ただいまっ♪


シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれたライフスタイルを
by dewdrop3
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:日々雑感( 147 )


洞窟探検隊

オーストラリアは、今イースターホリデーの連休中です。

イースターを皮切りに、子供たちの秋のスクールホリデーも始まり、
金曜と土曜の2日は、
田舎にお引越しをした友人宅を家族で訪ねました。

ナショナルパーク並みにブッシュランドがある、半端なく広い敷地。

そのブッシュは「クラウン・ランド」と呼ばれ、
アボリジニのペインティングのある洞窟がある!とのこと。

これはもう何としても、その洞窟を見つけたい!

最初はブッシュウォーキング程度で
小さな子供たちも軽装でぞろぞろ出かけたけれど、とんでもない。

日も暮れかかったので、谷を下る前に帰りました。

ブッシュを甘く見てはいけない、ということで
その日私だけがお泊まりし、
翌日は仕切りなおして、ちゃんとした装備で再チャレンジ。

その日の夜は、しっかりレムリアン・シード・クリスタルで
宇宙瞑想もしました。

満月で空が異様に明るく、
星はたくさん見えませんでしたが、
とても神秘的な夜でした。

この瞑想も、本当に気持ちよくて、
ぐ~っすり眼れました。

夜中に明るい光がパパッと横切ったのを感じたけれど、
眠気が勝って、その正体はつかめず・・・。

でも、誰が出てきても不思議ではない、そんな森の中の家です。

翌日、道なき場所にある洞窟を探しまわるために、
友人のご主人が小さなのこぎりやナイフを持って
先頭に立ち、探検隊は出発しました。

こういう時にターザンみたいなダンナさんがいると心強いな~。

谷へ降りていく山の中腹に、岩肌の洞窟は数箇所ありました。

でも、中へ入って探しても、アボリジニのペインティングは発見できず…。

残念…、それはまたのお楽しみ~かな。

それにしても、ちくちく刺すよう葉っぱの木がたくさんあって、
通り抜ける度に「痛、いたた・・・」。

友人の子供はおなかにチクチクのトゲが刺さって
ターザン・パパに取って貰っていました。

実は、私も休憩中に座った岩の上に、チクチクする葉っぱがあって、
そのトゲがジーンズを通り抜け、お尻の柔らかい皮膚にチクリ・・・。

でも、こればっかりは誰かに「トゲ取って!」と頼むわけにもいかず、
人知れず、そのままそ知らぬ振りして帰りましたとも。

でも、こうしてPCの前に座っていると、
たま~にチクリ、と小さなトゲの存在が感じられます。

いつか、身体の中の酵素が自然に分解してくれるでしょう。

洞窟探検の成果は、お尻のトゲ!という
ちょっとトホホな結末だったけど、

そんなに簡単に見つかっては
聖なるアボリジニの壁画に申し訳がたたない。


ということで、発見するまでは
しばらくこの楽しい宝探しに友人宅に通いつめてしまいそうです♪








☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2012-04-09 10:22 | 日々雑感 | Comments(2)

『アース・アワー2012』

毎年3月の最終土曜日は、『Earth Hour』が行なわれます。

夜8時30分から、60分間、電気を消して地球環境のことを考える・・・。

ハーバーブリッジも電気が消える、このアースアワーは、

オーストラリアで始まりました。

今では、135ヶ国にも拡がっています。



皆さん、ただ電気を消すだけでなく、

事前にちゃんと登録しておくと、

どれだけのエネルギーがセーブできたか調査できるので

是非とも、レジスターするのをお忘れなく!



オーストラリアの方はこちら日本の方はこちらです。



それぞれの国で、3月31日の夜、8時半に電気が消える地球の様子を

宇宙から見ていると想像してみて・・・、

東から、次々に暗くなっていく部分が移動していくのは、

メキシカン・ウェーブみたいで

きれいだろうな・・・。



たとえ60分だけのことでも、みんなが参加したら

どれだけの違いになるのか、

絶対に何もしないよりはいいに決まっているもの。



私はもちろん、自分の作ったソイ・キャンドルを

家中にいっぱい灯して、香りも一緒に楽しみます。


そして、私のヒマラヤン・クリスタル・ソルトに

ティーライト・キャンドルを灯すと、

楕円形のオレンジ色に輝く、わたしだけの惑星になります。

そして、その瞬間、私は宇宙に旅する気分・・・。



いろんな楽しみ方がある『Earth Hour 2012』、

どうぞ、みなさんのご協力を宜しくお願いします♪


b0189862_19394452.jpg






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2012-03-26 18:15 | 日々雑感 | Comments(0)

