ただいまっ♪


シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれたライフスタイルを
by dewdrop3
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

『地に足をつけよ』、という声


今日は生まれて初めて、車を運転中に事故を起こしました。

今まで物にかすったりしたことはあったけど、
相手が車を運転している人であったことは、初めての経験です。

もう、目を閉じるとスローモーションのように、そのシーンが浮かんでくるのですが、何故、事故を起こしたのか、どうしてもわからなかったのです。

私は小さなLane(路地)から、大きな道に右折して入る所でした。
そこは、歩行者も横切るので、一旦停止のストップサインもあり、そこでは必ず止まります。

そして、右を見て、左を見て、歩行者もなく車も来なかったので、
右折し始めたら、目の前、道路の真ん中を赤い車がのろーりと横切って、
右折途中の私のバンパーの左前がその車の後部にぶつかってしまったのでした。
でも、右を確認したのに、その事が、どうしても不可解。

「え~、そんな~、あなた、どこから出てきたの??!!
と、驚きながらも、場面はもうスローモーションでした。
慌ててブレーキを踏もうとしても間に合わず、
ぶつかり合う衝撃を感じました。

スピードはどちらも出ていなかったので、
お互いに怪我がなかったのが幸いでした。

でも、しっかり一旦停止して、左右を確認したのに、何故~?
右を見て、左を見て、さらにもう一度右を見なくちゃいけなかったんだ。

自分に非があると思うから、すぐに謝って、
動転しながらも、ダンナに電話をして、
指示通りに、お互いの連絡先や必要事項をメモしました。

今考えると、彼は駐車していて、車を発進させたのではないでしょうか。
それなら彼が道路の真ん中を走っているのが理解できるし、
私が右を確認した時、車は一台も走ってきていなかった説明がつくけど。

もしかして、彼も駐車から発進する時、後方しか見ていなくて、
彼の前で車が右折しようとしていたことには、気がつかなかったのでは・・・
とは、勝手な推測・・・。

でも、どこから出てきても、彼はすでに通りにいる直進車と見なされ、
右折する私に、法的に非があるのだから、今となっては仕方ないのですが。
後は、もう保険会社に任せます。

初めての事故が、この程度で済んだことに感謝するべきですね。
本当に、お互いが無傷でよかった!
リコや、お友達のお子さんや、ジャスパーが乗っていなくてよかった!
相手の男性が、怖い人でなくてよかった!

私の弟は、大学時代の初の接触事故で、相手が『その筋』の人でした。
停止しているこちらの車の前に割り込もうとして、勝手にあてたので
非は向こう側にあったけれど、なにせ、いかにも「やの字」の車に、
後部座席には、『姐さん』が乗車していました。

相手の運転手がにらみを利かし、「兄ちゃん、車何ともなってないで、見てみぃ」
と、何事もなかったことにしようとしたから、
弟が「警察を呼びましょうか」と言ったけど、声がかなりうわずっていたような・・・。
私も同乗していて、すごく怖かったのを思い出します。

そんな相手ではなくて、親切そうなインド人の若者でした。
事故現場のすぐ近くのユニットに住んでいるので、
車をそのまま路駐して、別れました。

もう、起こってしまったことは仕方ないけれど、
本当にショックで、心臓がバクバクでした。

ダンナも早く帰って来てくれて、相手の車のかすった部分を写真で撮ってくれました。
あ~、携帯で写真を撮ることも思いつかなかった自分が情けない。
何しろ、初めての事故なので、かなり動転していたのです。
事実関係も、しっかり確認できなかったし・・・。

本当に地に足を付けて、しっかりしないといけない。
これは、『もっとグラウンディングしなさいよ』
という警告のように思えて仕方ありません。

今日はしっかり自分と向き合う瞑想をします。
[PR]

by dewdrop3 | 2010-08-18 19:26 | 日々雑感 | Comments(3)
Commented by at 2010-08-18 21:30 x
あれ~、大変な思いをしたね~。でもホント、怪我がなくて良かったよ!
日頃の心がけが良いから、変な人とぶつからなくてすんだのね。
Commented by dewdrop3 at 2010-08-19 08:31
もう、自分を『無事故・無違反ドライバー』とは言えなくなってしまった・・・(涙)。
でも、ダンナがやけに寛容で、「こんなこともあるよ、車のダメージだけで済んでよかった」と言ってくれました。
ダンナは車を廃車にした経験があるから、理解があるのかな。
本当に怪我人が出なくて済んだことに感謝です。
Commented by at 2010-08-20 15:28 x
どんなに注意していても[事故」は起こるもの。偶然じゃなくて必然だからね。怪我もなくすんで、大事なレッスンを学んで、家族の暖かさに触れられて、逆に事故に有って良かったこともあったでしょ。無事故の優良ドライバーよりさらに良いドライバーになっただろうしね(^う^)また車乗せてね!
<< 時間の概念 いつでも、どこでも、誰からも >>