ただいまっ♪


シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれたライフスタイルを
by dewdrop3
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ファーストエイド講習


3年前に取得して、期限切れになったファーストエイドを
昨日、取得し直しました。

以前はまるまる2日の講習だったのが、
今回は、自己学習と練習問題など、通信教育のように
予習できることは個人でして、講習日は1日で終えるというものでした。

それでもホリデーに出かけてしまった私は、
ほとんど、前日の一夜漬け勉強になるかたちで出席・・・。
(学生時代から成長してない ><)

講師の方は、雪山のライフセーバーをしていて、
スレドボというオーストラリアのスキーリゾートや、
北海道のニセコでも、活躍されている方でした。

なので、実際のファーストエイドの、臨場感あふれる現場の話も交えて
勉強できました。

以前、彼が受け持ったファーストエイドの講習に出席したある女性は、
急に子供の面倒を見てくれる人の都合が悪くなって
10歳の娘さんを連れて参加しました。

部屋の隅で、おとなしく本を読んでいたお子さんも
実技の場面では、本を閉じて
興味深く、心臓マッサージの方法や、
電気で蘇生させる機械の使い方を見ていたそうです。

よく医療ドラマなどで、患者の胸とわき腹の2点に
パッドを当てて、「エブリワン、クリアー」ってドクターが言い、
電気ショックがバーンと患者に走る、例の機械のポータブル版です。
日本語では、「自動対外式除細動器」と言うそうですが(難しい・・・)、
英語では「Defibrillater」です。

講師は、その女性から数ヵ月後に、手紙をもらったそうです。


主人と娘が二人で、他州に住む主人の両親に会いにいく時、
空港で主人が、心臓発作を起こして、倒れてしまいました。

空港にあった、「Defibrillater」(電気ショックを与える機械)で
主人を救ったのは、空港にいた職員ではなく、
なんと、10歳の娘でした。

職員も使い方をはっきり覚えておらず、戸惑っていました。
呼吸の止まった人を前にして、
自信を持って処置できずに、ためらっていたのです。

あの時、ファーストエイドの講習に参加して、
たまたま、娘を連れて行くことになってしまったけれど、
そこで娘が覚えたことが、主人の命を助けることになったのです。

こころよく、娘をクラスに座らせてくださって、
本当にどうもありがとうございました。


と、いう内容だったそうです。
すごい!またしても、神様の計らいを感じます。
このお嬢ちゃんは、ダディーの命を救ったヒーローです。
この年齢で、人の生死の場面を経験して、
将来は、ドクターやナースになるかもしれないですね。

本当に、知っているのと、知らないのでは
生と死ほどの違いがあります。

だから皆さんも恐れないで、電気ショックの蘇生機を扱いましょう。
10歳の子供が使えたのだから、大丈夫、怖がらないで!
ということでした。

ファーストエイドを処置し、ダメージを最小限にとどめたり、
蘇生させたりできるのは、やはりすごいことです。

魂の世界を旅して、魂が永遠に生き続けることはわかっていても、
やはり救える肉体の命は、救いたい!と思います。
肉体があればこそ経験できる、素晴らしいことが人生にたくさんあるんだもの。

さて、テストも無事に終えて、久しぶりに会うお友達と
楽しいディナーのひと時を過ごして、家に戻ると・・・
私のモモちゃん(ピンクのデルのPC)の調子が、どうもおかしい。
どういじっても、あ~、駄目。動いてくれない・・・。

PCのファーストエイドは、私には絶対に無理なので、
今日は、ダンナにデル・モモちゃんの蘇生術をお願いして、
私は、「元気に直って帰ってきて~」
と、お祈り専門に回っています。
[PR]

by dewdrop3 | 2010-04-17 17:35 | 日々雑感 | Comments(10)
Commented by てんつくウーマン at 2010-04-17 20:21 x
みぽり~ん。今日はコメントちゃんとできるかしらん??
お初にコメントさせてもらうのに、不謹慎でごめんなさ~い。このサイトの右下に、翻訳ボタンがあるよね。試しに「英語翻訳」押してみた。。。。。笑えるよ。
失礼しました~。PCが早く復活するように、ホオポノポノもいいかもね!
Commented by dewdrop3 at 2010-04-17 20:36
てんつくウーマンさーん、
「いったい誰よ・・・」ってすぐにわかりました!笑えるのは、英語翻訳でなくて、すぐそんなこと試すてんつくウーマンさん、あなたです♪
お初コメントありがとう!
デルのモモちゃんには「CEEPORT」シールも張ってあるのだけど、ちょっと酷使し過ぎたのかも・・・。元気になって戻ってきたら、もうちょっといたわってあげなくちゃ。
でも、私、よく電化製品を狂わせてしまうので・・・エレクトロパスと家では呼ばれています。
Commented by simplicity_circle at 2010-04-18 12:57
みぽさん♪私もちいさなエピソードがあります!!