交換留学生、来たる

リコのハイスクールの姉妹校である日本の高校から、
1週間だけ女子学生が二人、我が家に滞在していました。

私が日本語を話したのでは、
せっかくオーストラリアに来ているのに、英語の勉強にならないので
日本語は一切、使わず
リコと話すのも、すべて英語オンリーにしました。

学生さんたちには、自己紹介も名前は日本語名だけれど、
英語しか話しません、と伝えました。

なんだか、中国人になりすました日本人スパイの気分(大げさ…)。


でも、意識して話す時はいいのだけれど、
つい、「リコちゃん」と娘を呼びかけそうになったり、

彼女たちが日本語で会話をしている時に、
「そうだよね~」とか、合いの手をいれそうになったり、
日本語をずっと話さないのも結構大変・・・。


他のホストファミリーの方たちと、
ステーキを自分たちで焼いて食べる、レストランにお出かけし、
その後、ハーバーブリッジやオペラハウスの夜景を鑑賞したり、
ビーチでピクニックや、観光に出かけたり、
学校が終わってからも、なんだかんだと忙しい毎日でした。

でも、彼女たちの笑顔が弾けて、一番輝いていたのは、
Manly Beachで、波と戯れたり
砂の彫刻を作ったりしている時。

1週間の短い滞在で、
いろいろ見せてあげたいと思ったけれど、

やっぱり、オーストラリアの大自然が
何よりも一番いいお役目をしてくれました。






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2012-03-23 13:24 | 日々雑感 | Comments(0)

お誕生日、おめでとう!

昨日は、大切なお友達、ゆりちゃんのビッグ・パーティーがありました。

「来てよかった~!」と、皆さんが心から思ってくださる、
あたたかいハート・ウォーミングな集まりにしたい、という
ゆりちゃんのご要望に沿うよう、友人4人で企画をしたのです。

顔の広い彼女のこと、100名以上のお客様が来てくださって、
普段、こういうイベントを仕切るのは、ゆりちゃんの本業なんだけれど、
今回ばかりは、彼女が主役なので、希望だけ聞いて、
つまずきながら、何とか行なった感じでした。

もともとパーティーの主旨は、誕生会というよりは、
実はサプライズで、ゆりちゃんが結婚15周年記念の今、
普段ちゃんと言えていない、ご主人への感謝の気持ちや愛の言葉を、
大切な人たちの前でちゃんと伝えたい、というもの・・・。

自分の家族も財産も国も捨てて、
ゆりちゃんと結婚するために
フィリピンから、バックパックひとつでやってきたご主人。

そんな想いを聞いたら、一肌も二肌も脱がないわけにはいかないわ。

そして、ゆりちゃんのお母さまや、
お料理を担当すると、自ら名乗りを上げて下さった
「湯島食堂」本道佳子さんと、パティシエの深沢大輝さんも、
日本からわざわざ来てくださいました。


木曜には、「国境なき料理団」のお料理教室も開催されて、
これも定員を上回るほど大盛況。


パーティー当日も、こちらの不手際があったにもかかわらず、
ヒーリング料理人たちから、次々と生み出されるお料理の数々は、
本当にミラクルを見ているようでした。


そして、バースデーガールである、ゆりちゃんのスピーチや
ゆりちゃんの子供たち、お母さまのスピーチにも、大感動~(号泣)。

もう、この家族、本当に素敵すぎ~!
赤い眼をして、うるうるの人が続出でした・・・。


お帰りになる皆さんに、「本当に素敵なパーティーだったね!」、
「すっごく幸せな気持ちになれたよ」
の、お言葉をいただきました。

まさに、感動的なお料理とスピーチのおかげです…!


