ただいまっ♪


シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれたライフスタイルを
by dewdrop3
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:日々雑感( 147 )


爆笑・勘違い

哀しいかな、毎日働くと金曜には体力的にくたくたの私…。

もう若い時のようには、がんがん働けなくなっていますね。

あ~、明日から週末だ~♪ るんるん
と、いう想いで何とか金曜を乗りきってます。


でも、今日は特に新入りの子供さんたちがいたり、
かんしゃくを起こす子や、言うことをきかない子が続出…、

まるちゃんはまるちゃんで、部屋から何度も脱走するわ、
ただでさえ、疲れがピークの金曜に
今日は、昼過ぎにはマウント・エベレスト並みの超ピークに達してました。

でも、ガラス越しに見える子供用トイレで
パンツを下げて、おしり丸見え状態で用を足すわんぱく坊主の、
うしろ姿の可愛さ・・・。

そんなぷるぷるおしりをふと見たら、
もう、疲れが一気に吹っ飛ぶくらい、
爆笑してしまいました。


それは、先週の出来事・・・。


お友達と3人でお茶をした時、お姫さまキャラのMちゃまが

「私、山川豊や鳥羽一郎の「兄弟船」とか、大漁節とか、
なんか、はちまきして、ふんどし締めて~、とか
そういう男の世界が大好き!

実は今日は岸和田の『だんじり祭り』で、
なんか血が騒ぐんだよね。
あ~、今日は日本にいたかったな~。
ああいう男らしい勇ましい祭りとか大好きだもん」


と、姫キャラに似合わぬ、意外な発言。

へ~、聞いたことある~。
大阪の『だんじり祭り』ってすごく有名だよね


と、頷く私たちに、ひとしきり『だんじり祭り』を
熱~く語ってくれたのでした。

そして、そこで『早とちり半蔵』のNちゃまが、

そりゃ、壮観だろうね~。
すごい人数の男の人が、ふんどし姿で走るなんて…。


・・・え?・・・ 
だんじり祭りでふんどしは、はいてないけど…


ええ~、だって、だんじり祭りでしょ?
男の尻の祭り』って書くんじゃないの?


きゃ~、やだ~~~~!違うよ~~! 

『だんじり』はお神輿みたいな神聖なものなんだからぁ!

男性のお尻のダンジリ』じゃないの!


で、大爆笑の渦になったのでした。


でも、Mちゃまが、はちまきやふんどしが好きっていうから、
てっきり、そういうお祭りなのかと思ったわ
」というNちゃま。

「はだか祭り」と思ってた?



そんな会話があったものだから、
ぷるるんとした、かわいい3歳児のおしりを見て、

「あ~、かわいいお尻…」って思った時には、
頭の中に「男尻」の漢字二文字が、太文字で勝手に浮かんでしまい、
一人で激思い出し笑い…。

子供たちや、同僚が

「どうしたの? 何がそんなにおかしいの?
What’s so funny?」って聞くけど、

こんなの絶対に説明できっこな~い。

「なんでもない、ちょっと…、面白いこと思い出しただけ」

って、ごまかしたけど、涙流して笑ってた。

もう、男児のお尻をギャグにしたら、セクハラになっちゃうよ・・・。


それより、なんであの時、「男尻」が大きな太文字で
頭の中に浮かぶかな~。

もう、わたしは一生、かわいい赤ちゃんのおしりも、
神聖な「だんじり祭り」も、勘違いの「男尻」と、
1セットでしか思い出せないようになってしまったの~(涙)

あ~、これは絶対にNちゃまの大きな勘違いのせい。

そして、このブログを今読んだあなたも…、ふふふ…、

だんじり」を「男尻」と思い浮かべる人に、もうなってるわよ(爆)。


でも…!

この勘違いのおかげで、マウント・エベレスト級だった疲れが、
笑いの効用なのか、す~と楽になって、

就業時間まで持ちながらえたのでした。


いや~、めでたし、めでたし…。


って、Mちゃま、ごめん。あなたの神聖な「だんじりを…」、、、ププッ(爆)





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2011-10-14 18:39 | 日々雑感 | Comments(4)

ただいまっ♪

日本から戻ってきました~!
あ~あ、日本は本当に楽しかった~~~!

