あ~、やっぱり家はいいな~~」

「え、キャンプ楽しくなかったの?」

「楽しかったよ、もちろん。でも、設備がすごくミニマムで

シャワーもトイレも古くて汚いのよ」

「あ、そう。でもキャンプなんだから、あるだけいいんじゃない?

まさか、ファイブスターのキャンプだと思ったの?」



「そうじゃないけど、やっぱり自分のベッドとか、

自分ちのお風呂とか最高だよね、それに美味しい食事とか

やっぱりうちは一番だ~」



そうか、そうか、そんなに家が好きなのか。

ママの料理も美味しいよね。

子離れの心の準備は、もうちょっと先にしようっと。
[PR]

by dewdrop3 | 2009-10-23 14:44 | 家族の話 | Comments(0)

試験終了、瞑想三昧


サックスの試験前、ピアノ伴奏者との最後のリハーサルでは

「リコくらい、他の生徒も準備ができていたらいいのに、と思うよ」

と、先生に誉められたとか。

3つの言葉の効果か、リコも安心して試験に望めました。



備えあれば憂いなし…、

結果はちゃんとそれなりに満足のいくものでした。



その後は、目の炎症が両目に出てしまったジャスパーを

獣医さんに連れて行き、私は週末はお泊りに。



そう、瞑想の仲間とバルモラル・ビーチのお家に集まって

週末を瞑想三昧で過ごすのでした。

もちろん、楽しいおしゃべりも美味しいディナーもあるわよ。

楽しみ~!



リコは日曜は友達のバースデーで、室内ロッククライミング。

電車に乗って集合場所まで、一人で出かけられるようになりました。

親の出番はだんだん少なくなりますね。

よって、私も心置きなくお泊りできます。



快く出してくれたダンナよ、ありがとう!

ダンナも一人で好きなことができて、嬉しいのだろうか…。



とにかく、バルモラル・ビーチのお宅に夕方到着し

まずはお掃除から始めて、お茶・おしゃべり開始。

ディナーでは、パーティー用のお寿司を二おけも調達し、

デザートはフレンチ・パティセリで買ってきた『マカロン』各種。

満腹で瞑想したら、眠くなるんじゃないの、と思いつつ

みんな思い切り食べました。



そして、瞑想を始めたら、

スモークアラームというか火災報知機がピッピッと鳴り始めるわ

電源が飛ぶわ、電気系統に異常発生!

あ、もしかして・・・おばけちゃまの仕業ですか?



師匠いわく、そのようでした。

では、みんなで浮かばれない方々に上に行っていただくように

さらに一生懸命に瞑想…。



もう、すっかり大丈夫だと思ったのですが、

夜中に二階に寝た3人は、同じような時間に何者かに起こされたり

気配を感じたりしました。

師匠は悪夢で起こされた、と言うし

いったいどうなっていたのでしょう?

私も、「あ、何かいる感じ。目を開けたら見てしまうかも」

と思って、心の中でどうぞ浄化されますようにと念じました。



でも、もっと驚いたのが、一人だけ下の階で寝ていたMちゃん。

他のみんなが起こされている間も、悠然と朝まで爆睡していたのでした。

さすが! あなたは大物よ、Mちゃん。



そんなエピソードはあったものの、

瞑想もおしゃべりも、日曜の夕刻までしっかりできたし、

美味しいものもたくさん頂いて、本当に楽しい週末を過ごせました。

家に帰ったら、家族と美味しい肉じゃが・ご飯が待っていてくれました。

あ~、愛と感謝です。
[PR]

by dewdrop3 | 2009-10-18 14:43 | 日々雑感 | Comments(0)