そして、キッチンの中で働きづめだった
ヘルプの方々にも、心から感謝の気持ちでいっぱいです。

多くの人たちの助けがなければ、
昨日のビッグ・イベントを終えることはできませんでした。

本当にありがとうございました。

おかげですばらしい時間を、
ゆりちゃんの大切な方たちと、ご一緒することができました。


最後にゆりちゃん、

あなたに出会えたことは、私の一生の宝となっています。

これからも、楽しいこと、わくわくすることを
おばあちゃんになっても一緒にしていこうね♪

Love

みぽりん XXX






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2012-03-19 22:10 | 日々雑感 | Comments(1)

日本の震災から1年・・・

数日前から風邪を引いて、
めずらしくおとなしくしているわたし。

風邪なんて、子供たちからしょっ中もらうので、
移っても2日くらいで、仕事も休まずになんとか治しちゃうのですが、
今回は、ちょっとしつこいタイプ。

でも、おかげでベッドの中で、身体が痛くなるほど休んでいます。

こんな『一回休み』の時間も、今の私には必要だったのかもね。

何しろ、今年は年明けから、飛ばし過ぎだったから・・・。



そして、今日は東日本大震災が起きて1年となる日。

オーストラリアでも、特番が放映されたり、注目度はとても大きいです。


私も2時から瞑想をします。

きっと多くの方たちも同じ時間に瞑想や黙祷をされると思うので、
共鳴するエネルギーの大きなフィールドが地球全体にできることでしょう。


そして、それから屋久島からいたしたピアニストのコンサートへでかけるつもり。

そこでも追悼の曲などが演奏されるとのこと。

多くの命が奪われた、未曾有の天災と、そして原発事故・・・。


これから私たちがすべきことは、
起きてしまったことから学んで前に進むこと。

亡くなった命も、流した涙も無駄にはできません。


1年前の出来事によって、傷ついたすべての人、すべてのものに
祈りを捧げます。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2012-03-11 09:43 | 日々雑感 | Comments(0)

かけがえのない時間

2012年になって1週間、
なんか最近、感情のフィルターがなくなってしまったような感じです。

まず、年明けの花火からして、
大晦日の瞑想の後だったので、五感というか六感まで
体中の知覚や細胞に到る全ての感覚がものすごく微細に感じられ、

そんな時に、間近で、あのシドニーハーバーの花火を観たものだから、
火の粉や色や光や音…
すべてに体が震えるほど感激してました。

連続する花火なのに、一瞬一瞬、時が止まったように
映像が鮮明に焼きついた感じ。

ドラッグをやっている人は、きっとこういう感覚がたまらないんだろうな。
のりピーもドラッグに手を出さずに
瞑想して、知覚を発達させればクスリはいらなかったかもしれない…
と、ふと思ったりして。

そして最近なぜかよく泣く私の涙は、
もう魂がこの身体を抜けてしまったら、
二度と私ではなくなるということへの愛おしさや
かけがえのない今を生きていることの気づきからだと思う…。

自分の肉体だけでなく、私の周りにいる人たち、全て…、

こうして家族になったり、友達になったり、
いろんなご縁で知り合えた全ての人たち…

ある人は大好きな大切な人として、ある人は苦手な人として、
みんながその役割を担って、約束して出会った。

でも、今のこの姿、この関係で会えるのは、今世だけ。

二度と同じ姿で会えることはないのね。

そして、私たちが肉体を持って一緒に過ごしている時間は、
当然だけれど、限りがある。

だから、みんなが愛おしい。

毎日の平凡な一日もそう考えると特別な一日と思えてくる。

だって、肉体を失う日がいつなのかわからなくても
その日は必ずやってくるのだから…。

友達と話していても、
みんなの言葉が愛にあふれていて、それだけでもう泣けてくる。

ひとりひとりの中にいる大いなる存在を感じた時、
みんなが愛そのものであることに気づき、
それが嬉しくて、なんて私は幸せなんだろう…って思わずにはいられない。

こうして限られた時間と肉体が与えられたこと、
きれいなものをきれい、美味しいものを美味しいと思えること、

すべてがかけがえのないものに感じられる。

最近、非物質的世界の探索が多くなって
逆に今の現実社会での体験がきらきら輝いてきた気がする。

でも、こうして文章にしてしまうと、
ものすごくきれいな世界ばかりを体験しているようだけど、

肉体を持っている時の私の日常は、
やっぱり自我、欲、自我、の毎日です。

今日も、銀行から送られてきたインボイスを見て愕然…。

オンラインで申し込んだ美容液とクリームのサンプル、
「肌がぷるるん若返る~!」

イギリスから送られてくる送料も含めて安かったので
たとえ効果がなくても惜しくない金額だから
サンプルを試しに使ってみよう、とネットで購入。

無事に送られてきたのだけど、何となく使う気がしなくて
箱の中に入ったまま1ヶ月放置…。

そんな魔法のような製品を見ても、何故かちっともわくわくしない。

そうしたら、やっぱり…、騙されていた~!

