ただいまっ♪


シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれたライフスタイルを
by dewdrop3
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

想いはひとつ


まずは、お知らせです。

4月2日の土曜日、チャッツウッドのDougherty Community Centreにて
JCS主催の『チャリティー・オークション&バザー』が行なわれます。

私もバザーでソイキャンドルを販売することになりました。
みなさんも、どしどしお越しくださいね。



さて、いろいろなところで募金集めや、
チャリティーイベントが行なわれていますが、
全ては、日本をなんとかしたい、というみんなの想いから始まりました。

たった一人のヒーローを称えたり、
誰かがスポットライトを浴びるための手段ではありません。

ボランティアの方々が、ひとりひとりそれぞれの役割を果たし、
小さな力の積み重ねが、大きな金額になってきているのです。

でも、哀しいかな、
行動を起こせない人を責める気持ちがあったり、
金額を競い合う気持ちや、自分はこんなに頑張ってるんだよ・・・と、
自己アピールしたくなる気持ちが、
時々エネルギーとして感じられることがあります。

もともとは愛のエネルギーから始まったことです。
それが募金や義援金という形に変わっただけです。

もちろん、たくさんの寄付が集まれば
それだけ援助ができるので、多いに越したことはありませんが、
私も先日、自分ではっとしたのです。

初めて外で、ソイキャンドルを販売して、
予想以上に買っていただけたので、収益をたくさん寄付することができました。

でも、それはたまたま『アース・アワー』当日と重なった幸運もありますし、
一緒にストールを持った、なおこさんやまきちゃんのおかげでもあります。

それを何だかお手柄のように一瞬思ってしまった、魔がさしたのです。
そして、すぐに自分を恥じ入りました。

確かに私にとっては大きな金額だったけれど、
それは、小さなストールを出して、50ドルの寄付をされた方と、
気持ちの上では、なんら変わりはなかったはずです。

一生懸命にチャリティー・イベントの事前準備をして、
日本のために何かをしたいという、支援の想いは同じだったのです。

でも、金額の多さに小躍りしてしまったことが
とても恥ずかしくなりました。

義務でもなく、強制でもなく、心から湧き上がる想いが大切なこと、
一瞬、忘れかけました。

お金のある人はお金を、
歌の歌える人は、歌を歌い、
力のある人は力を出せばいい。

そのどちらもない人は、とりあえず元気を出して、
日本をサポートしていこう。

そんなスタンスがいいですね。

誰がヒーローになるでもなく、
みんなが心を一つに日本を支えていくこと。元気にすること。
それが、理想の支援の形だと思いました。
[PR]

by dewdrop3 | 2011-03-30 21:04 | 日々雑感 | Comments(0)
<< ナチュラル・キャンドルに魅せられて 『ひまわり』はきれいなだけじゃない >>