でも、昨日早朝シドニーに到着して、携帯電話のスイッチを入れ、
機内では眠れなかったのでゆっくり家で休もうと思っていたら、
友人から電話がかかり、
「昨日から入院しているの、
みほちゃん、帰って来るのを待っていたわ!」と、開口一番、衝撃の涙声。

「え~?!、いったいどうしたの?!」
と、すっかり眠気も吹き飛んでしまいました。

彼女がお腹の激痛と下痢で救急車で病院に運ばれたことなどを聞き、
とりあえず、入院中に必要なものを取りに、
まず病院で彼女の家の鍵をもらい、調達した物資を病院に届け、
夜は、学校のキャンプから戻るリコを迎えに行ったり、
なんだかんだと本当に慌しい帰国第一日目でした。

今日も病院に友人を訪れ、原因不明の腹痛の検査結果を聞きました。

風邪の時に服用した抗生物質が、体内の善玉菌までやっつけてしまい
腸内バランスが崩れてしまった結果だとわかり、
とりあえず命にかかわるような大病でないことにほっとし、
それで、やっと晴れてブログが更新できたというわけです。

日本の楽しい旅の思い出にひたる間もなく、
シドニーの現実にぐい~んと引き戻されてしまいましたが、
とにかく友達がたいしたことでなくて、本当によかったです。


さて、日本はと言えば、
初めてリコと一緒でないひとり帰省だったので、何だか不思議な感じでした。

結局、「あ、これは彼女が好きそうだわ」とか
リコのための買い物ばかりしていました。

でも、今回は本当に実り多き旅でした。

私にとっては何十年ぶりの再会、という同級生もいる久しぶりの同窓会、
台風12号の影響で『暴風警報』の出る中、
信州の白馬で関東組と中部組が合流しました。

夜中の2時に車で到着する男子(?)もいて、
明け方までおしゃべりに花が咲き、本当に懐かしくて楽しい週末でした。


そして、大好きなかっこちゃんこと、山元加津子さんの講演会に
今年も行くことができました。

週末は講演会で日本中を旅するかっこちゃん、偶然、隣の県での講演で、
それでも片道3時間かけて乗り継ぎ、単線の電車で、ひとり遠足気分。
たわわに実る稲穂を、風が撫でていく様子を車窓から観て感動してました。

いつも自然体なかっこちゃんのお話には、
何度も笑い、泣かされ、心が洗われるようでした。

その他にも、弟にナゴヤドームでの、中日-巨人戦に連れて行ってもらい、
応援団席で、大声でドラゴンズへ声援を送っていたのが、
なんだか、遠い日のデジャヴのよう。

応援歌もしっかり覚えていたのが、可笑しくて、
吹き出しそうになるほど笑いたい気持ちだったのに、
何故か目からは涙が出ていたり・・・。

本当に、過去の思い出街道を歩いているような、センチメンタルな旅でした。

高校の学園祭で喫茶店をした時、器用な祖父が特別に作ってくれた
木製のメニューボードを
「まだ家に置いてあるのよ」と、同級生が教えてくれた時も
当時の記憶と、大好きな祖父の顔が瞬時に浮かんで、ほろりん・・・。

国民年金事務所に行くように役所で言われ、出かけた時も
祖母が最後に入院していた病院の近くだと気づいて、
いつも私に似た看護婦さんを見るたび、シドニーの美保は元気かな、
と病室で言っていたらしい祖母を想い、うるうるしたり・・・。

なんだか、切なくて、胸がきゅんとなるような出来事ばかりでした。

もう、このまま日本に住んでしまいたい!
なんてふと思うこともありました。
シドニーにも、大好きで大切な人たちがたくさんいるのに・・・、

そんな時、シドニー到着早々、友人からのSOS!
本当に絶妙なタイミングで、ものごとは起こりますね。

それにしても、友人の病状が命に別状がなかったことに、
心から感謝です。

明日からは仕事も始まり、シドニーの日常へ戻ります。

思い出街道への旅の続きは、またいつか・・・。






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2011-09-15 22:10 | 日々雑感 | Comments(4)

明日は日本♪


私の予想通り、風邪だと思った喉の痛みや咳は、
やはり月曜の朝には、ほぼ完治。
しっかり仕事にもいってきました。

細胞さん、いつも本当にどうもありがとう~~!