ワンセットしか頼んでいないのに、3回も引き落とされている。

住所が書いてあったものの、連絡もつかず、
やっぱり詐欺だった!

早速銀行に連絡して、口座をストップしてもらい…

ほら~!つまらない欲を出すから、こんな痛い目にあっちゃうんだよ。

自分に腹が立つよりも笑えてきちゃった。
お金はもったいなかったけど、授業料だね。

こんな情けない自分の若返り願望すら、ちょっと愛おしい。

だって肉体があればこそ、いつまでも若々しくありたいって思う女心だもん。
私って馬鹿だねぇ、でも、仕方ないじゃん、と開き直ってみる。

口座の残高を思うと、やっぱり悔しいけど…、



それでも、今夜も今夜限りの夜空を、
「きれいだな~☆」って、心から思います。










☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2012-01-09 20:08 | 日々雑感 | Comments(0)

2012年だよ、全員集合~!

みなさま、明けましておめでとうございます!
とうとう2012年となりましたね。

この1年が愛に満ちたすばらしい1年となりますように!

というわけで、私も愛にあふれた忙しい毎日を送っています。

チルドレンズ・センターはクリスマスから2週間お休みだというのに、
毎日のようにお出かけしていて、
このホリデー期間にのんびり家で過ごせると思ったのは大間違い。

クリスマス前の仕事納めの日に風邪をひいて、
体調が悪いままキャンベラに出かけ、
クリスマスの数日をダンナの家族と過ごしました。

ありがたいことに、今年は例年のようなホステス役ではなく
ゲスト側だったので、キャンベラではゆっくりさせていただきました。

同居中はバトル寸前で苦しかった義理母とも、
彼女がキャンベラに移ってからは、
会っても普通に優しくできるじゃないの、私…。

そして、キャンベラから戻ってからは、
毎日のように忘年会、女子会とお出かけ続きで、
家族の予定もみんなバラバラ状態。

大掃除で、大断舎利もしたかったけど、
これはちょっと時間的に無理だったので
年明けの課題になっちゃいました…。

いつもなら、ここで「あ~あ…」と思うところだけど、
でも、優先順位の問題、
仕事や勉強で忙しいお友達とゆっくりお話できるのは、
みんなの都合が合うホリデー中だけだものね。

新しく2011年に知り合った方たちも含めて、
本当に大切なお友達と一緒の時間は
何よりも宝ものだも~ん、と思える私になってます。

日本の震災や世界の異常気象による災害など、
去年は大変なこともあったけれど、
チャリティーイベントを通して、多くの方と繋がったり、
いろいろ考えさせられる機会を与えられたり
いいことだってたくさんありました。


大晦日は、「福はうち」の「森羅万象」の章をおさらいして、
愛と涙の瞑想会…、年越しそばも超美味でした~。

また、花火も本当に近くで見ることができ、
瞑想の後だったからなのか、五感が冴え渡っていて
音も色の振動も…すべてにおいて感動的!

あ~、なんて幸せな気持ちで1年を終えることができたんでしょう…
もう、心から感謝です…。


そして、2012年!

すでに意識の改革は始まっています。
愛でいっぱいの素敵な1年にしていきましょうね~!

ということで、早速、新春チャリティー・イベントのご案内です。

日時:1月14日(土曜日)

時間:9時30分~3時30分

場所:cammeray North club

料金:40ドル 全てのセミナー受け放題
(経費を引いた全額、レッドクロスジャパンに送られます)

セミナー内容の詳細はオーガナイザー、のぶちゃまのブログでね


それでは、今年もどうぞ宜しくお願いします♪





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2012-01-02 14:23 | 日々雑感 | Comments(0)

