ただいまっ♪


シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれたライフスタイルを
by dewdrop3
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

『ひきこもり』のリトリーバル


先日、友人から相談を受けました。
日本のめいごさんが2年間、16歳の時から引きこもり状態で、
誰も彼女とうまくコミュニケーションが取れなくて、
どうしていいのか、誰もわからないのだそうです。

「『リトリーバル』で、姪が何を考えているのか
見て来ることってできますか?」と、聞かれました。

引きこもりの方の意識に飛び、リトリーバルを行なう・・・
こういう話題になったのは初めてだったので
今まで、考えてみたこともありませんでした。

でも、友人の幼少期、インナーチャイルドのリトリーバルは、
トライしてみたらできたので、
これもやってみたらできるかもしれない・・・。

そんな話が出た翌日、まったく別のお友達から
「この本を読んでみて」と渡されたのが
引きこもりの主人公が出てくるストーリー、
白鳥哲さん原作の『ストーンエイジ』でした。

うわっ、これはもうサイン以外の何ものでもないわ。
『引きこもり』は、日本では本当に大きな問題になっています。
引きこもりの高齢化や、メンタルヘルスへの取り組み方、
様々な問題が浮かび上がってきます。

まずは現状把握や、とっかかりをつかもう
というわけで、今、『ストーンエイジ』を読んでいます。

そして読み終わったら、友人のめいごさんのリトリーバルにも挑戦したいと思います。

『宮ぷー 心の架け橋ぷろじぇくと』の英語版の準備といい、
『引きこもり』の課題といい、次から次へといろいろなチャレンジがやってきます。

だから、これからは上手に『時間』をやりくりするんだよ、
っていうことで、先日は『時間の概念』を手厳しく教えられたのかな・・・

それにしても、ずいぶん買いかぶられたものです、
喜ぶべきことなのでしょうけど・・・。
課題は山済み、読む本も、観るDVDも山済み状態で、
おっちょこちょいの私が、乗せられて始めてしまうところが
もう目に見えるようです。

そして、そのイメージは間違いなく現実のものとなりますね。
どうして・・・? それが実現化のルールだから。

宝くじに当たって、南の楽園で優雅に暮らしているイメージ、
そうなって欲しい自分もいるはずなのに、どうしてそれが思い描けないの・・・
それが問題だ。
[PR]

by dewdrop3 | 2010-08-25 19:47 | 日々雑感 | Comments(0)
<< 犬の散歩 『宮ぷー 心の架け橋ぷろじぇく... >>