ただいまっ♪


シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれたライフスタイルを
by dewdrop3
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

シドニーはもうそこまで春が来ています♪

まるで冬眠をしていたかのような、ブログ更新のペース(笑)。

でも、何もしていなかったわけではなくて、
かなり私の周りではいろいろな変化がおき続けて
感心するやら、感動するやら、忙しくしていました。

私以上に周りにいろいろあったのですが、
それを目の当たりにするだけでも
ものすごい勉強になりました。
(いつかご本人たちに許可をとってシェアしたいです)

私自身の変化としては仕事が激減、
そしてダンナも会社の組織再編に伴うリストラ対象部門になっていた!

そんな一大事だけれど、今年は想定外のことが起こるという予感があって、
「こうきたか…、政府の組織編制で、公務員でも安心じゃないんだ」と、
どこか落ち着いている自分もいました。

もちろん何もしなければ一家は路頭に迷うので、
ダンナは仕事の合間に就活中。
家のローンもたっぷりあるから仕事がないのは死活問題、
でも、たとえ無職になっても命まで持っていかれるわけじゃなし、
最悪でも家を売るだけのことだわ、なんて肝が据わったり…。

逆に家やダンナに対する感謝の気持ちが生まれてきて
今までがとても恵まれていたのね、
失わないと気がつかないことってよくあるけれど、
失う前に気づいてよかったわ。

って、失うつもりはないけれど、
それでも今年の龍の年には、友人たちにも激動といえる出来事が続出…、
病気、怪我、離婚、引越し、リストラ、死別…
でも、それは決して悪いことばかりではありません。

一見、大変だと思えることでもちゃんと意味があってのこと、
みんなより強くなって、前に進んでいっています。

そして、私も友人には感謝の気持ちでいっぱいです。
大変な時に、支えてくれる人がいてくれることがどんなに心強いことか、

とにかくいろいろな変化に、心の準備だけはしておこう、
と思っています。

そんなわけで、我が家にとっても大事な時なのですが、
来週から私一人で日本へ一時帰国することにしました。

この経済状態じゃお決まりのお里帰りは無理、と思っていたけれど
母がこの8月で80歳になったので、
(私は78か9だろうと思っていた親不孝娘、自分の年も覚えられない)
やはり一緒にお祝いして、会えるうちに会っておきたいと決めたら、
親切なエージェントの方が安いチケットを取ってくれました。

母をがっかりさせずにすんでよかった~。

いえ、母は娘に会えないことを愚痴る人ではないから
私の方が逆によけい申し訳なく思ってしまうんですね。

年老いて、愚痴っぽく恨みがましくなる人もいれば、
人生の学びをしっかり積み重ねて、丸くなる人もいる…。

私もちゃんと学んで、幸せな年のとり方をしていきたいな、
と、春の気配が感じられる日に思うのでした。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2012-08-23 07:37 | 日々雑感 | Comments(3)
Commented by キャシー at 2012-08-24 16:39 x
親が生きてる間に 無理をしてでも 親孝行した方が良いと母が亡くなってつくずく思うよ。
でも、どんな状況でも、行こうと決めたら行けるんだね。
良かったね。お母さんも、すごく喜ばれるわ。生きてるうちに、愛してるよ~って、言えたら最高だよね!気をつけて行ってらっしゃ~ィ!
楽しんでね~!
Commented by dewdrop3 at 2012-08-24 22:29
ありがとう~、キャシー。
本当に生きてる間にできるだけ顔を見せてあげないとね。
ちょっと照れくさいけど、後悔しないように母にたくさんの感謝の気持ちを伝えたいです♪
あと、母と一緒に住んでくれている弟家族にも感謝の気持ちでいっぱいです。
私が遠くシドニーでこうして能天気に暮らしていけるのも、母が弟家族と一緒だと、安心できればこそ・・・。
もう、足を向けて眠れません!
Commented by at 2012-11-11 09:50 x
お母さま、80歳のお誕生日おめでとうございます!
子供達にお祝いしてもらって、喜ばれたでしょう。大きな親孝行出来たね! 私もスクールホリデーに、別に理由もないのに、会っておかなきゃ、っていうなんか強い気持ちに駆られて、5日だけ行ってきました。元気な姿を見られただけで、行って良かったと実感!
<< ふたつの故郷 さよなら、まるちゃん >>