8倍速モード…

あれよあれよという間に、
師走も1週間が過ぎてしまいました。

特に今年はクリスマス前のソイ・キャンドルの制作や、
「リトリーバル」のセッションなどで、
例年にない嬉しい忙しさです。

でも、時間が8倍速くらいで流れていると感じているのは
私だけではないはずです。

ブログの更新が滞っていた間にも
いろんな嬉しいことがたくさんありました。


まず、毎日の仕事をこのために水曜だけ休みにした、
『クオレ・ドナ』のレッスン。

ただ今身体のゆがみを矯正し、コア・マッスルを強化中(笑)。

音楽にあわせて楽しく踊りながら、たくさん汗をかいての運動に
本当に身体が喜ぶ喜ぶ…♪

ここ数年は、心の健康にフォーカスしていて、
動脈瘤のこともあって、運動はヨガでも恐る恐るって感じだったけど
でも、身体を動かすのはもともと大好き。

踊るのは楽しいし、血管が破裂するのでは…なんて
そんな不安は露ほども感じなくなった自分がいます。

まゆみ先生には、個人的にマッサージもお願いして
頭蓋骨のゆがみや緊張をほぐしてもらい、
スカル君(頭蓋骨)から「ありがとう、本当にありがとう!」って感謝され、

「あ~、こんなになるまで放っておいて本当にごめんなさい」って
私も涙がぽろぽろ…。

頭蓋骨と話をする人も、
マッサージ中に泣いてしまう人も、初めてだったみたいだけど
でも、まゆみ先生は優しく笑ってやり過ごしてくれました。

長年、左右の足の長さが若干違うことは、自分でも感じていたけど、
これは身体のクセで治らないと思っていたのが、
真っ直ぐに揃ってきていて、本当に嬉し~い!

そして職場では、まるちゃんの言葉が
本当にたくさん出るようになりました。

今月で卒園する子供たちの「グラジュエーション・セレモニー」の練習で
卒園生が練習している曲を、在園生のまるちゃんが覚えて
口ずさむのを聞くと、あ~、こんなことができるまでになったんだ…って
何だか、感無量…。

巨大児まるちゃんのお世話はもう体力的に限界かも…
なんて思っていたけれど、
来年もやっぱり彼を、引き続き受け持ちたいなぁって思います。

そして、個人的に私のストレスの原因となっていた
義理母との同居も、
キャンベラの弟家族がイギリスから戻ってきたことで
1年半で終わりとなり、
やっと自分の家で、思い切り羽が伸ばせるようになりました♪


不思議なことに、ティーネージャーのリコも
最近は不機嫌ではなくて、とってもいい感じです。

彼女は、私が彼女の年齢ではできなかったことを
今、たくさん経験しています。

例えば、学校のバンドで行く来年のアメリカ演奏ツアーのために
最近(15歳で)日曜に働けるアルバイトを始めました。

私は大学生になるまでバイトは禁止だったのに…。

そして、朝は犬の散歩や洗濯などを出勤前に済ませる私のために
学校のランチは自分で用意して持っていくようになりました。

私は高校卒業まで母のお弁当持参だったので、
もう当時の私より、完璧に娘の方がしっかりしています。

今朝、仕事がお休みなので、久しぶりにリコのランチを用意したら、

「わ~、嬉し~い。ママが作ってくれたの?
どうもありがと~う!」

と、ものすごく感激されて、
なんだか私もすごく嬉しくなりました。

いつも私が作っていた時は、毎日それが当たり前で
たいしてありがたみもなかっただろうけど
自分も外で仕事をしてみて、家事や仕事の大変さがわかったのか、
本当に嬉しそうに言ってくれました。


それから極め付きが、夢で、ものすごい映像を見ました。

「天空の大陸、金と銀のオーストラリア」が空に浮かんでいるんです。

というか、空に浮かんでいる状態をさらに上空から見ている絵…。

それはもう美しくて、圧巻でした。

映画『アバター』も超えちゃうすばらしいイメージの数々で、
やっぱり「オーストラリア」に私たちがいる意味って
ち~ゃんとあるんですね。

この国で知り合った魂の友たち…、
遠い昔からの約束で再びめぐり遭えたこと。

その舞台である「オーストラリア」…。

来年も身近でものすごい変化、成長、躍進、飛翔が
次々と繰り広げられるはずです。

本当に考えただけでわくわくしますね。

来年1月14日には
「新春なんぼでマンボディ」のチャリティー・イベントもあり、
私もお手伝いさせていただきます。

こちらもとっても楽しみ~。

こんな感じで、忙しくも幸せな師走を送っています♪

でも、近頃のシドニーは冬に逆戻りしたような気温の毎日…、

みなさんもあわただしいこの時期、
お身体にはくれぐれも気をつけてくださいね。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2011-12-07 20:09 | 日々雑感 | Comments(0)

