ただいまっ♪


シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれたライフスタイルを
by dewdrop3
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

嫁と姑のバトルは・・・


借金で首が回らないことはあっても、ムチウチ症は初体験。
昔あった赤い丸い郵便ポストの着ぐるみみたいに歩いていた私が、
まさに驚愕の速さで回復し、
『短期集中講座』のような学びもありました。

そして、ムチウチのことをたくさん心配してくれたお友達が、
「そういえば、お義母さんはどうなの?」
「今、一緒に住んでいるよね、大丈夫?」「心労もあるんじゃない?」
と、聞いてくれます。

ああ、そうでした。
お義母さんの存在の大変さが気にならないほど
いろいろなことがあったので、すっかり忘れていました。
もちろん、嫁と姑のバトルは…勃発していません!

あら~、めずらしい。
今までは、クリスマス・シーズンに2週間も居られると、
も~、いやだ…と、音を上げて、バトル勃発状態だったのに、
お義母さんが我が家に来て、すでに4週間が経ちました。

でも、ちゃんとルールを決めておいたので、
特に問題なく過ごせているのです。

私は昼間は出かけることも多いので、
ランチはお義母さんが自分の分は作ること。
そして、駅までの車の送迎は、雨の日や大きな荷物の時だけ。
(だって、徒歩5分ちょっとの距離だし)

この二つを最初にお願いしておいたら、
お義母さんも、ひとりで大丈夫。
いつもいつもお世話する必要はないし、
私は部屋にこもって仕事をする時もあれば、
療養中の友人宅でランチを一緒に取ることも、自由にできます。

何より、私は誰が何と言おうと、一生懸命やっているんだから、
(いや、家事はかなり手抜き)
それを自分が知っていればいい。
お義母さんに別に認めてもらえなくてもいいや…と、開き直ったせいか
気持ちも楽になって、心労なんてまったくないのです。

この調子なら、ずっと同居だってできちゃうかも…(おお、爆弾発言!)
お義母さんは、もともと寒いキャンベラより
シドニーの方が好きみたいだし。

思えば、お義母さんもお義父さんに先立たれ、
ひとりでは何もできない人だから
老人ホームか息子家族と同居か、のチョイスしかなくて
息子たちの家を行ったり来たり状態は、落ち着かないはず。
自分の居場所っていうのが無くて、寂しいはず。

昔は夫と息子3人の5人家族の中で、
みんなの世話をして、なくてはならない中心的な存在だったのに
『老兵は死なず、ただ去るのみ』というか
今では、やっかい者になってしまった自分を、
やはり哀しい想いで振り返っているのではないかしら。

みんなが老いていくのだから・・・、
そう思うと、本当に嫁姑のバトルなんて勃発しないんだよね。

我ながら、これは本当に不思議でした。
こんなにすんなりとお義母さんを受け入れられるとは・・・。
私の見方が変わったから、お義母さんも変わったのね。

なので、ちょっと前のとんがった私だった頃のように、
激しい嫁姑バトルのエピソードがあるかと思えば、
こんなに丸くなってしまって申し訳ないくらい、平和な家庭内です。
(車の事故や犬に激突されたり、ハプニングは続出ですが)


・・・と、今のところは書いておきます。
後日、バトル勃発や、火山の大爆発があっても、
それはそれっていうことで、当方責任は持ちかねますが・・・。
[PR]

by dewdrop3 | 2010-09-14 08:46 | 日々雑感 | Comments(0)
<< 4倍速の時の流れ 引きこもりのお子さんのリトリーバル >>