ただいまっ♪


シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれたライフスタイルを
by dewdrop3
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アンザック・デー

昨日、4月25日は、アンザック・デーでした。

第一次世界大戦で英国連邦が、トルコのガリポリに上陸をした日で、
最前線で戦った勇敢なオーストラリアとニュージーランドの
戦士たちの勇気を称え、追悼をするための記念日です。

でも、今は第二次世界大戦以降も、国を守るために戦っている人たち、
全ての兵士、関係者たちを称える日となっています。

毎年、パレードが行なわれ、テレビ中継までされますが、
アンザック・デーのパレードを終えた退役軍人さんは、
パブやカフェで、無料で飲み物が振る舞われたり、
午後1時までは、一般のお店も休日となるほど
オーストラリアでは、大切な日です。

第二次世界大戦で、敵国だった日本人としては、
ちょっと肩身が狭い日なのですが、
リコの学校のバンドが、RSLクラブでコンサートをするので
私も、アンザックデーだけは絶対に入れないと思っていた
RSLクラブ(Returned and Services League Club)に足を運びました。

アデレードのお友達で、日豪の両親から生まれた男性が
昔、友達とRSLクラブに入ろうとしたら
「お前は日本人だろう、日本人の来るところじゃない」
と、つまみ出されそうになった話を思い出しました。

彼の友人たちが、
「こいつのおじいさんは、オーストラリアのために勇敢に戦った兵士だ」
と、言ってくれて、その場はおさまったそうですが、
私も入る時に、ちょっと緊張しました。

はたして、中には胸に勲章をたくさん付けた
元、軍人だった方たちが大勢おられました。

でも、私は娘のコンサートを聴きにきただけだもん…。
そりゃあ、先祖代々日本人だけど、娘はオーストリア人でもあるからね、
なんて、なぜか自分に言い訳して。

そして、コンサートが始まると、
もう、そんなことは全く関係なく、誰もが演奏を楽しみました。

ホールの中が、とても素敵なエネルギーに包まれて、
音楽の持つマジックを実感しました。

一緒に拍手をして、バンドのメンバーも観客も微笑みあって、
本当に素敵な時間を共有できたのが、
とても嬉しいアンザック・デーでした。






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「Candle in the wind」のブログも、ナチュラル・キャンドルのエピソード満載です♪
[PR]

by dewdrop3 | 2011-04-26 07:49 | 日々雑感 | Comments(0)
<< ちょっと考えることがあって・・・ お寺に参拝 >>