修行と飛躍のはざまで

前回のブログ、「人生お試し劇場」で
圧力炊飯器のスイッチをダンナに切られ、
義母の「パン買ってないの?」の一言に、
激怒りの私の醜態を、そのまま書いてしまったので、

「え~、みぽりんでもそんなに怒ることがあるの?」とか
メールをいただいきました。

恥ずかしいけど、もちろんさ~!
まだまだ修行中ですもん、かっとなって切れたりしますよ、
特にダンナと娘に(笑)。

仕事では、子供たちやスタッフに切れることはまずないけど、
家族には甘えがあるし、
自分自身のことは、なかなか客観的に見れないものね。

でも、義理母には、切れる要素はたくさんあるんだけど、
言い返さない分、ストレスとなって
ダンナにぶつけたり、自分に返ってきてしまうから、
ちょっとたちが悪いかも…。

この方との関係が、今の人生で大きな課題のひとつですね。
次の人生に持ち越さないよう、
何とか今世でクリアしたいものです。

冷静な時は、
「お義母さん、私の気づきのために、
わざわざ憎まれ役を買ってでてくれて、ありがとう」
と、余裕で思ったりするのだけど…、

いっぱいいっぱいの時には、
「パンは買ってないの?」のひと言で、ぷっつ~んです(笑)。


リトリーバルをしていて、セッションでも
『人間は肉体以上の存在だから』、とお話したり

この物質世界でなく非物質世界に旅立っている時は、
無償の愛の世界とか、幸せな気づきの世界に繋がれるのだけど、

肉体の存在に戻ってきてしまうと、
つい、圧力炊飯器みたいに、蒸気をプシューっとたてて、
怒ってしまう出来事にも遭遇するんですね。

もう、いたるところで「お試し」されてます。


でも、これでも落ち着いてきた方なんですよ。

昔は母に「ダイナマイト・夢子」と
プロレスラーのリングネームみたいに言われていたので、

一見、おっとり見えるんですが、
実は喜怒哀楽の激しい、ドラマクィーンだったんです(笑)。
(お~、過去形…)

でも、本当にここ3年くらいで、自分をしっかり内観したり、
無償の愛の世界を瞑想中に体感したことで、

やっぱり魂の本質は、そこだよねって思えて、
心の平安を求めて、物質世界でも日々修行中です。


昔、よく祖母が、人間どんな大変なことがあったって
この世で起こったことは、この世でちゃんと終わるから、
と、言っていました。

それは、この世で始まったドラマのシナリオは
やはりこの世で最終回を迎えて、

肉体が滅びた後は、
まったく違う次元の魂の世界だから、ということだと思うのです。


今になって本当に祖母の言っていたことが理解できます。

もっとたくさん話を聞いておくのだった…。


かなりのスピ系だった祖母は、いつも神仏に祈っていたり、
感謝の言葉を忘れませんでした。

でも、そんな祖母でも祖父が元気な時は、
本当によく喧嘩をしていました。

負けず嫌いで、いつも夫婦喧嘩の最後は
彼女の捨て台詞で終わってました(笑)。

祖父が言い返すと、倍になって返し、
折れずに延々と続くので、
祖父が呆れて途中で場外退場してました(爆)。


私も祖母の血が流れているからか
普段は温厚な性格と思えるんだけれど、
家族に切れちゃう時は、かなりぶっちり?

あ~あ、まだまだだねぇ…。

でも、たとえ切れちゃっても
その後で、これはいったいどんな意味があってのことでしょう、
とか、自問はしています。

そして、怒ったままでは決して眠らない。

怒りのエネルギーで、電気製品を壊したり、
自分の細胞さんも酷使しちゃったと思うので、
しっかり就寝前には、愛と感謝のエネルギーで満たし、

ホ・オポノポノの4つの言葉、
「ありがとう。ごめんなさい。私を許してください。愛してます」
を繰り返して、
痛いところをチャラにしてもらおうと(?)、
いえ、心のクリーニングをすべく、心から反省するのです。

非物質界では義母にも、たくさん愛を送っています。

そっちの世界から責めて、カルマの解消をしよう、という魂胆は、
ちょっと虫がよ過ぎるかしら…。


でも、怒ったり泣いたりできるのも、
肉体があればこそ、だからね。

こんな怒りっぽい自分も、ちゃんと認めてあげて、
そこからまた成長できればいいかな、と思っています。

せっかく肉体を持つ人間であるうちに
しっかりと魂の飛躍ができるよう
日々、是、楽しみながらの修行です。

肉体を持っている時こそ、
すごいステップアップできるチャンスがいっぱいなんだから。

苦しいことも大変なことも、切れちゃうこともあるけれど、
その意味を探すのが、謎解きゲームのようで

この修行と飛躍のはざ間を、
わくわくしながら人間してますよ~。

って、今日はちょっと余裕で言ってみました(笑)。








☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2011-11-15 20:05 | 日々雑感 | Comments(4)