そして、今日は仕事はすでにオフとなっているので、
荷造りと、留守中の買出し…を余裕でするはず、が・・・。

チャッツウッドでは、知り合いにばったり出会うこと2回。
ささっと買い物のはずが、つい長話になってしまいました。

メールをチェックすれば、お返事を書きたい人たちからのメールが
たくさんきていて、返信にもついつい熱が入る…。

かっこちゃんの合宿のお誘いのメールも。

今年は日程的に参加できないけれど、
日本にいる間に、かっこちゃんの講演会にでも行けるといいなあ。

そして、日本へ来月帰国されるお得意様が、
お土産にとソイキャンドルを買いに来てくださった。
まいどあり~!

最後は、夜、日本語を教えて欲しいという近所の生徒さんが来て、
1時間の授業。

よって、今も荷造りは、まだ終わらず…。

終わらずついでに、ブログまで書きはじめてしまったわ(笑)。
遠足の前日のように、ちょっと興奮しているのかもね。

でも、今回はひとり旅なので、
いつもよりリラックスしているつもり。
私だけの荷物でいいし、忘れものがあったとしても何とでもなるもの。

リコのうらやましそうな表情を横目で見ながら、
でも、今年は仕方ないね。

ママだって淋しいよ。
リコが生まれてからは、いつも一緒に帰っていたのに、
今回は初めてひとりなんて…。

毎日のように二人で食べていた「青木のみたらし団子」を
「おいし~~~ね~~!」、
「ま~い~う~!」
と、言い合う相手がいないなんて、淋しすぎる。


さっき、名古屋の明日のお天気をチェックしたら、
最高気温が、35度だって。

九州や沖縄よりも、どこよりも日本一、高かったわ…。
いったい、どんなところよ…(爆)。

でも、明日からいよいよ日本…、
暑くても楽しんできま~す♪





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2011-08-30 23:17 | 日々雑感 | Comments(2)

てんつくウーマンへ…

あ~、とうとう「てんつくマン」のイベントが
終わってしまいました。

実際にお会いした彼は、想像以上にパワフルで、でも繊細で、
本当におもろくて愛にあふれた方でした。

それは、彼が子供や少年たちにかける言葉の端々に感じられたし、
まきちゃまがブログで、とても素敵な文章にしてくれたので、是非どうぞ。

私の友人が当日書き下ろしの抽選に当選し、
てんつくマンに書き下ろしてもらい、
その言葉を彼が読んだ時、急にわっと泣きだしてしまいました。

てんつくマンの言葉が、彼女の心の一番奥を揺さぶったのです。

彼女に今必要な言葉だからこそ、彼女が選ばれたんだ…

本当に全ては起こるべくして起こっているんだなあ、と感じました。

生てんつくマンのお話は、本当に会場に来てくださった方たちを
多かれ少なかれ変えてしまったことと思います。

でも、彼のことはYoutubeや、彼のブログなどでも垣間見ることができるので、
今しばらくはそちらにお任せするとして…。
(本当は、うまく言葉にして説明できないの、嬉しくて、胸がいっぱいで)


今日、私が触れたいのは、私の大切なお友達の「てんつくウーマン」こと、
Yさんのお話です。

2年ほど前、彼女に「ねえ、これ観て、絶対に最後まで観て」と、
半分強制的に「てんつくマン」の講演の様子を見せられ、
それから、私も彼女と同じように
彼に影響を受けるようになったけれど、
まさか、本当にシドニーに来てくれるなんて…。

