ただいまっ♪


シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれたライフスタイルを
by dewdrop3
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「自分が完璧な人だけ、人を判断できる」


自分のことは棚にあげて、よく他人の言動を非難する。
私自身も含めて、『自分には甘く、他人には厳しい』という人に対する
戒めの言葉として、「自分が完璧な人だけ、人を判断できる」とか、
「間違いを犯していない人だけ、人の過ちを非難できる」とか
英語表現でも言います。

でも、もともと完璧な人や、間違いを犯さない人なんていないわけだし、
たとえ完璧な人に、人を判断する権利が与えられたとしても、
人を判断した時点で、そこで完璧な人ではなくなる可能性大なので、
これは、パラドックスですね。

人の間違いを指摘するのも、なかなか難しいものがあります。
親でも、子供の間違いを気づかせるのに、
「それは絶対に変、違ってるよ」と、ただ言うだけではなく
「どうしてそう思ったの、お母さんはこう思うけど」、とか
その間違いの原因も一緒に考えることが必要だと思います。

でも、『言うは易し、行なうは難し・・・』
こんなこと、思い出したのは
昨日は、私、海外での面白い日本語パッケージの話を紹介しました。

でも、外国人の方が変な日本語を使うのは、ご愛嬌です、
愛情を込めて、笑っちゃうっていう感じですみますが・・・
笑えないのは、海外生活のやたら長い私の日本語、と思うからです。

PCで書くときはまだいいのです。
PCが漢字も出してくれるし、考えながら書くわけだから
そんなに変な日本語は使わないと思うのだけど、
これが、しゃべる時になると・・・ちょっとあやしい・・・。

例えば、この前食べ物の話で、
「納豆が食べられないなんて、日本人の風上にもおけないね」
と、友達をからかうつもりが
「日本人の川上にも置けない」と言ってしまい、
あれ、何か変だ、
川上に置いたら、どんぶらこ、どんぶらこ、と流れていっちゃうよ・・・。
自分がまんまとからかわれる羽目になったのでした。><

あれ?風上?川上?考え始めたら余計にわからなくなっちゃう。
こういうことは、さらっと言わないと、深く考えると出てこなくなるのです。

以前も、「わらをもすがる思い」と、「針のムシロ」が一緒になって、
「もー、すごく大変で、わらのムシロに座る想いだったよ」って言ってしまい、
「じゃあ、普通じゃん、ちっとも大変じゃないよ」と言われ
あっ違った、わらのムシロは当たり前、針のムシロでした・・・
っていうこともあったね。

もう、外国人の日本語を笑えない私なのです。
危ない、危ない・・・、
日本で過ごした時期よりも
海外で過ごした時期の方が長くなっているからね。(と自分に甘い・・・弁解)

せっかくきれいな言葉を持つ、大和人に生まれたからには、
美しい日本語を保ちたいものです。
言葉を覚えたり、キープするには、音読が効果的だそうですよ。
脳の活性化にもなるし、ちょっと音読始めてみようかな。
[PR]

by dewdrop3 | 2010-04-22 21:14 | 日々雑感 | Comments(2)
Commented by きょうこ at 2010-04-24 09:52 x
こっちにいると日本語が変になっちゃうし、この前日本に1週間行っただけで、英語が出てこなくなった! 歳とともに若い時みたいに脳の切り替えが上手く行ってないみたい。今までそんな事なかったのになあ・・・
でもね、日本の日本人の日本語も、今ではひどいものがあるよ〜
テレビのタレントさんとか、子供たちがそれが普通だと思って真似してるし
Commented by dewdrop3 at 2010-04-24 17:05
確かに日本語の乱れはあるよね。
でも、言葉は生きているから、使われていくうちにどんどん変わっていくのは、ある程度仕方ないことでしょうね。太古の昔から、日本語も変わってきたわけだしね。英語もしかり・・・。
だけど、美しい日本語表現が失われるのは、寂しいよね。
やっぱり、音読しなくちゃ。
<< 「なんちゃってオステオパシー」 「すつぼい梅」 >>