ただいまっ♪


シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれたライフスタイルを
by dewdrop3
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


レイキ体験


レイキには、昔から関心がありました。
だって、祖母がよく私の腹痛や肩こりを「手の平療法?」で治してくれて、
手からエネルギーが出ていることは
何となく感覚として知っていたからでした。

でも、レイキは努力しなくてもアチューンメントを受けると
誰でも上と繋がるみたいよ、と聞くと
そんな都合のいいことある?と思っていたのです。

「おばあちゃんは、レイキを知っていたのかな・・・」。
ふと、そんなことを思いました。
神仏への信仰心が強かった祖母は
霊山といわれる所やお遍路さんやお参り、滝に打たれたりの
プチ修行のようなことは、よく行なっていたから
今で言うかなりスピリチュアルな人だったのです。
それで、私の腹痛も治ったのだと思っていました。

だからレイキの「アチューンメントを受ければ誰でもできます」
というコピーに、ちょっと「ン?」と思ったのは
どこかの新興宗教のように、
「仏像を買えば、もれなくご利益があります」的イージーなイメージを
受けてしまったせいなのかもしれません。

でも、実は私の大好きな友達や、信頼できる方たちが
レイキのマスターだったり、習っていたりして、
ちょっと今までの先入観を捨てて、体験してみようかな、
という気になり、行ってきました、レイキ体験会に。

そして蓋を開けてみると、これがびっくり、あらあら不思議・・・
水道水の味が変わってしまったのです。
まあ、こんなことは序の口でしょうが
実際に味わってみると、確かに違いがわかって不思議です。

私の手の平には、どっしり思いボールが乗っているような感覚。
そしてそのボールがグルグル廻っていたり
熱くピリピリ手の平を感じたり
まあ、何ということでしょう・・・。

何事も食わず嫌いはよくないというか、
頭ではなく、まずは試してみるのが大事ということですね。

体験後、日本の母に祖母の「手の平療法?」のことを聞くと
「おばあちゃんのは鞍馬山の系統のものらしいけど・・・」って
それってもしかしてやっぱりレイキ?
臼井先生の流れってこと?
でも、母は姑のことなので、それ以上詳しくは知りませんでした。

もし、元祖レイキの流れを受けたものなら、
おばあちゃんにしっかり習っておけばよかった。
先人の知恵というか、私にはすごい師匠がいたのに
おばあちゃん、今頃気付いてごめんね。
レイキかどうか知らないけど、おばあちゃんの「手の平療法?」のこと
とっても懐かしくて、もっと知りたいよ~。
[PR]

by dewdrop3 | 2009-07-20 20:37 | 健康・美容の話 | Comments(1)

ホ・オポノポノ

ホ・オポノポノのセミナーで習ったことを実践していると

いつの間にかインスピレーションが降りてくるようになっていました。



と、いっても「福は内療法」の瞑想でも

かなりいろいろなビジョンを見るようになっていたので

いつから、ということは気にしていなかったのですが・・・。

自分のインナーチャイルドに語りかけてみたのです。



まず、そのインナーチャイルドに名前を聞いたら

それは私の魂の名前だと思うのですが

ちゃんと答えてくれました。



それからは彼女を名前で呼んで

いろいろなことを聞いてみると、教えてくれるようになったのです。



私の友人たちにも、問題を抱えている人はいます。

愛を送ろうと思って瞑想すると

ある人の時には、私自身の喉が締め付けられるようになって

あ、この人は言いたいことが言えなくて苦しんでいるんだ。

とか、身体で感じるようになりました。

それで、またクリーニングをするわけですが、

新しい記憶、情報というのは次から次へと際限なく入ってきて

クリーニングし続けても、なかなかゼロにはなりません。



でも、曇ったガラスでは光は通らないから

空からの光を通したければ、きれいにガラスを磨いておかなくては・・・

ドクター・ヒューレンが、いつもいつも

独り言のようにブツブツ言いながら行ったり来たりして

クリーニングをしていた姿が思い出されます。



ホ・オポノポノを知ってしまったからには

私も一生クリーニング人生が続くんだ・・・。

掃除が苦手なわたしとしては、ちょっと苦しい作業かも。



でも、光をサーッと通すために

魂のおそうじ、続けてみます。
[PR]

by dewdrop3 | 2009-07-15 13:18 | 不思議な話 | Comments(0)

