ただいまっ♪


シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれたライフスタイルを
by dewdrop3
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2009年 10月 06日 ( 1 )


ラスト・チャンス・サージェリー


先週の火曜に見損ねた番組を、今夜観ていたら
先週のエピソードで終わったと思っていた
私と同じ動脈瘤の患者さんのエピソードで、
手術とその経過が放映されていました。

患者さんは、わざわざタスマニアからシドニーの敏腕脳外科医、
私も診てもらった事があるドクターMに手術をしてもらいに
フィアンセの彼と一緒に来ていたのでした。

彼女は動脈瘤のバイパス手術まではうまくいったものの
運悪く、手術中に脳卒中を起こし、
9日間昏睡状態となってしまいました。

ようやく意識は戻ったけれど、ドクターの話では
言語を司る部分に障害が残りそうだということでした。
でも、スピーチセラピストとのリハビリによって
かなり良くなっていくだろうという所見。

彼女は普通に話せるときもあれば
「お肉を食べる時に使うものは何?」とセラピストに聞かれて
「ナイフ」と答えるところを、「ボウルでしょ?」と言う時もあったりして
物と言語を関連づける機能が、完全には働いていません。

婚約者曰く、10歳くらいの子供と話しているような感じなので
今は一人きりにはしておけない、ということでした。
どんどん回復していくと信じたいですが、
今日のエピソードでは、
まだまだ長い道のりのようでした。

彼女の場合、動脈瘤が破裂すること自体は今のところ無くなったものの、
言語機能の障害が起きてしまい、
これを手術成功とみるかどうかは、患者自身が決めるしかないでしょう。
私もさすがに他人事とは思えず
鳴っていた携帯電話にも出ずに、真剣に画面を見ていました。

私は視神経の近くに動脈瘤があるので、
何か障害が起きるとすれば、視覚に影響がでるのでしょうか。
でも、そうならないように気をつけているし、
今の時点では手術をしないと決めたので
もう普段から心して生活をするしかないです。

でも、動脈瘤ができて、気付いたことも沢山あるので
本当に自分を戒める意味でも
いろいろなことに感謝できるようになったという意味でも
起こるべくして起こったのだな、と思います。

最悪のことは考えないようにして
今は良くなることだけを想っているけれど
将来、違う選択をする時がくれば、
それはそれで覚悟して望もうと想います。
[PR]

by dewdrop3 | 2009-10-06 20:46 | 健康・美容の話 | Comments(0)