ただいまっ♪


シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれたライフスタイルを
by dewdrop3
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

秋の夜長です・・・


朝晩はめっきり冷え込んで、ヒーターが要りそうな気候のシドニー。
ジャスパーも犬の風邪、というか「Kennel cough」にかかって、
昨日からカラ咳を時々しています。

「Kennel cough」とは、文字通り、
犬のボーディング・ハウスに預けたりすると、
そこで移る犬のインフルエンザのようなものですが、
ジャスパーは、公園で他の犬と遊んでいる時に移ったようです。

昨日、1歳の予防接種で、ジャスパーをVetに連れて行き、
注射の前に、ホメオパシーのレメディーを飲ませました。
朝のうちは、何かが喉に詰まったような咳を数回しただけだったので、
獣医さんには特に何も言わなかったのです。

注射のショック緩和のため、飲ませた「Aconite」というレメディーが、
「Kennel cough」のかかり始めにも効果を発揮したようで、
今のところ症状はひどくなってはいません。

ただ、いつもより元気がなく、容態が急変したら困ると思い、
大事をとってわたしたち親子もお出かけを止めて、
皆でゆっくりDVD鑑賞の一日にしました。

ご存知ジェームス・キャメロン監督の『アバター』ですが、
DVDが、またしても記録的な売り上げをみせていますね。
私たちも映画館でしっかり観たのですが、
何しろ圧倒されたり、息をのんだり、アバター・マジックにかかったようで、
またゆっくり観たいと思っていたのです。

劇場では迫力ある3D映像で、スクリーンと客席の垣根もないような、
まるで自分がパンドラ星にいるような感覚でしたが、
さすがに我が家のテレビでは、それほどの臨場感はありません・・・。
でも、家族であれこれ話しながら、楽しめました。

今回は、『聖なる木』の持つ役割や、母なる大自然について畏敬の念を持つ”ナヴィ族”たちの生き方など、いろいろな世界観をゆ~っくり感じることができました。
ネイティリの自然を敬い、動物や植物達と心を通わせながら生きている様子は、ジェイクでなくとも惹かれますよね。

観終わった後に、現実の世界に嫌気がさしてウツ状態になる
「アバター・シンドローム」という現象まで起こしたという映画だけれど、
これから、人類がどうやって自然と共存していくか、
本当に大切なことは何か、をひとりひとりが見つめなおすきっかけになればいいと思います。

明日もよい一日をお過ごしください。
[PR]

by dewdrop3 | 2010-05-01 20:29 | アートな話 | Comments(5)
Commented by きょうこ at 2010-05-04 12:37 x
私もAVATARのDVD,昨日見ました! 劇場3Dの迫力はないけど、大型HDテレビのせいか、絵に奥行きがあって、色もきれいで、思わず3Dめがね掛けてみようか?と思ったくらい! 嫌いだった戦闘シーンは席をはずして他の事をして、好きなところは思い切りエンジョイできたわ。  
Commented by きょうこ at 2010-05-06 07:51 x
Kennel Coughの予防注射、してなかったの? 普通は一番最初のに入ってるんだけど。この病気はすごくCommonで、うつりやすいらしい。うちも人間にはホメオパシー使うけど、犬たちに使った事無かったなあ。今度やってみる
Commented by dewdrop3 at 2010-05-06 10:33
Kennel Coughの予防注射はしてるけど、でもインフルエンザと同じで、型が違うとかかるらしいの。
ホメオパシーは、人間よりも犬の方がさらに効果が早い、とお店の方が言っていました。
ジャスパーったら、病人(犬)とは思えないくらい、今は元気いっぱいで、ホメオパシーの効果を実感してるの。
ワンちゃんにもお薦めです!
Commented by きょうこ at 2010-05-07 21:47 x
へえー、Kennel Coughって、そうなんだ
ちなみに、レメディの量は犬の体重に合わせて決めるのですか?
Tissue Saltでやるの?
Commented by dewdrop3 at 2010-05-07 22:52
普段の健康維持にあげるのは、SilicaとかのTissue Saltで、赤ちゃんと同じ量くらいをあげているけど、Kennel Coughの場合は、Arnicaを引き始めに6Cを1錠、1回(これは予防摂取のショック緩和のためだったけど)。それでBryonicaという咳止めの6Cのを1錠ずつ、一日5回あげました。
もっと詳しい情報が必要な場合は、メールしますね。
<< スピリチュアルの落とし穴 『時をかける少々』で、感激の再会 >>