ただいまっ♪


シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれたライフスタイルを
by dewdrop3
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

シンクロとシンクロとシンクロ・・・


先日、紹介した男前な任侠姐さん。

『与える』ことや、彼女の勇気ある行動について、
今日は、ツイッターに、同じようなメッセージが、
マザーテレザとダライ・ラマから届いていました。


まずは、マザーテレザさまから、

『何も持たないことにより、わたしたちはすべてを与えることができるのです。
---乏しさという自由をとおして』

乏しさというのは、貧しくないのですね。
より、自由でいられるというだけのことなのでしょうか。


そして、ダライ・ラマさま、

『他人への愛が深まるほど、自分への自信が強まり、
勇気を持てば持つほど、よりリラックスし平穏でいられる』


なるほど…。


そして、今読んでいる『ヨグマタ』の本にも、

『執着を外し、「本当の自分」に出会うと
あなたを包んでいる世界が素晴らしく変容する』
と、ありました。

任侠姐さんは、そんな境地にいるんですね。


多くの人が、人生の修行の過程で、
目に見える品物に対する執着はなくなっても
いろいろな知識を抱え、体験を抱え、
それで、心が豊かになっている人もいれば…、
それがかえって、心を不自由にしている人もいます。

そこには、同時にうぬぼれやこだわりという
必要のない荷物まで、抱えてしまうことがあるからです。

私はこんなに知っている…、ずっと昔から知っていた…、

優越感、嫉妬心、不満、不安…
そんな様々な感情も渦巻きます。


物を捨てたり、手放したりするのも容易ではないですが、
形のないものを捨てるのは、さらに大変なようです。

捨てるという言葉がしっくりこない時は、
『あなたが本質になっていくなかで、
そうしたものは自然に離れ、落ちていく存在なのだ』
と、理解するといいそうです。

そして、本当の調和と愛を与えてくれる
全てを創造する源の存在になっていくのでしょう。


ああ、まだまだ険しい道のりです。
捨てられないことがたくさんあるもの…。

でも、ここまでシンクロが重なると、
もう、これはメッセージ以外の何者でもないですね。

ひとつひとつ執着を手放し、真の自己になっていくことを
今日はあらためて心に誓いました。
[PR]

by dewdrop3 | 2011-02-28 21:22 | 日々雑感 | Comments(2)
Commented by touch-the-world at 2011-03-01 10:51
私も昔読んだマザーテレサの本の中で、
自分たちのいらなくなったものを寄付はいらない
ちゃんとしたものを与えてもらえるなら喜んで受け取るという文を読んで
がーンと来たのを覚えてます。
自分のゆとりの部分から与えた気になることではなく
本当に自分の一部を渡してはじめて愛といえる。
自分に執着があるうちは、与えた気になってちゃ駄目だなぁと思いました。
Commented by dewdrop3 at 2011-03-01 16:08
タッチ様、

そうなんだ…、私もガーンっときました。
要らなくなったものを寄付するのは、愛を与えるのとは違うのね。

自分にとっても本当に大切なものを与えるのが、本当に『与える』ということなんだ・・・。

これって、かなり難しい。
物にも感情にも、執着ってあるものね。

タッチ様、いつも心にずしんと響くコメントありがとう!

本文よりも、コメントの方を是非読んでもらいたいわ。
みんな、ちゃんと読んでくれているかな。

<< 「世界を癒す13人のおばあちゃん」 任侠姐さんのいさぎよさ >>