忘れてほしくないこと


夕べの夢に出てきた大切なメッセージとは

3つのありました。



もう、いつも親が一緒にいて、リコを守るわけにはいきません。

彼女も、思春期の扉を開けて、

大人になる階段を登りはじめたのです。

だから、大変な時には、思い出して欲しいことを

今日は、しっかり伝えました。



一つ、物事には、すべて原因と結果があるということ。



二つ、他人や状況を変えることはできなくても、自分は変えられること。



三つ、何でも当たり前と思わずに感謝をすること。



リコがフラストレーションをためたのは、

ちゃんと計画立ててサックスの練習をしなかったのが原因。

だから、試験の一週間前になって小さなミスが続出した時に

パニックに陥るという結果になったのです。

すべては原因があっての結果です。



そして、二つ目。今の状況や、サックスの先生は変えられません。

先生は代わりに試験を受けてくれないし、

変わらなくてはいけないのは、リコ本人です。



それで、ノートに後一週間の音階練習や課題曲の練習用チャートを作り、

それに沿って毎日練習するように決めました。

今はもう辞めてしまったけれど、リコのピアノの先生が

ピアノのグレード試験の時に教えてくれた方法です。

これをサックスの試験でも同じように使って、

間違ったところだけ、繰り返し練習するようにしました。



三つ目は、リコがサックスを吹けるということだけでも

実はとてもすごいことだと考えてみて欲しい、ということです。

楽器を習いたくても、経済的に習えない子もいるだろうし、

音楽どころか、生きるだけで精いっぱいの人々も

世の中にはたくさんいるのです。

サックスを吹けるだけで、ありがたいことじゃないですか。



リコのかかえたフラストレーションなんて、

まったく大問題ではないのよ、

ということを、本人にわかってもらいたかったのです。



オペラハウスの対岸、シドニー湾の見える広々した場所で、

ランチをしながらリコにちゃんと話し、

レストランのテーブルで、練習用の予定表も作りました。

これで、もうサックスの試験くらいでパニックになって

切れることはないと思います。
[PR]

by dewdrop3 | 2009-10-12 14:42 | 家族の話 | Comments(0)

思春期の扉


ホリデー中のリコですが、ホリデー最後の土曜日に

サックスフォンの実技試験があります。

彼女のグレードの試験では、かなりの数の音階が含まれ、

あと、一週間という時に音階練習をしていた彼女が、

必ずどこかでつっかえてしまい、

最後はとうとう本人がぶち切れました。



いつも温厚な彼女が、すごくアップセットして

「もう、いやだ~!」と本を投げ、

「サックスなんて大嫌い、先生も何も手伝ってくれないし

もう、辞める!」と、ポロポロ泣き出しました。



こんな風に切れたのは、生まれて初めてかもしれません。

だから、私もちょっとびっくり!

でも、生理も始まりホルモンの関係もあるし、

とにかく思春期の一歩を踏み出すとどうなるか

他のおかあさん達からある程度聞いていたので、

「とうとうきたか・・・」という感じでした。



とりあえず、「わかった、わかった」と

自分の気持ちをどう扱っていいかわからなくて

泣いているリコを抱きしめました。





「でも、今辞めたら全部無駄になるし…」と

まだ、泣きつづけています。

「どんな経験も、何ひとつ無駄っていうことはないのよ」と言いつつ

サックスを投げなくて、よかった・・・と心でほっとして

落ち着いたら、リコとちゃんと話をしなくては…。



こういう話は、いつものダイニングでいつもの食事時にではなく

外で、オープンな雰囲気の場所で、じっくり彼女と話したい。

明日の日曜は、どこかのオープンカフェに出かける事に決めました。



すると、その夜、私はとても大切なメッセージを

夢で受け取ったのでした。
[PR]

by dewdrop3 | 2009-10-11 14:41 | 家族の話 | Comments(0)

ホメオパシーの効果


スクールホリデー中なので、お友達の家に遊びに行くという日、

あいにく始まってしまったリコの月のもの…。

女の子の運命なのよね、



でも、お腹が痛いらしく「ペインキラーをのんでもいい?」

と、聞いてくる。

「ちょっと待って、痛み止めは癖になっちゃうから

その前に、ホメオパシーのティッシュソルトで生理痛に効くのがあるか、

のぶちゃんのブログの過去記事を探してみるわ…

市販の痛み止めは、最後の最後の手段よ」



と、PCをオンにして『のぶちゃんのブログ』にいくと

なんと、最初のページに

『永久保存版、ホメオパシーのまとめ』がど~んと出てきた!