昨日の『人生お試し大劇場…』

土曜は本当に忙しい一日で、予定がいっぱい。
まず、朝一番で『陶器市』に
ソイ・キャンドルのセットアップに。

そして、午後は、アバロンの享ちゃま主催の
『Café One Earth 新芽』にて、
「福島のお子さんとママたちへクリスマスプレゼントを贈ろう」
というチャリティーイベントに参加。

そして、このランチに何か一品持参しようと思い、
日本から玄米を炊くために持ち帰った圧力炊飯器に
「発芽玄米お赤飯」を、朝5時前に仕込み…、
炊飯器で発芽させるのに5時間を要するので、しっかりセットしておきました。

そして、二度寝しようとベッドに戻り、8時近くに眼が覚めて
キッチンに行くと、何だか嫌な予感が…。


炊飯器のスイッチが切られてる~~~(涙)。

「ちょっと、私の炊飯器切ったでしょ?!」と
腰に手をあてて、ダンナに攻め寄る。
もう、怒りのスイッチ全開状態。

「だって、朝、Dish Washerをセットしたら
炊飯器の電源が付けっぱなしになっていて、
忘れてると思ったから切ったんだけど…」

「んん~も~~~~、どうしていつも何もしないくせに
今日に限って余計なことしてくれるのよ。

私はわざわざ早起きしてセットしておいたのに、
5時間かかるのよ、5時間!炊けるまでに!
今からセットし直したんじゃ、もう間に合わないじゃないの!」

と、ぶち切れてしまったのでした。

あ~、これから陶器市行かなくちゃいけないし、
他に作る時間はないし、いったいどうしてくれるのよ。

それに、アバロンの享ちゃまに渡して!と
差し入れなど3人のお友だちから頼まれて、
それらを受け取らなくちゃいけない。


そんな忙しい時に、携帯にも電話がじゃんじゃんかかる、
あげくに、友人数人とまとめて注文しておいた
冷凍の飲茶各種が届いたから、「取りに来て!」ですと~!

「え~!今日?今?何で今日届くの~~~?」

そんなわけで、ダンナに当り散らし、
果ては、義理母との同居の不満までぶちまけ、
健康を害するほど、どれだけ私がストレスを感じているか
ぶち切れついでに次々と言い放った…。

あ~、私、湯気が出そうなほど、すんごい怒ってる!
これじゃあ、私が圧力炊飯器だ。
もう、溜まった怒りを出さないと、駄目だわ。

そこで散々吠え続け、ちょっとすっきりしたところで
ダンナが

「僕だって、会社でどれだけストレスを感じてるか、知ってる?
家でも母親と君の間に入って、気が休まる時がないよ。
ずっとお腹の調子が悪くて、熟睡できないの、知ってる?」

と言うので、はっと、冷静になった。

ストレスは人を死に追いやるほど、大きな問題だってこと、
私ならわかるよ。

だって、義理母との同居も、うまくやっていると思っていたのに、
突然、夜中に胸が息苦しくなって
心臓発作かと思って救急病棟に行ったし(ストレスからのパニック・アタックだった)、
甲状腺の数値に異常をきたしてきたし、
私だって、すごく大変な思いをしているもの。

身体が悲鳴をあげはじめたら、駄目なんだよ、真剣に何とかしなくちゃ。

「じゃあ、会社で何が問題になっているのか、私に話してみて」
と、そこからは、心療課の先生よろしく、
話を冷静に聞いてみた。

時間がないのはわかっていたけど、
でも、ダンナのストレスだけは放っておけない…。

「そうか…、ボスとの関係ね、
自分のやり方じゃないと気がすまないタイプだから、
必要ないことでも、何度でも変えたりやり直させたりするのね」

そこからは、具体的にいろいろアドバイスをしてみた。

「いい?ストレスは絶対に甘くみちゃ駄目だから。
一度ドクターにチェックしてもらって」

その朝、何一つ、計画通りにことが運ばなくて、
大爆発した私だったけれど、
最後はダンナのストレス話をちゃんと聞くことができた。

私のストレスがそのことで解消されたわけじゃないけど、
義理母はイギリスから戻ってきた弟家族と
同じ敷地内の別棟、という理想的な形で住むことになり、
今月末にはキャンベラに行くことになった。

私のストレスは時間の問題で解消されるけど…
でも、ダンナのストレスは今の仕事を続けるのなら
何としても解決しなくては、彼の心身のためによくない。

ひょんなことでぶち切れて、ストレスの話になり、
ダンナのストレス話を、じっくり聞くことができた。

災い転じて、福となる!

