ただいまっ♪


シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれたライフスタイルを
by dewdrop3
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

にわか大家族


ダンナがブリスベンから義母を連れて帰り、
我が家には、友人の子供たちがお泊りに来ていて、
我が家の人口は2倍になりました。

いつもは3人家族の私たちも、
義父が亡くなってから、一人だった義母も、
母親が入院中の子供たちも、
そして、一人で外国に来たホームステイのレイちゃんも、
こんなに大勢で夕食を囲むのは、久しぶり・・・。

なんだか、にわか大家族となって、
わいわい賑やかで、楽しい食卓となりました。

実は、私が幼い頃になりたかったのは、下宿屋さん。
サウスオーストラリア州に住んでいた時は、
『ベッド&ブレックファスト』もやってみたいな・・・なんて思っていたのです。

なので、ご飯はたくさんの人と一緒だとわくわくします。
食事は、私が心をこめて一日中キッチンで・・・なんて、わけはなく、
シェフでもないのにすごい料理上手な、友人のご主人が
子供たちを預かってもらうので、せめて料理くらいは・・・と、
子供たちの好物を作り、差し入れしてくださいました。

入院中の友達も、料理上手で、
息子くんたちは、とても口がこえているのです。
(私の手料理じゃ、心もとない・・・)

料理なんていいから、少しでも長く病院にいてあげて・・・と言っても
夜は病院に泊り込むから、食事だけはしっかり取ろうと思って、ということで、栄養満点で美味しい料理を、自ら作ってくださったのでした。

友人は術後、傷口からの出血が止まらず、
それでも、無理にトイレに歩いて行かせようとする看護師さんもいるそうで、
彼女は反論するにも、体力も気力もない状態なので
ご主人が、泊り込んで彼女に付き添っているのです。

本当に、今回の入院、緊急手術は、すごく大変なことだったけれど、
ご夫婦の絆が、さらに強くなったことは確かだと思います。
仕事に夢中だったご主人が、ものすごく献身的な看病をしていて、
本当に奥さんへの大きな愛を感じます。
決して、悪いことばかりではないですね。

私にできることは、子供たちの面倒を見ることくらいだけれど、
風邪なんかをひいて、寝込むわけにはいかないので、
引き始めのうちに、ホメオパシーのレメディーで大事をとっています。

5歳の男の子をひざに乗せて、一緒に遊んでいると
何だか、子育てをもう一度体験させてもらっているようで、
リコが幼い頃は、楽しめないこともあった親業だけれど、
今では、めったに腹は立たないし、よく笑えるし、
自分の子供も含めて、子供たちと一緒にいることを、心から楽しめます。

私は、この男の子たちの自称、『ゴッドマザー』になりました。
二人ともすごくいい子達で、一挙に息子が2人できたみたいで、将来が楽しみ・・・。
ガールフレンドができたりしたら、ヤキモチとか焼いたりするのかな(笑)。
[PR]

by dewdrop3 | 2010-05-23 21:03 | 日々雑感 | Comments(0)
<< アクシデンタル リトリーバル ノーベル平和賞 >>