Yちゃん、てんつくマンを呼んでくれてありがとう~!
そして、本当にお疲れさまでした。

たったひとりの、「この人に直接会ってお話を聞きたい」という、
Yちゃんのただ子供のような想いから全てが始まったことに、
感動を覚えます。

事務所とのやりとり、集客やチケット販売、会場選びなど、
わくわくするだけではすまない雑多な準備を含めて、
本当に頑張っていました。

私は彼女を「てんつくウーマン」と秘かによびます。

だって、本当に楽しいことを楽しみながら企画する、のが彼女のモットーだから
どうしても「てんつくマン」自身と、キャラが重なってしまうのです。

こんなに大役をこなしておきながら、それを自慢するでもなく
大変なことを愚痴るでもなく…

本当にわたしはあなたをとっても誇りに思うし、
友達でいられて、ものすごく光栄だよ~。

私が一番自慢できる宝ものは、やっぱりお友達…。
Y さんだけでなく、出会えたことに感謝できるお友達って素晴らしい。

これは家が火事になっても無くならない、
誰も私から奪えない宝ものよね。

そして、今回Yさんを一緒にサポートできた仲間たち、
会場に来てくれたお友達、
みんなに心からの感謝を捧げたいです。

一緒に「てんつくマン」の感動をシェアできて、
本当に嬉しかったよ♪ 
どうもありがとう~!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2011-08-16 21:04 | 日々雑感 | Comments(0)

森本順子さんの「My Hiroshima」

66年前の8月6日、広島に原爆が投下されました。

その広島で被爆をされ、現在はシドニー在住の絵本作家、
森本順子さんをお招きして、昨日「平和セミナー」が行なわれました。

著書の「My Hiroshima」は、海外で高い評価を受けてきましたが、
今年、日本語も併記された改訂版、「わたしの広島」として再版されました。

この絵本「My Hiroshima」のイラスト・スライドと語り…

英語と日本語、そして弦楽器を交えての
それは、素晴らしいストーリー・テリングで、
みなさん、絵本の世界へ一気に引き込まれてしまいました。

それは、想像を絶するとても辛い出来事…。
戦争が終わって、「平和」を実感できた様子が
救いではありました…。

でも、黒い雨に打たれたり、
終戦を迎えても、被爆をされた方は、体調を崩すたびに
「これは放射能のせい?」と、今でもその影に怯えるのです。

順子さんが当時の様子や、原爆体験後のことを、
淡々とウィットも含んでお話してくださいました。

そして、絵本を通じて平和のための強いメッセージ…

もっともっと多くの方々に観ていただきたい、
とても素晴らしいセミナーでした。



わたしの作ったソイ・キャンドルたちも、
舞台上に整列して、平和の灯りを灯させていただくことができました。

私たちが未来のために、本当に平和な世の中を残してあげなくて、
誰が『子供たちを愛している』と、胸を張って言えるでしょうか…。


今、できることをしなくては、
子供たちに残してあげられる未来は変わりません。

心に響く言葉の中で、あらためて私もそう感じました。









☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2011-08-07 11:21 | 日々雑感 | Comments(2)

てんつくマン、オーストラリア上陸!

(以下、今日のてんつくマンのメルマガより抜粋)

オーストラリアのブリスベンの空港からゴールドコーストのホテルに向かう電車の中からワンダフルアフタヌーン!

着いたよ!オーストラリア!

冬だと聞いていたけど、春ぐらいの感じ。

ぽかぽか最高の季節やで~。

オートラリアと日本は一時間しか時差が違わないのかな?

こっちが12時なら日本は11時。

ほんま?