めでたし、めでたし…

と、そこで終わると思いきや…

冷凍飲茶を取りに行って戻り、
さあ、友人たちからの差し入れを取りに出かけようと思ったら、

義理母がキッチンで
「ねえ、パンがもうないけど、買ってないの?」とひとこと。


「はあ~?!そんな時間あるわけないじゃん、
私が朝からどれだけ忙しかったか…知らないの?

遊びには出かけるくせに、いつも暇で何もしていないお義母さんが
お店まで6分くらい歩いて、一度くらい買ってきたらどうよ!」

と、喉まで出そうになったけど、
(ちなみに義母は、歩く時に杖がいるので、
冷静に考えれば、そんなことは言えない)

「今朝は他のものですませてください」と言い

「ふんっ…」と呆れられる。

もう、こいつ~~、二度と一緒には住まないぞ~!

勝手に転がり込んできて、1年半もホリデー気分で振る舞って
許さ~~~ん!と、また頭に血が昇ってしまった。

このまま初めてのアバロンまで運転して行ったら
かなり危なそうなので、
お友達のいるカフェに、差し入れを取りに行くついでに
ちょっとお茶して、グラウンディング…。

実は携帯に電話をくれたそのお友達に、
「もう、今朝はすっごく大変なの、あのね…」
と、話し始めたら、それまでは何ともなかった電話が…、

「え、聞こえな~い、みほちゃんの声が聞こえない。
私の声は聞こえてる?そっちの声は聞こえないよ~」

って、大事な時になって、繋がらなくなってしまった。

あ~、もう~…!またか…。

私はエレクトロパスなので、
特に興奮すると、電気系統に障害を起こしてしまうから…。

それで、直接会って話したかった、
こんな怒りのエネルギーの時は、グラウンディングは本当に必要だから!


そこで、それまでの顛末を話す…、と

泣けないで、怒ることしかできなかった私のために
変わりにのぶちゃんが泣いてしまった、

任侠姐さん、綺麗なお化粧もぐちゃぐちゃ…。

あ~あ、ごめんね。
今朝は上手く泣けなくて、
怒りのエネルギーの方が爆発しちゃったよ。

私を真剣にさとし、涙までぽろぽろ流してくれるのぶちゃん、
私の横で、あったかオーラで包み込んでくれるまきちゃん、
わたしってどれだけ幸せものなんだろう…。

ありがとう… 本当にありがとう…


カフェを出て、シドニーの極北ビーチエリアに初のひとりドライヴ。

どうして、義理母だけには、
かちんかちんと反応してしまうんだろう。

元彼と一緒の時、彼の両親と3年も一緒に住んだけど、
とても素敵な人たちで、何の不満も問題もなかったのに、

この義母は、いったいどんな役割をもって、
私の人生に登場したのだろう…
どんな学びが必要なんだろう…

そんなことを考えながら、ひとりで北のビーチを目指して
ドライブしました。

空が高くて、青くて、きれい~!
きらきら輝く海も見えてきた…。

ああ、ひとりのこの時間…、すごく嬉しい。

自然はいつも私を癒してくれる、
そして、大切な何かを思いださせてくれる…。


それから、無事アバロンに到着してからは、
ゆっくりお話したいと思っていた方たちと、次々に再会できて
美味しいご馳走と、爆笑の渦で、
本当に楽しいひと時を過ごすことができました。

享ちゃま、本当に素敵なイベントをどうもありがとう~!

今度こそ「発芽玄米お赤飯」を持参していくから。


それにしても、まだまだひと波乱ありそうな「人生お試し劇場」…、

いったい何幕まで続くのかな。

義理母、ちゃんと今月末にキャンべラ行ってくれるよね…。









☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2011-11-13 21:38 | 日々雑感 | Comments(0)