ファースドエイドを受けたお友達から、「今はね喉に何かを詰まらせたら、逆さにしたりしないんだよ。立て膝に胸を置いて、背中を手で強く押して、圧迫して詰まったものを出させるんだよ。って聞いたんです。

それから1週間も立たないある日、キッチンに立っていたら、リビングの方から声にならない変なくぐもった音が!振り返ってみるとまだ2歳だったLeeがおにぎりを喉に詰まらせて、顔が真っ赤になっていたんです!!

おかげで彼女は助かりました。。。。今考えると神様の計らいを感じます。

座って大人しく食べてたんですけど、のりが噛み切れてなくて喉に詰まっちゃったみたいです。びっくりしましたけど、どんなに気を付けていてもひょんな拍子に起こるかわからないものですね。

知るべきに知っておけるように、内なる声と繋がっていたいものです。
Commented by dewdrop3 at 2010-04-18 13:05
シムちゃん、よかったね~。
子供のことは、本当に肝を冷やしてパニックになりがちだけど、知っていたから対応できたんだもの。「神様ありがとう!」ですね。
シムちゃんもLeeちゃんも、ちゃ~んと守られています、ありがたいよね。
Commented by きょうこ at 2010-04-21 11:10 x
ファーストエイドは、家族や愛しい人の命を救えるよう、すべての人が知っておくべきよね。
私もシムさんと同じ様な事がありました。 エミカがまだ1歳の時かな、何かがのどに詰まって息が出来なくなってて、とっさに会社のメディカルトレーニングで教わったとおりにやりました。 なんと、カーペットの毛糸の切れ端10cmくらいのが、ビロロ~ンと! 私もエミカも周りもミルクだらけのまま、しばらくボー然。 
あの頃って、なんでも口に入れたねー。 何か美味しそ~にしがんでるので、何食べてるんだろ?と、口に指突っ込んで出してみると、ギャーー!! なんとゲコのちっちゃいのの干からびたやつ!スルメのような味だったのか!?
 
Commented by dewdrop3 at 2010-04-21 12:58
エミカ、いろいろやってくれますね(笑)
そうやって、親も鍛えられていくんだわ・・・
ゲコでよかった・・・、ゴキちゃんだったら、ウギャ~~~~!!
Commented by ナベーロン at 2010-04-30 15:05 x
dewdrop3様、はじめまして。私もシドニー在住でして、ファーストエイド講習の情報を探しているのですが、もし差支えなければ、dewdrop3様が受講されたコースに関してお教え願えないでしょうか?
いきなり不躾なお願いごとで大変失礼かと存じますが、調べてみて出てこなかったのでご教示頂ければ幸甚です。

宜しくお願い致します。
Commented by dewdrop3 at 2010-04-30 16:46
ナベーロンさん、こんにちは。
私はノース在住なので、今回はChatswoodでのコースを探して行きました。
救急車でお馴染みの、St. Johns Amburanceもとても有名で、2日コースを主催していて、3年前はこのコースを受けました。
ナベーロンさんの近くにも、いいコースが見つかるといいですね。
とりあえず、私が今回受けた所のサイトをご紹介しますね。http://www.firstaid.net.au/seniorfirstaidcourse.php
このサイトから、いろいろな地域が選べると思いますよ。
絶対に知っていると便利なので、お勧めします。
初コメント、ありがとうございます♪

Commented by ナベーロン at 2010-04-30 19:34 x
初コメントでいきなり不躾な質問にも関わらず、こんなにもご丁寧に教えて頂きまして、誠にありがとうございました。

一度電話をして詳細を確認してみたいと思います。

話は変わりますが、直近の他の記事も拝読させて頂きましたが、読み入ってしまいました。22日の記事など、自戒の念を再認識できましたし、私も変な日本語を話しているかも・・・と英語に悪戦苦闘する中、日本語の方も油断出来んな。。。と思いました。

それに、dewdrop3さんの文章には、至る所に優しさがにじみ出ているな~と。文章でそういうことを感じさせれるって凄いと思います。

知ったようなコメントでこれまた失礼かと思いますが、率直にそう思いました。

サイトも教えて頂き、重ね重ね感謝いたします。また立ち寄らせて頂きますね!ありがとうございます。
Commented by dewdrop3 at 2010-04-30 19:57
こちらこそ、あたたかいお言葉ありがとうございます!
とっても励みになりますから、是非またお立ち寄りくださいね。
使い方によっては、非難されることもあるネット社会ですが、こうして初めての方との繋がりができることって、いつかご縁のあった方との再会や、これからのパイプができたりして、本当にすばらしいですね。
これからも、どうぞよろしくお願いします♪
<< 「ありがとう」の反対は? 「トイレの神様」 その後 >>