さて、事務所から空港に着いたら電車があるので

「ゴールドコーストまでチケットを一枚下さい」

って言えば行けると聞き

「えきすきゅーずみー ごーるどこーすと わん ちけっと ぷりーず」

とむちゃくちゃな単語で伝えたら

どうやらチケット売り場の50歳前ぐらいの素敵なねえさんは

「ゴールドコーストのなに駅に行きたいの?」って行ってるみたいだ。

電車の一覧表を見たら確かにGOID COASTっていう駅はない。

そこで、ホテル名を伝えたらチケットを売ってくれた。

しかし、その降りる駅が聞き取れない。

というわけでとりあえず電車に乗ってみた。

後は乗客に聞くしかない。

とりあえず聞いてみた。

すると

「Helensvale」というところらしい。

たどり着けるのか~。

19歳の時に一人で来たオーストラリア。

と景色が違って見える。

少しだけ成長しかのかもな。

というかしとけよって感じやね。

19歳の時、今の自分なんかまったく想像出来なかった。

まず、吉本に入れるかどうかも分かってなかったしね~。

あれからいつのまにか25年もたったなんて信じられんわ。

月日はたったの~。

この25年間、振り返ってみるとほんまにおもろかった。

考えてみたらほとんどが予想外やな~。

吉本に入れたこと。

テレビに出れてラジオではレギュラー番組も持てたこと。

アイドルや女優さんやモデルさんとつきあえたこと。

映画の世界に魅了されること。

吉本を辞めたこと。

二日連続交通事故に遭ったこと。

自殺したいと思ったこと。

事務所が火事になったこと。

映画が撮影二日前に無期延期になったこと。

借金が800万円出来たこと。

言葉が降ってきてこと。

路上に座って筆と墨で言葉を書くこと。

それが大ブレークしたこと。

本が出せたこと。

百貨店で個展が出来たこと。

借金の800万円が返済出来て6000万円集まったこと。

自転車で日本一周したこと。

車もあわせて日本を四周したこと。

ドキュメンタリー映画に変わったこと。

アフガニスタンに行ったこと。

イランの大震災で復興支援に行ったこと。

NGOを作ったこと。

映画がヒットしたこと。

カンボジアにほれたこと。

カンボジアの子どもを日本に呼んだこと。

飛行機をチャーターして中国で植林をしたこと。

それがブラジル、南アフリカ、日本でひろがったこと。

小豆島に事務所を移したこと。

日本の山の手入れを始めたこと。

東日本大震災が起こったこと。

事務所ごと北海道の洞爺湖にうつしたこと。

こうやって書いてみると全部、予想出来ませんでした。

つまり、未来はまったく分からんってことやねん。

だから、どうなるか分からん未来を考えて不安になる時間なんてもったいないことってこと。

未来は今の気持ちが創ってる。

だから、今の状況や現状にとらわれず、未来を描き、気持ちを高めよう。

それが現実になるかどうかなんてまったくわからん。

ただ、めっちゃシンプルに楽しみながら、

自分も嬉しい

周りも嬉しい

未来の子どもも嬉しい

っていう三つの喜びが重なるプロジェクトはうまく行くと思うよ。

人のアドバイスを聞くことはめっちゃ大事。

でもな、絶対に最後には目を閉じ、耳をふさぎ、自分の心の声を聞いて、その心で一つ一つを決めていくんやで。

それが正しいかまちがいか?

それ、全部、正しいに決まってるやろ。

だって、人間の目標は楽しみながら成長すること。

違う言い方でいうと魂を磨くこと。

すべての体験は魂を磨くことになる。

だから、あれは正しいの?これはまちがいなの?って考えるより、やっちまえ。

そして、その課程や結果と向き合いながらとことん学んで、さらに楽しい未来にしようや。

なんだかんだでホテルに着いた~

「なんとかなるね」

------------------------------------------------

てんつくマン、ゴールドコーストの後はいよいよシドニーだよ。

まだチケットをゲットされていない方は、
明日、キャメレーの土曜校にて11時半から販売します。

また、姉川商店 (アーターモン)、 カラオケボックス、
エコーポイント、 トラベル&トラベル(市内)、 
夢屋(クローズネスト)、ラッキーマート(アーターモン) でも購入できます。

オンラインでの購入ご希望の方は、こちらからどうぞ
http://tentsuku-event-sydney.jimdo.com/チケット購入方法/


あ~、楽しみだ~!





