ただいまっ♪


シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれたライフスタイルを
by dewdrop3
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ありのままの自分


わたしの大切な友達は、飾らない、ありのままの自分でいられる人達ばかり。
時には無防備なほどに・・・(笑)

こんなにも心を開いてくれて、私を信用してくれてありがとう!!
っていう気持ちに、いつもさせてくれます。
そして、そんな人たちを大好きだな、ずっと大切にしたいなあ、と思うのです。

初めて会う人でも、私は、そんな正直で素直な人に出会うたび
本当にほっとして、素敵な人だな・・・と感じます。

だって、世の中、仮面をかぶって生きている人がどれだけ多いことか・・・
本当の自分に鎧をかぶせて、当たり障りのない言動をするのも
自分の身を守るために必要な時もあります。

でも、それが当たり前になって、本当の自分を見失っている人もたくさんいます・・・。
言葉だけを並べ立てるのが普通になって、自分の本当の気持ちがわからなくなったり、心を開くことの大切さを忘れてしまったり・・・。

社会生活を無難におくるための鎧も、たまには脱いで、風を通さないと
ピッタリ張り付いて、はがれなくなったら怖いよ。
そして本当の自分を思い出さないと、人との良い関係も築けない・・・。
なにより、生きるのが大変じゃないだろうか・・・。


魂の世界では、プライバシーなんてあったものじゃないんだから。
ガイドさんたちは、何でもお見通し・・・
シャワー中に話しかけられるのにも、今では慣れましたが(笑)、
かっこつけたって、即効で、痛い突っ込みを入れられます。

何だか、そんなことを考えさせられることがあって、
素のままの自分をさらけ出すって、そう簡単なことじゃないんだろうな、
それなら、私の友人たちは、かなりの希少価値!?
みんなが特別な人達です。いや、それは、もともとわかってたけど。

ありのままのみんなが、私の周りに居てくれて、どうもありがとう~!
って、あらためて、急に叫びたくなりました。
誰かを愛することを、心を捧げるっていう英語表現があります。

私も感じたこと、ありのままの気持ちを、みんなに伝えます。
本当にいつも私の近くに、そんな素敵な人達がいてくれるだけで、
私って、すごい幸せものだなあ・・・って思うのです。
こんなにもオープンに私に心を捧げてくれて、本当にありがとうね!!

そう感謝する反面で、
仮面や鎧をつけたままの人は、息苦しくないのだろうか・・・
それとも、気付かないほど、自分と一体化しているのだろうか、
そんなことを考えていたら、テレビで私の大、大、だ~い好きな歌が流れてきました。

私が伝えたいこと、そのものじゃないの。
もう、タイミング良過ぎて、嬉しくて泣けちゃったよ・・・



シンディー・ローパーの「True Color」です。


悲しい瞳をしているあなた 
そんなに落ち込まないで 悩んだりしないで

勇気を出すのは 難しいことかもしれない
特に周りに人が沢山いる時には
見失ってしまいがちなもの・・・
あなたの心の暗闇が あなたの心を狭くしているのね

でも私には 本当のあなたが 
光り輝いているのが見えるよ

あなたの本当の心の色を 私はちゃんと見ているよ
だからあなたを愛しているの 恐れたりしないで

私は見ていたいよ 
あなたの本当の姿を
だって あなたの本当の心の色は 
虹のように とっても綺麗なのだから・・・


[PR]

by dewdrop3 | 2010-04-15 08:04 | 日々雑感 | Comments(2)
Commented by きょうこ at 2010-04-17 08:34 x
「類は友を呼ぶ」って言うように、波長の同じ様な人を引き付けるんだってよ。 
そう言えば、私も最近は仕事でも良い人ばかりだなあって、幸運に思うことが多いけど、よく考えてみると、一緒に仕事してるのよ、やっぱり。ただ、自分が変って、そういう人の事を気にしなくなって、良い人の事をもっと意識したり感謝するようになっただけだったの。
それにしても、人の心を開くのって容易じゃないよね。自分が心を開いていれば、いつかは通じると信じるしかないのかしら・・・ 念が足りないのかなあ

Commented by dewdrop3 at 2010-04-17 09:05
きょうこちゃんは、今のままでじゅうぶんよ、
でも、そこで満足して止まってしまうと、進化しなくなるからね。
心を開いたままで、こうなりたい理想の自分にどんどん近づく努力を続けて、感謝の気持ちを忘れなければ、あとは神様がよいように計らってくださると思うわ。
<< 「トイレの神様」 その後 ある日のリトリーバル・・・ >>