なにこれ、やった~!

のぶちゃん、わたしのためにアップしてくれたようなタイミングじゃない。



そして生理痛に聞くティッシュソルトもすぐ見つかった。

Mag-phos、マグネシウムのフォスね、あるある、家にあるよ。

リコに飲ませて、お泊りに持参する2日分を小箱に準備。

翌日、リコが電話で 

「すぐに痛くなくなっちゃったよ。マグフォスすごいね」

とのこと。



よかった~。

この話をホームスティーのCちゃんにしたら

「そういえば、先月から私も筋肉の凝りに効くと勧められて

マグフォス飲み始めたら、いつもは生理前に鈍痛が続くのに

今月は知らない間に生理が始まって、生理痛もなかったわ」だって。



恐るべしマグフォスの威力。

こんな小さなラムネ菓子みたいなものだけど

ちゃんと、効果は抜群なのね。



私もまじめに採って血液サラサラにしなくちゃ…。

それから、肌や爪、髪に効くティッシュソルトもね。

我が家では、ホメオパシーのティッシュソルトは手放せません。
[PR]

by dewdrop3 | 2009-10-09 14:39 | 健康・美容の話 | Comments(0)

リコ大活躍の一日


今日こそは、本当に長くなりすぎた
『ジャスパーの毛を切る』、というミッションを立てました。

前回、グルーマーに連れて行った時
3時間後に迎えに行くと、すごいストレスで下痢を起こし
病院に連れて行くほどだったので、
できれば、家に来てくれてカットをしてくれるグルーマーを
いろいろ探してみたけれど、なかなかそんな人はいません。

知り合いの人に聞いてみると
プードル系は一生毛を定期的にカットしないといけないから
グルーマーに触られてストレスを起こすような犬にしてはいけないのよ
と、言われました。

人に扱われるのに慣れさせるのは、オーナーのしつけ次第です、とも。
はい、そりゃ、バリカンで毛を刈られる時も
服を着せられる時も、おとなしくしている犬はいるでしょう。

でも、うちのジャスパーは大きな音は大嫌い、
人に手足を触られたり、ブラッシングされるのも好きじゃないのです。
うちは子供は子供らしく、犬は犬らしく育てることをモットーとしてるので?
犬に服も着せることもないし、かなり野生的な性格かもしれない・・・。

それで、前回でグルーマーに預けるのは懲りて
ずっと毛を伸ばしっぱなしにしたら、
本当にレゲエのような髪で、目もどこにあるのかわからない状態。
さすがにもう限界だ・・・ということで、
ペット用のはさみを買ってきました。

ジャスパーを高めのテーブルに乗せ、
私が餌を持って、「お座り」「待て」と言い抱きしめて
その間にリコがカットする、というチームプレー。

最初は抵抗していたけど、「何だ、痛くも怖くもないや」
と、思ってくれたらしく、最後のほうは割りと手入れしやすくなりました。
まだまだ顔周りのカットには抵抗しますが、
それでもちゃんと目が見えるようになって
すっきり、ハンサム君になりました。

すごい!リコちゃん、グルーマーさんになれるよ!
マミーは助手で押さえる役だけど。
そのうえ、今夜はディナーに「タイ・チキン」まで作ってくれちゃって
それは私も大好きなメニューで、超美味しかったのでした。

今、彼女はスクールホリデー中なので、
お出かけも多いけど、家にいる時はお手伝いもしてくれます。
本当に今日は大活躍の一日でした。

子供がすご~く成長したなあって、
あらためて感心させられた一日でした。
[PR]

by dewdrop3 | 2009-10-08 20:12 | 家族の話 | Comments(0)