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2011-08-05 15:42 | 日々雑感 | Comments(0)

てんつくマンとシドニー・イベント

『日本を中心に世界を元気にしていこう』と
「メイク・ザ・へブン」のNPOを立ち上げ、
精力的に活動をしているてんつくマンですが、
彼のことを知らなくてネット検索され、
よくない噂を目にされた方もおられると思います。

その噂とは、ネットワークビジネスがらみ、宗教などについて。

匿名投稿など、自分の言葉に責任を持たない人達から
発信されたものがほとんどのようです。

シドニーでのてんつくマン・イベントを行なっている
『クリキンディーと仲間たち』も、
その点については、あらかじめ噂があることを承知した上で、
てんつくマンはやはり『愛の人』であると判断し、お呼びしたのです。

まずは、てんつくマン自身の言葉をお読みください。
http://maketheheaven.com/egao/?page_id=1715

彼は、自然エネルギーを推進し、日本の送電線の国有化運動や、
放射能で汚染された土地や水をクリーンにする実験、

故郷に住めなくなった東北の被災者の方たちが移住できるように
北海道の洞爺湖周辺での理想的な街作り…、

「そんな夢のような話」で一笑されるかもしれないようなことを
動けば変わる』、『一人ひとりの力は微力でも、決して無力じゃない
などの信念から、先頭を切って実行しています。

今まで日本の国民は、政府やメディアの情報を鵜呑みにして、
誰も根本からきちんと調べていなかったことから、
わからないまま踊らされていた…

だけど、これからは、皆がちゃんといろいろな情報を吟味して
自分で判断し、行動を起こしていこう。

だから、てんつくマン自身が言っている内容も、頭から信じないで
まず自分できちんと調べて、納得してから応援してよ。
と、彼自身が言っています。

何を信じて、どう判断するか、
噂や人の意見に惑わされずに、自分自身で判断すること。

他人や国にまかせっきりにしたり、惑わされるのではなく、
自分の生き方に責任を持つこと。

私もそんなてんつくマンを、自分自身の判断から応援したいと思いました。

みなさんも、是非ご自分で判断してみてください。

そのうえで、会場でお会いできるのを楽しみにしています。

てんつくマン・シドニーでのイベントの詳細です。
http://tentsuku-event-sydney.jimdo.com/









☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2011-07-21 11:10 | 日々雑感 | Comments(2)

おめでとう!なでしこジャパン!!

女子サッカーのワールドカップの決勝戦、
サッカー好きなダンナから、
日本女子チームの活躍の様子は聞いていました。

強豪ドイツを破り、スウェーデンにも勝ったと。
でも、今まで試合を観戦することはありませんでした。

ただし、今朝は世界ランキング1位、
そして日本の対戦成績23敗0勝のUSAとの決勝戦ということで、
早朝から、日本の応援をしようと、観戦していたら、
これが本当に手に汗握る良い試合でした。

アメリカは強かった、
パワーとスピードも勝っていた…。

でも、なでしこ達はアメリカに先制されても、あせらず粘って追い付き、
2対2の同点に持ち込んで、
最後はPK戦で勝利を決めました。

開催国のドイツを破った日本の決勝戦を
多くの観衆も応援してくれていました。

それが感じられて、とても嬉しかったです。

先制されても巻き返す日本人の粘り強さ、精神力の強さを、
オーストラリアの解説者も日本での震災にも触れ、指摘していました。

この勝利が日本に明るいニュースと
希望をもたらしてくれるであろうことも…。

身体も小さい日本人が大きな西洋勢と対戦し、
技術と努力と精神力で互角に戦うどころか、優勝までできたことで、
本当にたくさんの勇気と元気を与えてくれました。


佐々木監督のインタビューの謙虚な応えも素晴らしい:

―監督は「日本の国民のために勝つことが大切だ」と言っていた。
優勝はどんな意味がある?

 優勝は日本の皆さんによる熱い声援のおかげと感謝しています。
わたしたちは皆さんからパワーをもらいました。
団結することの大切さを教えていただきました。

まだまだ力不足でしたが、決勝の舞台に立たせてもらって、
チャンピオンにまでさせてもらった。日本の皆さんに感謝します。

また、ドイツはW杯開催国として素晴らしかったと思います。
サッカー大国だけあって、いつも満員、大声援。
ドイツ国民からもパワーをいただいたと思っています。



パワーをいただいたのは、私たちだよ。

ありがとう、なでしこジャパン!

