ただいまっ♪


シドニーでボディ・マインド・スピリットのバランスのとれたライフスタイルを
by dewdrop3
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

家庭菜園

実は昔、私、オーストラリアのファームで数年暮らしたことがあります。
その時は、家庭菜園なんてレベルでなく、
フルーツのなる木が何本もあり、
野菜もけっこう自給自足でまかなっていました。

といっても、にんじん、ジャガイモ、玉ねぎの基本野菜は
買ったほうが安かったので、買出しの時にまとめてゲットしましたけど・・・。
(じゃあ、自給自足って言わないか)

人口200人程度の田舎で、アジア人は私とフィリピン人の女性、たった二人だけ。
隣の家まで2キロ近くはあったでしょうか。
何しろすごいカルチャーショックだったけれど、
田舎での生活は、本当に何ものにもかえがたい貴重な経験でした。

都会育ちの私にとって、オーストラリア最大の都市に住むのは、
東京、ロンドン、NYとあまり変わらないかもしれないけれど、
オーストラリアのファームというのは、ものすごい生活の変化でした。

ごみの収集車も来ないから、生ごみは肥料にするため「コンポスト」を作り、
家庭菜園に活用しました。
でも、羊のファームだったので、そこら中にナチュラル肥料が落ちていて
肥沃な土地だったようです。

だから、今のシドニーで行なっている家庭菜園なんて
もう、ままごとレベルなんだけど、
それでもサラダ用の葉っぱや、プチトマトは、
新鮮で美味しく、とても助かっています。

ただ、きゅうりは、苗の数と水やりを投資した分だけのリターンがなくて
やっぱり買ったほうが良かったかしら・・・という感じ。

コンポストもいちおうあるけど、都会の庭なので
あまり積極的には活用できていないのが残念。

そこで、活躍しているのがお米のとぎ汁です。
お米は毎日のように食べるから、
とぎ汁も夕食前に必ず3~4リットルはでます。
そのとぎ汁を取っておいて、家庭菜園の水やりに使うのです。

とぎ汁を排水溝に流すなんて、もったいないことしてませんか?
これは、盆栽をしていた祖父から教わったことです。
子供の頃、とぎ汁を溜めておいて、夕方祖父の盆栽棚に水をやるのが
私の仕事でした。

そんな子供時代の習慣から、お米を研ぐ時に
シンクの中にとぎ汁を流すことに、罪悪感を感じていました。

家庭菜園をすると、新鮮で美味しい野菜を食べられるだけでなく
こんなところで小さなリサイクルができているのも
嬉しいことの一つです。
[PR]

by dewdrop3 | 2009-12-09 18:08 | 日々雑感 | Comments(2)
Commented by simplicity_circle at 2009-12-10 13:11
ファーム暮らし、マイケルジャクソン、ダライラマ、エハンさん、
あーもう、たくさん話したい事だらけです。
今度お会いできるのが、本当にたのしみです〜!!
Commented by dewdrop3 at 2009-12-10 15:27

きゃ~、コンポスト話、またまたSimちゃんとシンクロしてますね(笑)♪
きっと、どこかで、繋がっているのね・・・
Simちゃんは、私と違って未来を担うお子さんをたくさん生み育てていらっしゃるから、毎日とても忙しいことと思います。
そんな中で、プラネットのこともちゃんと思いやれるところが、とても素敵です。
でも、本当は自分の子供を愛するなら、子供たちの住む星のこと、環境のこと、一番に考えなくてはいけないのだけどね、
なかなか実行できず、目先のことでいっぱいいっぱいのお母さん、お父さんが多すぎるのが残念です。
私も、反省しなくちゃ・・・。
もうすぐ山のように積もるお話、たくさんできるのが楽しみで~す♪
<< 自分の中の傷ついた子供 マイケル・ジャクソン 『Thi... >>