ただいまっ♪


シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれたライフスタイルを
by dewdrop3
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

『リトリーバル(救出活動)』初体験!

私がブルース・モーエンの著書『死後探索』のシリーズ5冊を読んだことは
以前にも書きました。

特定の故人に会いたいなどという上級者用のミッションに
いきなりトライしてしまいましたが、
ふつうビギナーは、比較的簡単な『魂の救出活動』から始めるものらしく、
私もマニュアルどおりに、やさしいリトリーバルから始めることにしました。

マニュアルにあるように、エネルギーワークの練習をしてから、
その後深い瞑想状態に入って始めたのですが・・・。

すると、多分ハイチだと思われる、
瓦礫の山のように廃墟となった埃っぽい場所で、
車椅子に乗った無精ひげの男の人と、初めてコンタクトできたのです。
彼は黒人ではなくて、色の浅黒い30代後半くらいの西洋人でした。

その人は、「せっかくここに来て人々の役に立ちたかったのに、
こんな身体では足手まといになるだけで、何の役にも立てなかった」
と、自分の無力さを悔やみ、絶望していました。

彼は、エイドワーカーか何かボランティアでハイチに来ていたのでしょうか・・・。
車椅子の車輪はゆがみ、瓦礫だらけの地面にスタックして
動きが取れないようでした。
私は、彼は自分が亡くなったことに気付いていないのだ、
と、直感し、「ヘルパーさま、来てください」と、念じました。

すると、みすぼらしい黒人の壮年の男の人が私の隣に腰掛けて、
「この先に、7Days Care Churchがあるから、
とにかくそこに行こう。そこで身体をきれいにして、手当てを受けよう、
すべてはそれからだよ」
と彼を励まし、「私もついて行きます」と私も立ち上がり、
私とヘルパーさんとで、車椅子を瓦礫から出し、押して歩いていきました。

そこで、クリックアウトしてしまいました。

後は、ヘルパーとして来てくれたそのガイドさんが、
フォーカス27まで連れて行ってくれたことと思います。
すべて会話は英語でしたが、そのこ汚い黒人のおじさん(ごめんなさい)は、
けっこう訛りの強い英語でした。

本当なら、車椅子の彼の名前や年齢、「今は何年ですか?」とか、
いろいろな証拠集めをすると、後から、その確証が取れるので、
ブルースは必ず証拠をもらってくるように、と著書でも勧めています。

でも、何しろ私も初めてで、半信半疑で始めたものが、
予想外に「リトリーバル」可能になったので、
ガイドが現れてくれた時点で、ほっとしてしまい、
そんな余裕は、まったくありませんでした。

でも、埃っぽいザラついた感触、埃が入らないよう目を細めた感覚も、
とてもリアルで、隣に来てくれた人が「ヘルパー」であることや、
その場所がハイチであることは、なぜか感覚としてわかったのです。

こんな経験で、本当に興奮してしまいました。
これからも『リトリーバル』を続けていく励みになります。

魂の救出とは、未浄化の霊だけではなくて、
現在の問題の原因となった過去世の魂であったり、
自分の側面の救出活動をすることも可能なのです。

なんだか、すごいことに首をつっこんでしまったようですが、
ブルース・モーエンがニューエージのグルーとかでなく、
まっとうなエンジニアで、論理的に真実を突き止めることをしたから
私も著書を5冊も読むことになったのでしょう。

しかも日本語のワークショップは、日本だけ。
そしてシドニーからでは、とても高くて参加できそうもないので、
だから独学しか手段がなかったのですが・・・

エンジニアだけに、文章が硬くて翻訳も読みにくく、
早く探索に出たい気持ちとは裏腹に、読破するのに時間がかかりました…。
と、本音をぽろり・・・。
[PR]

by dewdrop3 | 2010-02-01 13:30 | 魂救出活動(リトリーバル) | Comments(4)
Commented at 2011-08-29 15:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dewdrop3 at 2011-08-29 15:38
titaniclover1119様、コメントありがとうございます。

私もシドニー在住ゆえに、本当にリトリーバルに関しては独学なんです。

私は、ブルースのリトリーバルを行なう以前から、瞑想などに興味があって、いろいろなメソッドを試していたので、変性意識にはなりやすかったのだと思います。

もし、Titanicloverさんが、変性意識に入りにくいと感じられるようでしたら、「ヘミシンク」のCDなどを聴きながら瞑想してみると、エネルギーが巡る感覚がつかめやすいと思います。

私もこれから、シドニーでいろいろな方たちに、リトリーバルを広めていきたいので、今回のご質問はとてもタイムリーでした。

本当にこうしてシドニーも日本も繋がっているのですね。
そう思うととても嬉しいです♪

どうもありがとうございました。
お互いの経験談をシェアしながら、一緒にスキルを高めていけたらいいですね。

みぽりん
Commented by titaniclover1119 at 2011-08-30 09:30
お返事ありがとうございます!

そうですか、
それまでの努力も活きているんでしょうか。
ヘミシンク瞑想も参考にしますね。

私の場合、まだまだすごく始めの方なので、
感覚に意識を向けることに慣れていこうと思います。

身近にはスピ系の話が通じる人がいないため、
まずは自分がなんとかある程度までは辿り着きたい感じです。

これからもどうぞよろしくお願いします。

やまたい
(名前です)
Commented by dewdrop3 at 2011-08-30 20:30
やまたいさん、

ブルースのマニュアルですが、私もつい、先の方を読みたくなってたまりませんでした。

そして、「記録しましょう」と本文に出てくるところは、けっこうサボったこともありますよ(笑)。

でも、一度できてしまうと、自転車と同じで、次からはちゃんと補助輪なしでも乗れるんです。
そして、一生忘れないスキルなのではないかと思います。

ブルース自身が最初は、モンロー研究所のヘミシンク体験から始まって変性意識を体験し、徐々にへミシンクなしの独自の変性意識への道筋を作っていったのと同じですね。

なんだか、未知の世界への冒険のようで楽しみですよね。

こちらこそ、どうぞこれからもよろしくお願いします。

みぽりん
<< ハイチでの魂の救出作業 どこでお会いしたかしら・・・ >>