ただいまっ♪


シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれたライフスタイルを
by dewdrop3
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アンマ(Ammachi)オーストラリア・ツアー


シムちゃんのブログにも紹介があった『愛の人、アンマ』が来豪します。

私も10年ほど前、子育てで身も心もぼろぼろの時に、
抱きしめてもらったことがありました。
本当に愛そのものという感じのあたたかい、懐の深いお方でした。

寄付などお金を払った人だけではなく、本当に誰にでも、
アンマ(当時はアマチと呼んでいました)の愛は、
必要な方には惜しみなく与えられるのです。

2歳までは本当に手のかかるベビーだったリコ。
赤ちゃんの世話や、寝不足、慣れないことだらけの生活で、
子育てが楽しめなくて、心が貧しくなっていた私に、
包み込むようなあのハグは、ひたすらやさしく、そして強烈に効きました・・・。
からからに乾いた土地に降る、慈愛の雨のように、心に染み入りました。

本当にありがたかったです。母に甘えられるような、
大地にいだかれるような、そんなあたたかな気持ちで、癒されました。
本当に人の心を動かすのは、愛ですね。

アンマには、二度違う会場で抱いていただきました。
もう一度、抱いてもらいたい気もしますが、
でも、アンマの所には身体の調子の良くない人や、
遠くから来た人、いろいろな方が順番を待っているので、
私がよけいな場所ふさぎをするより、道をあけて本当に必要な方にできるだけ早く、できるだけ長く、アンマの愛を感じていただきたいとも思います。

当時、会場で買ってから、何年もバッグの中にいれていたアンマのシール。
今の私には多分もう必要ないのでしょうか、
どこかにいってしまいました。

かつて、子供に尽くすだけ尽くしたつもりで、
疲れて枯れてしまったように感じたのは、
愛ではありません、愛は決して枯れませんから・・・。
与えれば与えるだけ、あふれるように巡ってくると
今では理解できるほど、私も成長しました。

自分のことを愛し、人にも愛を分け与えたいと思えるまでに、
愛があふれてきたのだと思います。
そうなれたことに、本当に感謝したい気持ちでいっぱいです。

アンマが本当の愛の大切さを教えてくれました。
彼女の愛が必要な方は、どうぞ是非会いにいってください。
アンマは誰でも受け止めてくださいます。
オーストラリア・ツアーの日程と場所はサイトでチェックしてくださいね。
どうぞ、みなさんもアンマの愛で満たされますように・・・。
[PR]

by dewdrop3 | 2010-03-30 21:48 | 日々雑感 | Comments(3)
Commented by simplicity_circle at 2010-03-31 09:12
私もね、最初思ったんです。私みたいに、ぴんぴん元気で、幸せを感じて生きている人間が、アンマの貴重な時間を割いていいのかな?って。

でも自分のコメント欄にも書いたんですけど、どうしても、アンマの瞳を見たいと思ったのです。彼女の瞳の中にある、深淵なる愛をこの目で確かめたい!と。

3次元のこの世の中で物質という現象を通して「愛そのもの」と対面できるなんて...

みぽさんのこのエントリーを読んで、ますます、私にはアンマが必要だと確信しました。あふれる愛。まだまだ遠いですから。。。
Commented by dewdrop3 at 2010-03-31 11:43
是非とも、一度だけでもハグされてみてください!
愛されたと心から感じられると、人の愛し方もわかります。
無償の愛って、現実社会ではなかなか難しいですよね、
家族に対してですら、「いい子にしてたら、これをあげる」とか
つい条件付きで、話すことってあるくらいだもの。
本当の無条件の愛にたどり着くのには、私も遠い道のりです。
でも まず自分を許し、認め、愛してあげて、人にもたくさんの愛を与えられるように、誰でも一度はアンマの愛を体験した方がいいと思います。
Commented by simplicity_circle at 2010-04-02 06:53
ほんとだ。。。
子供に対しても、「〜したら、〜してあげる」ばっかりです。
無償の愛、無条件の愛、人生はそのためへの旅なんですかね。。。

子供には、ママの言う事聞かないと怒っちゃうけど、でも本当はいつでも大好きなんだよ。できなくても、大好きだよ。ってもっともっと言ってあげようとまた決心をあらたにしました。
<< 魔法の言葉 カレル先生の思い出の家 >>