そして、初めての決勝進出での初優勝、本当におめでとう!!
君たちは、本当に世界一だよ~。









☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、ナチュラル・キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2011-07-18 08:23 | 日々雑感 | Comments(2)

ガールズ・ナイト


夕べはお友達のバースデーとハウスウォーミングをかねて、
友人宅にて、お家ディナーとおしゃべり…。

子供たちがいないことをいいことに
時間も忘れて、夜中の3時過ぎまで、
話す話す…。

もともと大好きなお友達だったけれど、
彼女たちの人生や、想いを知れば知るほど、
もっともっと大好きになりました。

みんな知らなければ、何の苦労もなく
普通に生活している綺麗な奥さまたち、と思われているはず、
でも、それぞれ大変な想いを経験し、それらを乗り越えて、
ますます輝いている…。

みんなを巡り合わせてくれた、シドニーにもお礼を言いたい気分。

そして、こうしておしゃべりできる機会が持てたことに
とても感謝です。


だって、知らなければ、
こんなに共感できることもなかっただろうし、
これからだんだん手が離れていく子供たちが、家を出た後も、
こうして一緒に年齢を重ねていける女友達がいるのっていいなあ…
って、しみじみ思えたから。

それにしても、まさか9時間も食べて飲み、おしゃべりしていたなんて、
気がつかなかった自分にあきれつつ…。
でも、たまにはいいよね。

私は自分の未来も、彼女たちの未来も
とても楽しみです…。

この街には、私の大好きな人達がたくさんいます。
物価も高くなって住みにくくはなったけれど、
そんなシドニーがまた好きになりました。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2011-07-10 17:21 | 日々雑感 | Comments(1)

テレビ番組に初投票

私はテレビをほとんど観ないし、
特にいつもなら絶対に観ない番組だけれど、
リコと同じスクール・バンドの先輩が、
TVのアイドル・サーチ番組に出演しているので
私も予選の時から、彼が出ている時だけ観はじめました。

『Australia’s Got Talent』というチャンネル7の番組に
出演しているLiam Burrow君は、17歳のベビー・フェイス。

でも、ジャズやスイングなど、フランク・シナトラや
マイケル・ブーブレが歌うようなタイプの歌を、
それは感動的に歌うのです。

日本で言うなら欽ちゃんの『スター誕生』みたいな番組?(古すぎ!)
でも、プロの歌手というのは、歌が上手いだけでなく、
それプラス、カリスマ性とか、きらりと光る魅力がなくては、
かなり難しい道のりだと思います。

リコの通うハイスクールは、音楽が強いのですが、
彼が全国ネットのテレビで出るとは知らず、
学校のターム毎のコンサートで、リコが入っていたジャズバンドの演奏の時に
楽器を弾くだけでなく、歌がめちゃくちゃ上手な子がいると思っていました。

学校のミュージカルにも主演したり、本当に聴かせる歌なので、
いつもミュージック・ナイトの時には楽しませてもらいましたが、
夢が本物の歌手になることとは知りませんでした。

彼はもうイヤー12(高校3年生)で、進路を決めている時期ですが、
音大進学を狙っているのかと思えば、
アイドル・サーチ番組にも出ていたのです。
まあ、近道と言えば近道ですからね、デビューの。

でも、セントラルコーストから片道1時間半の道のりを、6年も通学し、
3つのスクールバンドに所属して、それらの朝練までこなしているのだから、
音楽に対する情熱や、根性は並大抵ではないはずです。

だから、私は彼の夢を応援したくて、
初めて携帯電話で、メール投票までしてしまいました。
プロの歌手になるのが彼の夢ならば、是非とも叶ってほしいから…。

オーストラリア在住の皆さん、是非とも彼の歌を聴いてみてください。

来週の火曜日の7時半には、歌手部門で残れるかどうか、結果がわかります。
シドニーのチャンネル7です。

リコがハイスクールに入ってから、学校で彼の歌を何度も聴いて、
知っているというそれだけで、彼の将来について
何故か自分の子供のことのように、ドキドキしてしまうのでした。

でも、しっかり応援するからね~!




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、ナチュラル・キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2011-06-21 20:54 | 日々雑感 | Comments(4)