ただいまっ♪


シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれたライフスタイルを
by dewdrop3
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2009年 10月 12日 ( 1 )


忘れてほしくないこと


夕べの夢に出てきた大切なメッセージとは

3つのありました。



もう、いつも親が一緒にいて、リコを守るわけにはいきません。

彼女も、思春期の扉を開けて、

大人になる階段を登りはじめたのです。

だから、大変な時には、思い出して欲しいことを

今日は、しっかり伝えました。



一つ、物事には、すべて原因と結果があるということ。



二つ、他人や状況を変えることはできなくても、自分は変えられること。



三つ、何でも当たり前と思わずに感謝をすること。



リコがフラストレーションをためたのは、

ちゃんと計画立ててサックスの練習をしなかったのが原因。

だから、試験の一週間前になって小さなミスが続出した時に

パニックに陥るという結果になったのです。

すべては原因があっての結果です。



そして、二つ目。今の状況や、サックスの先生は変えられません。

先生は代わりに試験を受けてくれないし、

変わらなくてはいけないのは、リコ本人です。



それで、ノートに後一週間の音階練習や課題曲の練習用チャートを作り、

それに沿って毎日練習するように決めました。

今はもう辞めてしまったけれど、リコのピアノの先生が

ピアノのグレード試験の時に教えてくれた方法です。

これをサックスの試験でも同じように使って、

間違ったところだけ、繰り返し練習するようにしました。



三つ目は、リコがサックスを吹けるということだけでも

実はとてもすごいことだと考えてみて欲しい、ということです。

楽器を習いたくても、経済的に習えない子もいるだろうし、

音楽どころか、生きるだけで精いっぱいの人々も

世の中にはたくさんいるのです。

サックスを吹けるだけで、ありがたいことじゃないですか。



リコのかかえたフラストレーションなんて、

まったく大問題ではないのよ、

ということを、本人にわかってもらいたかったのです。



オペラハウスの対岸、シドニー湾の見える広々した場所で、

ランチをしながらリコにちゃんと話し、

レストランのテーブルで、練習用の予定表も作りました。

これで、もうサックスの試験くらいでパニックになって

切れることはないと思います。
[PR]

by dewdrop3 | 2009-10-12 14:42 | 家族の話 | Comments(0)