七夕

先日のブログに書いたように、今夜は満月の七夕でしたね。

シドニーはあいにく雨が降ったり止んだりでしたが

私は小雨の中に輝くお月様を

家族一緒に見ることができました。



たまたまリコのダンスの発表会の夜だったので

その帰りに車の中から、ものすごく美しい満月を眺めました。

ダンナには「月を見ながら、前方も見て安全運転でね」

と、無理な注文をしてしまったけど。



雲が多く小雨の夜空だからこそ

月の周りに虹のようにきれいな輪が光っていて

まるで月のオーラみたい…

本当に、幻想的なお月様でした。



そして、家に帰ってからも

またまたお月見…。

雲がぶ厚くなった時は、さすがに見えなくなったけど

それでも少しくらいの雲なら、強い光で透けて見える満月。

空が暗い分だけ、まるで太陽のように明るくて、

眩しいほどきれいでした。



月にたくさんお願いをして、

「あ~、こんな月夜は外で瞑想がしたいな…」と思ったわたし。



でも、雨と凍えるような寒さには勝てず、お月見瞑想は断念。

それでも、しっかりこの美しい満月を瞳に焼き付けておきました。



今夜の瞑想は、意識がすぐに宇宙に飛んでいきそうだな…。
[PR]

by dewdrop3 | 2009-07-07 21:31 | 日々雑感 | Comments(1)

『爆弾』 改め 『日焼けちゃん』

そう、今日は大変なことに気づきました。


気付かせてくれたのは、ヨガの師匠Nちゃんですが、

わたしの頭にできている脳動脈瘤のことを

「爆弾」を抱えている、とか「地雷」がある、なんて言っていたんです。



それは、細胞さんにとっては、とっても失礼なことでした。

だって、その原因を作ったのは、他ならぬこの私なのに、

まるで細胞が勝手に「爆弾」になって私を脅かすみたいな

そんな言い草はあんまりですよね。



細胞は毎日たくさん生まれ変わるし、

身体中のどんな組織の細胞も、再生して

どんどんきれいになる可能性はあるのだから

「爆弾」ではなく、せめて脳にできた「日焼けちゃん」くらいに

言うべきでしたね。



そう、「日焼けした肌」も、新しい皮膚がどんどん生まれ変わるたびに

少しずつ白くなり、元の肌の状態に戻りますよね。

そりゃ、年を取れば再生能力が落ちることはあるけど

それでも細胞は、常に生まれ変わっている生きものなのだから、

「地雷」みたいにずっと埋まって留まる物体じゃないのに。



脳血管の細胞さん、ごめんさない。

本当に失礼しました。



「爆弾」なんて呼んじゃったけど、

実は脳動脈瘤が見つかったことで

得られたものはとても多く、

本当は、すごく感謝しているのですよ。



私がちゃんと生きていくように

その戒めであったり、気付きであったり、新しい扉を開いてくれたり、

私のことを心配してくださった全ての人たちへの

感謝だったり・・・今、生きていることに対する喜びだったり。



「日焼けちゃん」のおかげで、

私の気持ちも生活もガラッと変わりました。



だから、もう少しだけ私と一緒にそこにいてくださいね。
[PR]

by dewdrop3 | 2009-07-04 22:18 | 健康・美容の話 | Comments(0)

今年の七夕はすごいらしいよ~


今年の七夕は、願い事を叶える大チャンスなんですって。
七夕といえば、年に一度、織姫とひこ星が会える日。
そして、短冊に願い事を書くと、
願いが叶うと言われますよね。

でも、今年の七夕の夜は、【満月】らしいのです。
七夕パワーと満月パワーが重なるということは、
願い事をするのに絶好のチャンスです!
こんな偶然は滅多にないそうで、
19年に一度くらいのチャンスだとか。

しかも!それだけではなくて
2009年7月は、月のパワーが爆発的に増大しているようです。
というのは、皆既日食が起こるから。
日食は、月が太陽の前を横切るために起こり、
太陽のパワーを、月が存分に吸収しているのです。
日食そのものは頻繁に起こるものの、
実際に観測できることは滅多にありません。

その状態の「満月」、そして七夕、
もう、どんな願いだって叶ってしまいそうでしょう!

ちなみに、21世紀中に、日食と七夕と満月が重なるのは・・・
2009年7月だけらしいです。
そうなると、私が生きている間には、二度と起こらない。
だから、このチャンスを見逃さないで
お願いしてみようと思います。

でも、何をお願いしようかというと
やっぱり家族や友人の健康と安全・・・かな。
月並みだけど、それが一番! 満月なだけに月並み?
って、『落ち』がついたところで
おそまつでした~^^(山田君、座布団取っちゃえ~)。

とにかく、皆さんもこのチャンスを見逃さないで
お月様にお願いしましょうね!
短冊に願い事を書くのも忘れないで。
[PR]

by dewdrop3 | 2009-07-01 21:19 | 不思議な話 | Comments(1)